logo

ウォーターズ、個別データ処理に対応する新製品 Symphony データパイプラインソフトウェアを発表

日本ウォーターズ株式会社 2016年06月06日 11時30分
From 共同通信PRワイヤー

2016/6/6

日本ウォーターズ株式会社

ウォーターズ、個別データ処理に対応する新製品 Symphony データパイプラインソフトウェアを発表

日常的な液体クロマトグラフィー質量分析データ解析を自動化することで、高い効率、柔軟性、そして創造性を実現

マサチューセッツ州ミルフォード--(ビジネスワイヤ)--2016/06/02
ウォーターズコーポレーション (NYSE:WAT) は本日、大量のデータの取得とアーカイブを行うラボ向けのクライアントサーバー型アプリケーションである Symphony データパイプラインソフトウェア リンクを発表しました。Symphony ソフトウェアは、大量の LC-MS データの移動と解析を自動化することで分析ワークフローを加速し、時間を節約し、ヒューマンエラーを低減するとともに、必要ながらも面倒だったデータファイルの管理に関連する作業から科学者を解放します。

「このシンプルなステップではカラムのコンディショニング中に生データファイルを別の場所にシームレスかつ自動的にコピーできるため、装置を分析に使用できる時間が最大化できます」と、サウサンプトン大学 Proteomics Research Centre の Director である Paul Skipp 博士は「これまでは、ユーザーがデータ処理のためにデータをコピーしている間、質量分析計が 1 時間から 2 時間アイドリング状態になっていることがありました。私のラボでは 3 台の Synapt 質量分析計が 24 時間 年中無休でデータを生成しているため、これだけでも大きな進歩です。」と述べています。

Symphony データパイプラインには、この他にもラボの効率を高める利点が備わっています。


「我々は、Symphony データパイプラインのモジュール性に大きな価値を置いています。リアルタイム QC、計画的な障害検出、そしてデータインテグリティを保証するためのツールなど、新しい実験データ処理プロセスを短時間で開発し、検証することができます」と、インペリアルカレッジロンドン MRC-NIHR National Phenome Centre の Informatics Manager である Jake Pearce 氏は述べています。―「それだけではなく、数カ月におよぶ解析時間を節約することができ、さらにノイズ除去機能を併用することでファイル記憶容量をペタバイトレベルで節約できます。」

Symphony ソフトウェアでは、Waters MassLynx 質量分析用ソフトウェアで取得した UPLC-MS データの解析をユーザーごとにカスタマイズすることが可能です。データ取得後、Symphony ソフトウェアはデータファイルに対するアクションを実行します。このアクションには、データファイルのサーバーへの移動、バックグラウンドノイズの除去、データの圧縮、データ名の変更、データのコピー、およびデータ上での一連の実行ファイルの実行などがあります。ユーザーは、自分だけの一連のデータ解析タスクをデザインして実行することもできます。このパイプラインと呼ばれる一連のステップは、ユーザーによりセットアップされ、スタンドアローンの PC、PC 間のネットワーク、またはラボのネットワークに接続された PC によりデータが取得されると同時にバックグラウンドで実行されます。

Symphony データパイプラインソフトウェアは Microsoft Windows 7 (64 ビット) Professional エディションオペレーティングシステムに対応しており、世界中のウォーターズでお求めになれます。  

同 ソフトウェアは、テキサス州サンアントニオで開催される第 64 回アメリカ質量分析学会の会議で 2016 年 6 月 4 日 (土曜日) にウォーターズコーポレーションが主催する Mass Spectrometry Users Meeting リンクにおいてサウサンプトン大学の Paul Skipp 博士による発表のテーマとして取り上げられる予定です。

詳細情報:www.waters.com/symphon リンク

ウォーターズコーポレーションについて(www.waters.com リンク)
ウォーターズコーポレーション(NYSE:WAT)は高度な分析や材料科学技術を開発し、製造ラボ向けソリューションを提供しています。 50年以上にわたり、同社は分離分析科学、ラボ情報管理、質量分析、および熱分析製品と関係のあるポートフォリオを開拓してきました。
Waters、UPLC、MassLynx、Synapt、Symphony  および The Science of What’s Possible は ウォーターズコーポレーションの商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事