logo

Decaturがネパールの車両登録、ナンバープレート事業を受注

Decatur 2016年06月03日 15時25分
From 共同通信PRワイヤー

Decaturがネパールの車両登録、ナンバープレート事業を受注

AsiaNet 64660(0688)

【ロンドン2016年6月3日PR Newswire=共同通信JBN】ネパール運輸局(DOTM)はこのほど、「個人化、登録、ITインフラを含む安全性の高いエンボス車両プレート給付」のための4400万米ドルのプロジェクトをアイデンティティー管理ソリューションの製造・実施の世界的リーダー、Decaturに発注した。1月の入札には大手国際ベンダー多数が参加したが、最適の革新的ソリューションとしてDecaturが選定された。契約調印式は2016年6月1日、カトマンズのミンバワン地区にあるDOTM本部で行われた。

(Photo: リンク

プロジェクトは車両と所有者情報の登録を容易にし、全国データベースを構築し、安全性の高いナンバープレートと無線自動識別装置(RFID)タグを給付する。ナンバープレートとRFIDタグはともに警察の犯罪撲滅、法と秩序の維持を助ける。Decaturはプロジェクトの管理、支援、訓練などエンドツーエンド・ソリューションを提供する。

Decaturのゴフィン社長は「当社の車両特定ソリューションが欧州、アジア、アフリカ各国で成功裏に導入されたことを受けて、ネパールの人々のために働けることをうれしく思う」と語った。Decaturは、アイデンティティー管理部門で進化しつつある課題への取り組みを支援する革新的ソリューション設計の信頼できるパートナーであり、その技術は米特許商標庁から特許を受けている。

DOTMのシレスタ局長は「このような先進的ソリューションをわが国にもたらすことにとても興奮している。Decaturとの戦略的提携は、ネパールの電子政府ビジョンに向けて重要なトレンドを設定するだろう。市民向けサービスの卓越性でわれわれを支援するための最先端アイデンティティー管理システムをDecaturが開発するのを楽しみにしている」と語った。

▽Decaturについて
Decaturは国民番号、電子旅券、電子投票システム、電子車両登録システム、運転免許、出入国・移民管理、生体情報認証システムの一括ソリューションを含むアイデンティティー管理製品・サービスに特化した世界的なITグループである。

Decaturが受注したこれまでのプロジェクトは、米ワシントン州保健省の「医療用大麻認定システム・登録」、タジキスタンの「運転免許登録・発行・関連機能・試験管理」、モルドバの「ナンバープレート製造・配布の自動ソリューション」などである。同様に、Decaturはバングラデシュ、ケニア、ミャンマーなどの諸国にもソリューションを提供している。

info@decatureu.com

ソース:Decatur

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事