logo

新規ファンド設定のお知らせ「究極の分散投資」と「漸増」をテーマとした「あおぞら・新グローバル分散ファンド(限定追加型)2016-05」  愛称 ぜんぞう1605

あおぞら投信株式会社 2016年06月03日 11時00分
From PR TIMES

株式会社あおぞら銀行(代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO):馬場 信輔、本店:東京都千代田区)の運用子会社である、あおぞら投信株式会社(代表取締役社長:柳谷 俊郎、本店:東京都千代田区、以下「あおぞら投信」)は5月31日、世界の株式・債券に分散投資するファンドを新たに設定しました。
販売会社は、株式会社あおぞら銀行と株式会社池田泉州銀行(代表取締役頭取:藤田 博久、本店:大阪府大阪市)の2社となります。



今回、あおぞら投信が新たに設定したファンドは、投資信託証券を通じて日本を含む世界の株式(新興国株式を含む)と高格付けの先進国の債券に幅広く分散投資する投資信託であり、名称を「あおぞら・新グローバル分散ファンド(限定追加型)2016-05」、 愛称を「ぜんぞう1605」としました。同投資信託は、株式への投資比率を漸増させて買付け時期の分散を図る“株式漸増”と基準価額が一定水準達成後は安定的な債券運用に切り替えることを商品化したものです。また、株式、債券ともに米国ディメンショナル社の画期的な分散投資手法を取り入れた点も特徴です。なお、同投資信託は限定追加型としており、お申込みいただける期間を限定させていただいています。継続申込期間は2016年5月31日から同年6月30日となります。

あおぞら投信は、あおぞら銀行グループの資産運用会社として2014年2月に設立され、公募投信12本を含む受託純資産総額は私募・公募投信合計で1,131.8億円(2016年5月末時点)となっております。個人の皆さまの大切なご資産を守り育てていくこと、また、金融機関の皆さまの経営にとって重要な資産運用業務に関するお手伝いの役割を果たすことにより、お客さまのご要望にお応えすることを使命としております。
[画像: リンク ]

出所:あおぞら投信 *公募投資信託と私募投資信託の合計額

また、引き続き世界の変化を的確に捉えつつ、国内外の株式市場、債券市場など、あらゆる資産の中から、お客さまの中長期的なご運用にもっとも相応しい商品のご提供を行い、これからもお客さまの資産運用に際して、末長くお付き合いいただける運用会社でありますよう、信頼される投信商品と活きた情報のご提供に継続して取り組んでまいります。

詳細は当社WEBサイトをご確認ください。リンク

■本資料のご利用にあたってのご留意事項等
■本資料は、あおぞら投信(以下「当社」ということがあります。)が情報提供を目的とした資料であり、何らかの勧誘をするものではありません。また、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。取得の申込みに当たっては、販売会社より投資信託説明書(交付目論見書)等をお渡しいたしますので必ず内容をご確認の上、ご自身でご判断ください。■投資信託は値動きのある有価証券等に投資するため、基準価額は変動します。したがって、投資元本および分配金が保証された商品ではありません。■本資料は、当社が信頼できると判断した情報等に基づいて作成されていますが、当社がその正確性・完全性を保証するものではありません。■本資料に記載された過去の実績は、将来の運用成果を示唆あるいは保証するものではありません。投資した資産の価値の減少を含むリスクは、投資信託をご購入のお客さまが負うことになります。■本資料に記載された市況や見通し、数値、図表、意見等は、本資料作成時点での当社の見解であり、将来の動向や結果を示唆あるいは保証するものではありません。また、将来予告なしに変更する場合もあります。■投資信託は預金や保険契約と異なり、預金保険機構、保険契約者保護機構の保護の対象とはなりません。また、証券会社以外でご購入いただいた投資信託は、投資者保護基金の対象とはなりません。■投資信託は金融機関の預金と異なり、元金および利息の保証はありません。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。