logo

フライト、電子マネー対応ペイメント・マイスター for Thincacloud提供開始

~第一弾対応ブランドはNTTドコモの「iD」~

株式会社フライトシステムコンサルティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 片山圭一朗、以下当社)は、スマートデバイスを活用したクレジットカード・銀聯カードなど複数の決済処理ができる「ペイメント・マイスター」の新たなラインナップとして、トッパン・フォームズ株式会社のグループ会社であるTFペイメントサービス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 増田俊朗、以下TFPS)と連携し、電子マネー対応版「ペイメント・マイスター for Thincacloud」を開発、本日から加盟店向けに提供を開始することを発表いたします。



当社は、国内のスマートフォン決済先駆者として、2010年9月より国内初のiPhoneやiPadをクレジットカード決済端末にする大企業向けソリューション「ペイメント・マイスター」を販売しております。すでに高級ホテル施設での決済、レストランのテーブルチェックや観光タクシーでの決済、並びに旅行代理店等、幅広い業種に導入いただいております。また2013年4月に、J-Debit(*1)、電子マネー、銀聯カード、クレジットカードといったカードの読取りを一台で実現できるマルチ決済端末「Incredist(インクレディスト)」を発売開始しております。
(公式サイト:リンク
[画像: リンク ]



このたび発表した「ペイメント・マイスター for Thincacloud」は、接続先決済センターをTFPSが運営する電子マネー専用クラウド型決済プラットフォームサービス「Thincacloud(シンカクラウド)」とし、Incredistとタブレットを用いた電子マネー決済を実現します。第一弾の電子マネーブランドとしてNTTドコモの「iD(アイディー)(*2)」がサービスイン致します。導入先企業では、iPad/iPhone/iPod touchに「ペイメント・マイスター for Thincacloud」をインストールし、決済装置「Incredist」と共に活用することで、電子マネーの決済が実現できるようになります。

「ペイメント・マイスター for Thincacloud」での電子マネー決済では、使用する回線は専用回線ではなく、インターネット回線が利用可能になっており、iPad等のWi-FiまたはLTE回線を使って安全、安心に決済が可能です。またThincacloudのクラウド型システムの特徴を活かし、Thincacloudの対応ブランドや対応サービスが拡大した際には、導入企業では新たなハードウェア投資をすることなく、ソフトウェアの拡張性により支払ニーズにあわせた決済手段を利用することが可能になります。

今後当社では、iDに続き、様々な電子マネーブランドに対応を拡大してまいります。また2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、国内外のお客様の多種多様な支払いニーズに沿った最先端の決済ソリューションを積極的に提供していく予定です。

■Incredistについて
スマートデバイス向けマルチ決済装置で、1台で日本市場の特性に合わせた複数の決済が可能(クレジットカード(磁気カード・ICつきカード)、銀聯カード、J-Debit、電子マネー)です。Bluetooth4.0対応で機器を選ばない新しい決済の形を提供しております。(iOS機器 *Bluetooth4.0対応)

*1 J-Debitとは、金融機関のキャッシュカードを利用し、買い物などの支払いができるサービスで、「キャッシュカードによるデビット取引」のことです。
*2 「iD」ロゴは株式会社NTTドコモの登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事