logo

F5ネットワークス、WAFシステムの提案、導入、運用を支援する 「F5 SOCパートナー プログラム」を発表

SOCパートナーが導入前コンサルティング サービスやセキュリティ運用監視体制などの サービスを提供、エンドユーザの課題を解決

F5ネットワークスジャパン合同会社(本社:東京都港区、代表執行役員社長:古舘正清、以下 F5)は本日、F5のWAF(Webアプリケーション ファイアウォール)製品である「F5 BIG-IP Application Security Manager(以下 BIG-IP ASM)の提案、導入、運用を支援する「F5 SOCパートナー プログラム」を発表しました。本プログラムによりSOC(Security Operation Center)パートナーは、エンドユーザおよびシステム インテグレータに向けて、WAFの提案、導入に関するノウハウや24時間365日のセキュリティ運用監視体制など、さまざまな選択肢を提供します。プログラム開始時でのSOCパートナーは、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社、SCSK株式会社、NRIセキュアテクノロジーズ株式会社、三井物産セキュアディレクション株式会社(五十音順)の4社です。

現在、Webアプリケーションに対する攻撃は増加を続けており、従来のファイアウォールではこれらの攻撃に対応できないため、WAFの採用が必須となりつつあります。しかしながら、エンドユーザにおいては、WAFシステム導入の判断やポイントが分からない、導入システムの活用が十分にできていない、ログを分析できる技術者の不在などの課題がありました。また、システム インテグレータは、WAFに関する知識や運用経験の不足、WAFの提案体制構築における膨大なコストの発生などの課題を抱えていました。さらに、エンドユーザおよびシステム インテグレータともに、24時間365日の運用監視の体制確保が困難な状況でした。

今回新たに制定した「F5 SOCパートナー プログラム」により、エンドユーザやシステム インテグレータは、WAFシステムの提案、導入、運用における課題を解決するために、SOCパートナーのさまざまなサービスを利用することが可能となります。SOCパートナーは、エンドユーザやシステム インテグレータが保有していないWAF導入支援、24時間365日のセキュリティ運用監視体制、脆弱性診断サービスおよびレポーティング サービス、導入前コンサルティング サービス、F5セキュリティ製品テクニカル スキルなど、課題解決に向けたさまざまな選択肢を提供します。

F5では、今後のSOCパートナーとの協業に関して、2016年中にSOCパートナー6~8社との間で協業合意を締結することを目指しています。また、エンドユーザおよびシステム インテグレータに対する「F5 SOCパートナー プログラム」の認知向上に向けたセキュリティ トレーニングを実施するとともに、SOCパートナーが保有するさまざまなセキュリティ サービスを各パートナー様と実施する予定です。

F5ではまた、「F5 SOCパートナー プログラム」において、BIG-IP Access Policy Manager(APM)、BIG-IP Advanced Firewall Manager(AFM)など、BIG-IP ASM以外の製品展開も検討しています。

F5ネットワークスジャパン合同会社の代表執行役員社長である古舘正清は、次のように述べています。
「F5はSOCパートナーと協業することで、エンドユーザやシステム インテグレータが抱えるWAFシステムの提案、導入、運用におけるさまざまな課題を解決し、高いセキュリティ レベルを保つことが可能となります。今後、WAFシステムに限らず、他のセキュリティ商材での協業も強化し、さらなるセキュリティ ビジネスの推進をしていきたいと考えています」

■各パートナー様からのコメント(五十音順)

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
執行役員 ITサービス事業グループ クラウド・セキュリティ事業推進本部長
藤岡 良樹氏
「伊藤忠テクノソリューションズ株式会社は、F5ネットワークスジャパンによる『F5 SOCパートナー プログラム』に賛同し、参画いたします。当社では24時間365日、セキュリティ機器をリモートで監視し脅威を分析するサービス『CTCマネージド・セキュリティ・サービス(CTC-MSS)』を中心にWebアプリケーションをはじめとする脆弱性検査・コンサルティング、システム導入・保守、CSIRT支援などを通して、20年以上にわたりお客様のセキュリティライフサイクルを網羅的に支援して参りました。この度のパートナーシップでは、F5製品を10年以上扱ってきた経験とノウハウを業務に活かすことで、お客様に付加価値を寄与して参ります」
※CTCはF5社のValue Added Reseller(VAR)です

SCSK株式会社
netXデータセンター事業本部 セキュリティサービス部長
内田 千博氏
「SCSKはシステム開発の専門家としてWebアプリケーションの設計を熟知し、その高い技術力、経験をもって、これまで数多くのWAFの高度かつ最適なチューニングおよび運用ノウハウを提供してまいりました。国内トップクラスの実績を誇るSCSKがF5ネットワークスの『F5 SOCパートナー プログラム』を通じて、安全なWebアプリケーション環境を実現します」
SCSK「WAF導入支援」Webサイト:リンク

NRIセキュアテクノロジーズ株式会社
サイバーセキュリティサービス事業本部 本部長
永木 良尚氏
「NRIセキュアは、F5ネットワークスジャパンの『F5 SOCパートナー プログラム』のパートナーとして、弊社のWAF管理サービスを提供できることを光栄に思います。NRIセキュアのWAF管理サービスでは、24時間365日、セキュリティアナリストが高度なセキュリティ運用監視およびインシデントレスポンスサービスを提供します。このプログラムにより、お客様のWebサイトのセキュリティ強化に一層貢献できることを確信しています」

三井物産セキュアディレクション株式会社
代表取締役社長
神吉 敏雄氏
「三井物産セキュアディレクション株式会社は、このたびのF5ネットワークスジャパンによる『F5 SOCパートナー プログラム』の発表を歓迎します。Webアプリケーションへのサイバー攻撃に対してセキュリティと可用性を常時確保することは、多くの企業で課題となっています。このパートナープログラムに参加することによって、F5の製品技術と当社が培ってきたセキュリティ監視ノウハウが連携することで、これまで以上に高度で柔軟かつ包括的なセキュリティサービスを展開できることを確信しております」

F5のBIG-IP ハードウェア製品について詳しくは、下記URLをご覧ください。
リンク

F5のBIG-IP Application Security Managerについて詳しくは、下記URLをご覧ください。
リンク

本プレスリリースは以下ウェブサイトからご覧いただけます。
リンク

■F5ネットワークスについて
F5は、アプリケーションが、データセンタ、クラウドサービス、従来型ネットワーク、SDNなど、あらゆるIT環境において、いつでも、どこからでも利用可能となる柔軟なソリューションを提供しています。F5のオープンで拡張性の高いフレームワークは、幅広いパートナーエコシステムとの協業を通じ、ITの適用範囲を広げ、最適なIT基盤の構築を可能にしています。また、F5のソリューションは、国内外のリーディング企業、サービスプロバイダー、公共機関のIT分野で広く採用され、最先端のクラウド、セキュリティ、モビリティ環境の実現に貢献しています。F5についてより詳しく知りたい方はリンク をご覧ください。また、Twitter(@F5Japan)やFacebook(リンク )のアカウントから最新情報を発信しておりますので、是非フォローください。

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

用語解説

<当リリースに関するお問い合わせ>
F5 ネットワークスジャパン合同会社
担当:小保方 順子 
TEL:03-5114-3640 メール:y.obokata@f5.com

(PR会社)株式会社井之上パブリックリレーションズ 
担当:高野、関、天坊、浦賀
TEL:03-5269-2301 メール:f5@inoue-pr.com

<製品に関するお問い合わせ>
F5ネットワークスジャパン合同会社
TEL:03-5114-3230
リンク

関連情報
https://f5.com/jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事