logo

第4回フットボール・フォー・フレンドシップ開幕、 世界の3大陸から少年フットボーラーたちが大集結!

International Children's Social FOOTBALL FOR FRIENDSHIP programme press center 2016年06月01日 14時52分
From 共同通信PRワイヤー

第4回フットボール・フォー・フレンドシップ開幕、 世界の3大陸から少年フットボーラーたちが大集結!

AsiaNet 64622

第4回フットボール・フォー・フレンドシップ(F4F)ついに開幕、
世界の3大陸から少年フットボーラーたちが「F4Fフォーラム」に大集結!

報道関係者各位

【イタリア・ミラノ】「フットボール・フォー・フレンドシップ(以下、F4F))は、UEFAチャンピオンズ・リーグのオフィシャル・スポンサーであるガスプロム社が主催する、世界的な規模の社会貢献プログラムで、青少年のサッカー競技の発展および、他国や異文化への理解・尊重を促進することを目的に毎年開催され、本年度4年目を迎えています。

リンク

5月28日、プログラムの目玉である「第4回国際少年F4Fフォーラム」がイタリア・ミラノにおいて開催されました。今年度は、ヨーロッパ、アフリカ、南アメリカ、そしてアジアの各国から少年選手たちが結集しています。

選手らは同プログラムの「グローバル・アンバサダー」を務めるフランツ・ベッケンバウアー氏や、シャルケ04のミッドフィルダー、マックス・マイヤー氏とレオン・ゴレツカ氏、そしてUEFAチャンピオンズ・リーグのアンバサダーで、元ボスニア・ヘルツェゴビナ代表のハサン・サリハミジッチ氏と対面する機会を与えられ、「平等」と「リスペクト」を象徴するブルーとグリーンの色でつくられた 「友情のブレスレット」を手渡されました。

「第4回国際少年F4Fフォーラム」の中では、「ナイン・バリューズ・カップ・アワード・セレモニー」が執り行われます。これは、事前に行われた投票によって、その年もっともピッチの上で活躍し、同時に社会への貢献も果たしたプロー・サッカー・チームに贈られるアワードです。フォーラムの事前行われた投票には、世界中から票が集まり、上位のチームが選ばれたところで、プログラムに参加する少年選手らが最終投票をし、最優秀賞にバイエルン・ミュンヘンが選ばれました。これには、同チームによる介助の必要な子供たちへの積極的な支援活動や、様々な方面への医療援助、支援活動などが評価されたようです。

「第4回国際少年F4Fフォーラム」は「国際少年ストリート・サッカー・トーナメント」の決勝戦をもってフィナーレを迎えます。本年度はスロベニアのマリボル・フットボール・クラブが見事に優勝を果たし、フォーラム参加者とトーナメントのゲストは、プログラムの頌歌「命より大切なもの」を三唱してフォーラムを締くりました。フォーラム終了後は、参加者全員で毎年恒例となっているUEFAチャンピオンズ・リーグ・ファイナル観戦へと赴きます。

「第4回国際少年F4Fフォーラム」の間に行われる各催しは、各国のトップ・メディアの名だたるジャーナリストや、フォーラムに合わせて開設された「国際少年プレス・センター」の参加各国代表の少年ジャーナリストたち総勢200名以上が取材しました。

主催ガスプロム社運営委員会会長のアレクセイ・ミラー氏は「今年度は32カ国がF4Fプログラムに参加し、その中にはシリア、トルコ、アルメニア、そしてアゼルバイジャンからの少年たちも含まれています。プログラムへの参加者数は年を追うごとに増えています。これは子供たちにとって、『平和と友情』がもっとも大切であるということが、世界共通の認識であるという証拠ではないでしょうか。参加した子供たちは互いを尊重することを学んだだけでなく、自国に帰って人間の本質的価値について人々に伝えていく親善大使、つまり『アンバサダー』の役を担っているのです。F4Fプログラムはこうして人々の役に立っているのです。皆が力を合わせれば、世界は良い方向に変えられる、と私は信じます。」とコメントしています。

そしてプログラムのグローバル・アンバサダー、フランツ・ベッケンバウアー氏も強く語ります。「ここ数年、幸福な社会を実現するために不可欠な人間の本質的価値、キー・ヒューマン・バリューの大切さを推進するF4Fプログラムのグローバル・アンバサダーをさせていただいて、非常に喜ばしく感じています。さらに今年度は、プログラムの目標、目的である『社会貢献』を体現する『ナイン・バリューズ・カップ』が、バイエルン・ミュンヘンに授与されたことがまた特別に喜ばしいです。このアワードは、純粋で、偏見を持ち合わせない「子供たち」によって評価された証で、プロ・サッカー・クラブにとって、非常に価値のある特別なものなのです」。

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事