logo

ヒトクセ、動画・リッチ広告を純広告として配信可能なアドサーバー機能、Smart Canvas AdServerの提供をメディア向けに開始

株式会社ヒトクセ 2016年06月01日 13時00分
From DreamNews

動画広告やネイティブ広告、リッチメディア広告の配信プラットフォームを提供する、株式会社ヒトクセ(本社:東京都新宿区、代表取締役:宮崎航、以下「ヒトクセ」)は、動画広告や、360度バナー・アニメーション広告などのリッチ広告をメディアに貼り付けて配信することができるアドサーバー機能、Smart Canvas AdServerを本日提供開始しました。
Smart Canvasの様々なリッチ広告を簡単に作成できるため、多くのプロモーション施策に応用することが可能です。動画広告やリッチ広告は、特にブランディング向けの施策として使われることが多いため、単価の高い広告を配信しメディアの収益を向上させることができます。

■Smart Canvas AdServerの特徴
・豊富なクリエイティブ制作機能:動画バナー、360度全天周バナー、トランジションバナー、アニメーションバナーといった多くの種類のバナーを管理画面上から容易に作成が可能です。

・配信制御機能:インプレッション上限を設定し、一定の表示回数を超えたタイミングで配信停止することが可能です。また、配信開始日や停止日を指定して期間限定配信を行うことが可能です。

・豊富な計測項目:動画の視聴割合(25%、50%、75%、100%)や、タップされた位置のヒートマップなど、様々な指標の計測が可能です。

・動画RTB対応:RTBの買い付けを許可していると、DSP経由の動画バナー広告が配信され、さらに収益化につなげることが可能です。


■リッチメディア広告プラットフォーム「Smart Canvas」の概要
動画広告をはじめとするリッチメディア広告の制作や、配信、分析が可能なプラットフォームです。DSPやアドネットワークなど、複数の広告配信サービスからリッチメディア広告を配信することができます。
静止画よりもリッチメディア広告は多くの表現が利用でき、商品のイメージを鮮明に伝えることができることから、リッチメディア広告はブランド名や会社名を認知させるブランディングという点で静止画よりも効果的です。

サイトURL:リンク

(※1) DSP : Demand Side Platform(デマンドサイドプラットフォーム)。広告在庫の買い付けから配信、オーディエンスターゲティングなどを一括して管理できる広告配信プラットフォーム。

■会社概要
社名:株式会社ヒトクセ
代表者:代表取締役社長 宮崎 航
所在地:東京都新宿区西新宿6-15-1 ラ・トゥール新宿701号室
URL:リンク
事業内容:
・アンビエントデータを活用した動画広告サービス「FIT AD(フィットアド)」
URL:リンク
・ダイナミックネイティブアドサービス「カメレオン」
URL:リンク
・リッチメディア広告の配信プラットフォーム「Smart Canvas」
URL:リンク

■本件に関するお問い合わせ先
株式会社ヒトクセ
E-mail:mail@hitokuse.com
Tel:03-3403-0966
担当:長尾



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。