logo

新社名のQCAMは通貨・アセットマネジメントの新しい共生のブランド

QCAM Currency Asset Management AG 2016年06月01日 10時37分
From 共同通信PRワイヤー

新社名のQCAMは通貨・アセットマネジメントの新しい共生のブランド

AsiaNet 64548(0645)

【プフェフィコーン(スイス)2016年5月31日PR Newswire=共同通信JBN】10年以上にわたり業務上の成功を収めてきたスイスの通貨スペシャリスト、Quaesta Capital AGは社名をQCAM Currency Asset Management AGに変更し、市場におけるそのポジションをより鮮明にした。

 (Logo: リンク

 (Photo: リンク

▽社名が全てを語る
QCAMは同社が成功裏に業務を遂行している通貨マネジメントとアセットマネジメントの2分野を統合したものである。新社のロゴにも取り入れられている簡潔な「Q」は、これまでの社の歴史から単に遺産として新社名に残したものではない。それはQCAMの業務全般を貫く全てのサービスと製品のクオリティーの高さを意味している。QCAMのトマス・ズーター最高経営責任者(CEO)「社名の変更は当社の発展における論理的な帰結であるが、われわれは、今後とも専門性と独自のポジションに従っていく」と語った。

▽ニュールック、継続する価値
社名変更やQCAMロゴの展開と同様の流れで、同社はコーポレートデザインのコンセプトも変更し、ウェブサイトも使い勝手の良さを目指して更改する。同社は今後も顧客や利害関係者との関係においてその価値を高めていく。ズーターCEOは「独立、透明性、信頼獲得を追求する。当社は機関投資家や個人顧客に対して個別のサービスをカスタマイズし、通貨・アセットマネジメント上に必要なすべてのものを提供する。特に当社のグローバル化したFX市場における専門的なアセットマネジメントは顕著な利益の増加とリスクの軽減に繋がっている」と強調した。

QCAM - 通貨分野において専門化した独立系のスイス・アセットマネジャーは顧客に対して通貨・アセットマネジメントで個別にカスタマイズしたサービスを提供する。QCAM はSwiss Financial Market Supervisory Authority FINMA および米国証券取引委員会(SEC)の監督下に置かれている。

リンク

クロスレファレンス:写真はAP Images(リンク )で入手できる。

QCAM Currency Asset Management, Huobstrasse 9, CH-8808 Pfaeffikon,
リンク

▽メディア問い合わせ先
Bernhard Bauhofer
bauhofer@sparringpartners.ch
+41-43-888-2704

ソース:QCAM Currency Asset Management AG

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。