logo

千葉商科大学が映画『青空エール』の舞台に -- 環境と利便性を両立したキャンパス・施設

千葉商科大学 2016年06月01日 08時05分
From Digital PR Platform


千葉商科大学(学長:島田晴雄)は、多くのドラマ・映画・CMのロケ地として使用されている。校地面積約7万5千平米の市川キャンパス(千葉県市川市国府台1-3-1)は、緑豊かなキャンパスでありながら都心へのアクセスも良く、ドラマや映画、CMなどの撮影地としても人気が高い。2016年夏劇場公開映画『青空エール』では、同大付属施設の稲越グラウンド(千葉県市川市稲越町605-2)の施設内一部を音楽室として使用している。


 映画『青空エール』は、原作河原和音『青空エール』(集英社マーガレットコミックス刊)を実写化したもので、ブラスバンドの応援に憧れる主人公と、クラスメートの野球部員との青春物語。音楽室の撮影に、稲越グラウンド内の施設が使用されており、同大チアダンスチーム「glitter’s」から一部のメンバーがエキストラとして出演する。

 その他にも、さまざまなドラマ・映画が同大市川キャンパスで撮影されている。
 同大は学生の満足度を上げるとともに、地域にも愛される大学であり続けるためのキャンパス整備を今後も進めていく。

【同大で撮影されたドラマ・映画の一部】
映画『青空エール』(2016年8月20日劇場公開)
映画『忘れ雪』(2015年11月7日劇場公開)【DVD発売中】
ドラマ『アリスの棘』(2014年4月期TBS金曜ドラマ)
ドラマ『オルトロスの犬』(2009年7月期TBS金曜ドラマ)
ドラマ『山田太郎ものがたり』(2007年7月期TBS金曜ドラマ)

▼本件に関する問い合わせ先
 千葉商科大学 戦略広報センター
 TEL: 047-373-9968
 FAX: 047-373-9969
 E-mail: p-info@cuc.ac.jp
 リンク

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事