logo

5月31日は「世界禁煙デー」 2016年「世界禁煙デー記念イベント」 本日開催

厚生労働省 2016年05月31日 15時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年5月31日

厚生労働省

2020年、受動喫煙のない社会を目指して
~たばこの煙から子ども達をまもろう~
5月31日は「世界禁煙デー」
2016年「世界禁煙デー記念イベント」 本日開催
  ■日時: 2016年5月31日(火)12:30~13:20
  ■場所: 丸の内オアゾ 1F ○○広場(おおひろば)
  ■ゲスト: 平原 綾香氏 (いきいき健康大使、シンガーソングライター)
   谷 真海氏(パラリンピアン)

厚生労働省は世界保健機関(WHO)の定める「世界禁煙デー」の5月31日(土)に、丸の内オアゾ1F ○○広場<おおひろば>(東京都千代田区丸の内)にて、「世界禁煙デー記念PRイベント」を開催しました。
本イベントは、塩崎恭久 厚生労働大臣による開会宣言により始まりました。続いて、女性や母親の観点からみた受動喫煙について、『2020年を見据えた、受動喫煙のない社会を目指して~たばこの煙から子ども達をまもろう~』と題したトークディスカッションを行いました。ご参加いただいたのは、国立がん研究センター 社会と健康研究センター 疫学研究部 室長の澤田典絵氏、『いきいき健康大使』でシンガーソングライター平原綾香氏、アテネ・北京・ロンドンと3大会連続パラリンピックに出場し、一児の母でもある谷真海氏。それに厚生労働省 健康局 健康課 課長 正林督章が加わり、受動喫煙防止のために私たちができること、2020年東京オリンピックに向けた環境づくりについてなど、活発な意見の交換が行われました。平原さんは「驚いたのはたばこの煙を直接吸っていなくても、たばこを吸っていた部屋に入るだけで体に害があるということです。行政も民間も、みんなで協力しあうことで受動喫煙の被害を最小限にとどめられればと思っています。私もいきいき健康大使として、音楽で少しでもそれに貢献できればと思います」とコメント。また、一児の母でもある谷さんは、「私も一歳の子どもを持つ母として、受動喫煙にはとても気をつけています。10年20年後の喫煙率を下げるためにも、家庭だけでなく学校でも喫煙や受動喫煙について教育していくことも大切だと思います」とコメントをくださいました。
トークディスカッションの後には、国立がん研究センター がん対策情報センター がん登録解析室長の片野田耕太氏から受動喫煙による死亡者数の最新推計値についての講演がありました。日本の受動喫煙による死亡者数が、推計で年間約1万5千人ということが発表されると、会場からはどよめきが起こり、改めて受動喫煙の深刻な状況が浮き彫りとなりました。
会の最後には、厚生労働省 健康局 健康課 たばこ対策専門官 寺原朋裕より、受動喫煙防止の推進に向けた、ロゴマークの一般公募について詳細をご案内させていただきました。


※ご参考※
厚生労働省は、世界保健機関(WHO)が定める「世界禁煙デー」(5月31日)に始まる1週間を「禁煙週間」(5月31日~6月6日)と定め、「たばこフリー(たばこのない環境)」を広く国民に訴求するため、普及啓発活動を行っています。
「世界禁煙デー」は、1989年(平成元年)に世界保健機関(WHO)が制定し、世界中の国々に呼び掛けている取り組みであり、今年で29年目となります。 

≪ 記 ≫
【名  称】 2016年「世界禁煙デー記念イベント」
【主  催】 厚生労働省
【共  催】 (公社)日本医師会、(公社)日本歯科医師会、(公社)日本薬剤師会、
(公社)日本看護協会、たばこと健康問題NGO協議会 <(公財)がん研究振興財団、(公財)結核予防会、
(公財)健康・体力づくり事業財団、(一財)日本公衆衛生協会、(公財)日本心臓財団、(公財)日本対がん協会>、
国立研究開発法人国立がん研究センター
【後  援】内閣府、警察庁、人事院、文部科学省、東京都、(公社)日本栄養士会、
(一社) 日本循環器病予防学会、(公財)日本学校保健会、中央労働災害防止協会、
日本禁煙推進医師歯科医師連盟、全国禁煙推進協議会、(公社)国民健康保険中央会、健康保険組合連合会、
健康日本21推進全国連絡協議会、(一社)日本禁煙学会、全国健康保険協会、日本COPD対策推進会議、日本禁煙科学会
【 日 時 】 2016年5月31 日(火)12:30~13:20
【 会  場 】丸の内オアゾ 1F OO広場 (おおひろば)(東京都千代田区丸の内1-6-4)
【ゲ ス ト】平原 綾香 氏(いきいき健康大使、シンガーソングライター)
谷 真海 氏(パラリンピアン) ほか
【登 壇 者】塩崎 恭久  厚生労働大臣
【 内  容 】
12:30~ 主催者挨拶 
12:35~ トークディスカッション
「2020年を見据えた、受動喫煙のない社会を目指して」
平原 綾香 (いきいき健康大使、シンガーソングライター)
谷 真海 (パラリンピアン)
澤田 典絵 (国立がん研究センター 社会と健康研究センター疫学研究部 室長)
正林 督章 (厚生労働省 健康局 健康課長)
13:05~ 専門家による講演 
片野田 耕太
(国立がん研究センター がん対策情報センター  がん登録統計室長) 
13:15~ 「受動喫煙のない社会を目指して」のロゴマーク公募のご案内
寺原 朋裕 (厚生労働省 健康局 健康課 たばこ対策専門官) 
13:20~ 閉会              



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。