logo

OKI、クラウドサービス「インフラ点検レポートサービス」の提供を開始

OKI 2016年05月31日 11時01分
From PR TIMES

第一弾はトンネル点検、一連の点検業務の品質向上と大幅な効率化をサポート



OKIは、このたびインフラ構造物の「点検現場のデータ収集」から「事務所における点検記録の作成」まで、点検記録作業全体の効率化を支援するクラ ウドサービス「インフラ点検レポートサービス」の提供を2016年6月1日より開始します。同サービスの第一弾は、トンネル点検業務を対象としたサービス となります。

本サービスは、現場で点検実施時にタブレット端末から点検内容のデータを入力し、クラウドセンターへアップロードします。事務所では、クラウドセン ターから国土交通省の定める形式で取得したデータを基に報告用レポート作成が行えます。これにより、人手による転記作業を軽減、作業時間を短縮するなど効 率的に点検結果を取りまとめることが可能です。

近年、インフラ老朽化による安全・安心・予防保全の観点から、トンネルなどのインフラ構造物点検に関する重要性が注目を集め、全国各所のトンネルで の点検需要が高まっています。しかし、従来のトンネル点検においては、熟練工の蓄積されたノウハウによる手作業での業務が主体となっており、増加する需要 に対し、熟練工不足が課題となっています。また、点検作業の結果は写真やスケッチなど人手で記録しており、熟練工自身が点検結果の転記などを行い、帳票の 形式に取りまとめることにも多くの時間を必要としているため、これらの作業の効率化も重要な課題となっていました。

OKIは、点検業務のコンサルタントを得意とする大日本コンサルタント株式会社(代表取締役社長:高久 晃、本社:東京都豊島区)と協働し、従来の点検業務フローに沿った形で利用できるシステムを構築しました。本サービスを利用することで、従来業務を大きく 変えることなく、熟練工による点検データを迅速に収集することが可能です。さらに、点検を実施した熟練工でなくても帳票の形式での結果取りまとめを円滑に 行うことができるため、現場の作業から報告書の作成までの一連の点検業務の品質向上と大幅な作業の効率化を実現します。また、クラウドサービスであるた め、短期間・低コストでシステムが利用でき、さらにはOSの更新や定期点検要領の改正対応などの各種メンテナンス費用が不要なため、運用での効率化にも寄 与します。

OKIは本サービスの提供を通し、インフラ構造物の点検業務の効率化に寄与していきます。また、トンネルのほかに橋梁などさまざまな構造物の点検を 対象に積極的な展開を図るとともに、音響解析技術などの各種技術を組み合わせインフラ維持管理の高度化・効率化に資する多様なソリューション、サービスを 提供していきます。

販売計画
販売価格:15万円~/1トンネルあたり(税別)
販売目標:2億円(初年度)
サービス提供開始時期:2016年6月1日

「インフラ点検レポートサービス」イメージ図

[画像: リンク ]


主な特長
・安価な費用、必要なときのみ利用可能なクラウドサービス
・野帳(注1)へのスケッチ、デジタルカメラでの撮影など従来の現場作業に即した操作性
・システムから出力するデータは、編集可能な形式で取得可能
 ・現場でのスケッチ内容はCAD(DXF形式)で出力
 ・写真や診断結果は、国土交通省のトンネル定期点検要領で定めた帳票形式(Microsoft(R) Excel(R))で出力

トンネル定期点検要領(国土交通省) [6.9MB] [PDF]
リンク

用語解説
注1:野帳
トンネル平面図などの図面を印刷した紙のこと。


沖電気工業株式会社は通称をOKIとします。
Microsoft Excelは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
その他、本文に記載されている会社名、商品名は一般に各社の商標または登録商標です。


本件に関する報道機関からのお問い合わせ先
広報部
電話:03-3501-3835
e-mail:press@oki.com
本件に関するお客様からのお問い合わせ先
情報通信事業本部 情報通信事業本部交通・防災ソリューション事業部 ソリューション第一部
電話:03-3454-2111

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事