logo

あなたも意外と「男性からモテる“ペンギン系女子”」かも!?~自覚なしの“潜在ペンギン系女子”も全体の22%に!「Omiai」では“ペンギン系女子”向けのキャンペーンを実施中~

恋愛マッチングサービス「Omiai」が女性を対象に価値観に関するアンケート調査を実施

 Facebookを活用し男女の出会いをサポートする恋愛マッチングサービス「Omiai」(リンク)は、約1,600人の女性を対象に、自身の価値観と“ペンギン系女子”に関する意識調査を実施致しました。
 本アンケートは、「Omiai」が以前男女を対象に実施した恋愛観に関する意識調査で「“ペンギン系女子”が男性からモテる」という調査結果が出たことから、さらに“ペンギン系女子”について深堀りをしたものです。本プレスリリースの最後には、“ペンギン系女子”の自己診断ができるチェックシートもありますので、ぜひお試しください。



[画像1: リンク ]



[表1: リンク ]


空を飛ぶことができない現実を受け入れ、代わりに泳ぐという能力を身に付けたペンギンのように、現実的で冷静、日頃から様々なことを分析する習慣を持つ女性のタイプを指しています。「Omiai」が2016年4月23日~4月25日に実施した調査では、約半数の男性が好きな女性のタイプとして“ペンギン系女子”を選ぶ結果となりました。

▼男性が好きな女性のタイプ
[画像2: リンク ]



[表2: リンク ]


全国の「Omiai」女性ユーザーを対象に、価値観に関するアンケートを実施。その回答の結果を「Omiai」が独自に採点をして回答者約1,600人の“ペンギン系女子”度を診断・調査しました。

自己申告 vs 診断 
[画像3: リンク ]

“ペンギン系女子”であることを自覚している女性(※1)と診断結果で
“ペンギン系女子”度が高め(※2)の女性の割合は同じ、という結果に。


“ペンギン系女子”度 分布図
[画像4: リンク ]



自覚はないけど、本当は“ペンギン系”!?潜在“ペンギン系女性”は22%
自身は“ペンギン系女子”のタイプであると自覚がないものの、採点結果が“ペンギン系女子”となった女性は全体の22%に上りました。

※1:「“ペンギン系女子”というタイプに自分があてはまると思うか?」という質問に対し、「あてはまる」と    「ややあてはまる」という回答を算出。
※2:“ペンギン系女子”度採点結果の平均である17点以上を「高め」と設定。


■各質問項目 調査結果
▼男性を好きになるまでについて伺います。あなたはどれにあてはまりますか?
[画像5: リンク ]



“ペンギン系女子”は、慎重深く相手のことを分析しながら恋愛を発展させる傾向にあるといわれています。この質問では、感覚で男性を好きになる、という回答が一番多い結果となりました。


▼男性と付き合うまでについて伺います。あなたはどれにあてはまりますか?
[画像6: リンク ]



“ペンギン系女子”は相手のことをよく知りながら関係を深めるようですが、こちらの質問も感覚的な回答が半数を占めました。


▼男性の職業について伺います。あなたはどの人と付き合いたいですか?
[画像7: リンク ]



現実主義な“ペンギン系女子”には、堅実で安定した職業である「国家公務員」が人気なようですが、回答者の意見も同様の結果となりました。


▼男性のギャンブル好きについて伺います。あなたはどれにあてはまりますか?
[画像8: リンク ]



夢を追うことよりも現実を大事にする“ペンギン系女子”にとって、男性のギャンブル好きはありえないようです。全体の回答を見ても、男性のギャンブル好きに関しては、否定的な意見がかなり多い結果となりました。


▼男性とデートをした後について伺います。あなたはどれにあてはまりますか?
[画像9: リンク ]



“ペンギン系女子”は、デート中の自分の言動や相手の反応について振り返り、反省や分析をする傾向にあるようです。回答としては、純粋に楽しかったことを思い返す女性が一番多い結果となりました。


▼世間では現在、「ペンギン系女子」というタイプがあるといわれています。あなたはこのタイプに当てはまると思いますか?
[画像10: リンク ]



「あてはまる」、「ややあてはまる」を合計すると約62%の女性が「ペンギン系女子」であることを自覚しているという結果になりました。


■結果分析
 各質問項目に関して“ペンギン系女子”の特徴といわれているポイントを考慮の上、5つの質問に対して「Omiai」が独自に採点。6~25点となる合計点の回答平均は17点となりました。
 また採点の結果、61%の女性が「“ペンギン系女子”度が高め(※2)」であることが判明しました。この数値は、同タイプであると自覚している女性の割合とほぼ同じとなります。
 一方で、自身は“ペンギン系女子”にはあてはまらないと回答をしているものの、採点結果では、“ペンギン系女子”度が高めであると診断された、「潜在“ペンギン系女子”」は、全体の22%に上りました。

■ペンギン系女子とアスレジャー系女子、『どっちがタイプ?』キャンペーン実施中!
 恋愛マッチングサービス「Omiai」では、登録者を対象に2016年6月5日(日)までの期間限定企画として、女性が“ペンギン系女子”としてエントリーすることで、“ペンギン系女子” が好きな男性とのマッチングが可能となるペンギン系女子とアスレジャー系女子、『どっちがタイプ?』キャンペーンを実施中です。男性からの人気の高い“ペンギン系女子”。本当にモテるかどうか、ぜひキャンペーンに参加してお試しください。
 「Omiai」では、よりシンプルに趣味趣向の合う異性とマッチングできる可能性を増やすことを目的とし、男女それぞれに向け様々なジャンルのキャンペーンを実施しています。
※キャンペーン内容及び期間については一部変更になる可能性がございます。


[表3: リンク ]


下記5つの質問に対する回答を選び、各回答の点数の合計点を出してください。合計点で、男性から人気の“ペンギン系女子”度が分かります。

[画像11: リンク ]



[画像12: リンク ]





【調査概要】
・調査対象 :「Omiai」を利用している女性ユーザー・調査地域 :全国
・有効回答数:女性1,584人
・調査期間 :2016年5月20日~5月23日


【Omiaiサービス概要】
「Omiai」は、Facebookを活用した男女の出会いを「安心」かつ「安全」にサポートする恋愛マッチングサービス。男女のどちらかが気になる異性に「いいね!」をクリックし、相手がそれに「ありがとうよろしくね!」を返すことでマッチングが成立、その後のメッセージ交換が可能となるサービスです。少子化、晩婚化が社会問題となる中、2012年2月のサービス開始以降、出会いを求める男女に支持され、累計会員数は1,400,000人を突破(2016年5月現在)。2014年からは、政府主催の『婚活・街コン推進サミット』に参画するなど少子化、晩婚化などの社会問題解決への貢献も社会的意義として掲げています。


■株式会社ネットマーケティングとは
[画像13: リンク ]

広告主と消費者をマッチングするアフィリエイトエージェント
として事業を開始。そこで培ったノウハウ、テクノロジーを活
かし、2012年より男女の出会いをマッチングする「Omiai」、2015年より転職希望者と企業をマッチングする「Switch.」を、会社の成長ドライバーとなるメディア事業として運営しています。今後も、自社の持つマッチングテクノロジーを強みとし、インターネットを通して企業や人をつないでいくことを事業基盤として更なる成長を目指していきます。


【会社概要】
会社名: 株式会社ネットマーケティング
(英文表記:Net Marketing Co.Ltd.)
代表者: 代表取締役社長 宮本 邦久
設 立: 2004年7月
資本金: 1億3,682万円
所在地: 東京都渋谷区恵比寿一丁目20番18号 三富ビル新館10階
事 業: メディア事業、広告事業  リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。