logo

NSW、製造業向けPDMシステム「Base-Right」の新バージョンを提供開始 ~電子設計情報管理システム「M-SeeCIIプラグイン」を追加~

ITソリューションプロバイダのNSW(日本システムウエア株式会社、本社:東京都渋谷区、代表取締役執行役員社長 多田 尚二)は、製造業向けPDM(Product Data Management:製品情報管理)システム「Base-Right(ベースライト)」Ver5.0を6月1日より提供開始いたします。

「Base-Right」は製品関連情報の一元管理により、設計・開発業務の効率化を支援するPDMシステムです。本システムは部品・構成管理、図面管理、文書管理、ワークフローなど多彩な機能を標準搭載しており、カスタマイズを最小限に抑え、低コスト・短納期での導入が可能です。また、導入後の管理項目の追加・変更などにも柔軟に対応できます。

今回のバージョンアップでは、サイバネットシステム株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:田中 邦明)の電子設計情報管理システム「M-SeeCII」を「Base-Right」にプラグインとして組み込むことにより、電気設計用PDMシステムとして電子・電気設計業務に携わるお客様にもご活用いただくことが可能になりました。

■「Base-Right」Ver5.0(M-SeeCIIプラグイン)の特長
(1)「M-SeeCIIプラグイン」は国内で運用されている主要な電気CADとの連携が可能なため、既存の設計環境を変更することなく、システム導入を進めることができます。

(2)「Base-Right」の標準機能である機械設計用PDMシステム、製品構成BOMの管理機能と「M-SeeCIIプラグイン」により、電気設計・機械設計の双方を業務とされているお客様への包括的なサポートが可能となります。

本製品は今後3年間で20社への導入を目指すと共に、NSWは今後も、製造業のお客様の設計・製造業務全体の効率化に向け、生産・工程管理などのシステムも含めたサポートを継続してまいります。

なお、6月1日(水)~3日(金)の3日間、東京ビッグサイトにて開催される「JPCA Show 2016」のサイバネットシステム株式会社ブースに本製品を出展いたします。

■関連リンク
Base-Rightについて (リンク

■サイバネットシステム株式会社について
サイバネットシステム株式会社は、科学技術計算分野、特にCAE関連の多岐にわたる先端的なソフトウェアソリューションサービスを展開しており、電気機器、輸送用機器、機械、精密機器、医療、教育・研究機関など様々な業種及び適用分野におけるソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティング等を提供しております。詳細は、リンクをご覧ください。

■NSW(日本システムウエア株式会社)について
1966年に創業。各業種対応のシステム開発、大規模システム運営、データセンターでのアウトソーシングなどをワンストップで提供します。これらの実績を生かし、ITリソースを提供するだけでなく、監視・運用などのデータセンターソリューションや移行設計などのインテグレーションを含めた幅広いサポートを提供するクラウドコンピューティングサービスも実現しています。また、オートモーティブや通信分野などの組込みシステム開発を行うほか、LSIやボードの設計開発も手掛けています。詳細は、リンクをご覧ください。

■サービス内容に関するお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
ITソリューション事業本部
営業統括部 第一営業部:尾崎、石塚
TEL:03-3770-0095
E-mail:digicell@gw.nsw.co.jp

■報道関係者からのお問い合わせ先
NSW(日本システムウエア株式会社)
企画室広報担当:清水、染葉(ソメハ)
TEL:03-3770-4014
FAX:03-3770-4953
E-mail:kouhou@gw.nsw.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事