logo

カナダのMetamaterial Technologies Inc.がRolithの事業を買収、シリコンバレーへの進出拡大を目指す

Metamaterial Technologies Inc. 2016年05月30日 12時13分
From 共同通信PRワイヤー

カナダのMetamaterial Technologies Inc.がRolithの事業を買収、シリコンバレーへの進出拡大を目指す

AsiaNet 64592(0653)

【ハリファックス(カナダ・ノバスコシア州)2016年5月26日PR Newswire=共同通信JBN】スマートマテリアルおよびフォトニクスのグローバルリーダーで、カナダに本社を置くMetamaterial Technologies Inc.(MTI)は26日、Rolith Inc.の事業を買収したと発表した。買収した事業には、同社が特許を保有する製造技術であるRolling Mask Lithography(RML(R))やNanoWeb(R)製品が含まれる。Rolithはシリコンバレーを拠点とするナノファブリケーション技術の企業である。買収契約にはまた、知的財産、特許を保有するツール、およびRolithの大表面積リソグラフィー・プラットフォームに特化した最新の研究開発施設とその従業員が含まれている。この買収により、MTIの航空宇宙、国防、ヘルスケア、エネルギー各市場向けの大規模なオプティカル、メタマテリアル製品の開発能力が加速されることになる。

Photo - リンク

今回の買収は、われわれが光を利用し、相互作用し、利益を得る方法を変えることになる次世代のスマートで多機能なマテリアルの開発を中心としたイノベーションにMTIがコミットしていることを示唆するものである。

MTIのモーリス・ギトン取締役会長は「Rolithの現存事業ラインやRML(R)テクノロジーはMTIの能力を補完し、その市場提供製品を拡大する。今回の買収によって当社は業界の先駆者としての立場を確立し、将来の成長と業績を強化する」と語った。

MTIのジョージ・パリカラス創設者兼最高経営責任者(CEO)は「これはMTIによる戦略的買収である。われわれの業界における最大の問題の1つは、大規模、大容量の光学メタマテリアル製品をつくる存続可能な製造ツールに欠けていることだった。Rolithが特許権を有するRML(R)リソグラフィー技術は、その種で初めてのものであり、業界の需要に対応する製造能力の規模を高めることができる。RolithはMTIの製品を補完する堅固なIPポートフォリオを構築しており、Rolithの3人の創設者とそのチーム全員がわれわれの新しい米国の会社に参加することを光栄に思うとともに興奮している」と語った。

Rolithは2008年、スタンフォード大学のボリス・コブリン博士、ジュリアン・ジーゲルマン氏、マーク・ブロンゲルスマ教授によって創設された。Rolithの創設者であるボリス・コブリンCEOは「われわれは皆、MTIとその才能あるチームに加わることに興奮している。MTIは現在、メタマテリアル光学製品の商業化でリーダーの立場にある」と語った。

MTIのプラットフォーム技術は、前例のない方法で光を操作する能力により国際的な関心を集めている。同社は2014年、レーザー攻撃を遮断し、屈折させることによってパイロットの視力を保護するソリューションとして、受賞歴のあるLamda Guard metaAIR(TM)の技術を実験、調整するため、エアバス社との間で提携契約を結んだ。

▽Metamaterial Technologies Inc.について
Metamaterial Technologies Inc.(MTI)は、メタマテリアル研究、ナノファブリケーション、コンピューター化電磁気学を専門とするスマートマテリアルおよびフォトニクスの企業である。同社は新しいクラスの光学スマートマテリアルを開発し、光を利用し、相互作用し、利益を得る方法を変えた。MTIはカナダ・ノバスコシア州のハリファックスに本社を置き、ロンドン、米カリフォルニア州プレザントンにオフィスを保有している。

MTIの詳しい情報はリンク を参照。

ソース:Metamaterial Technologies Inc.

▽問い合わせ先
Metamaterial Technologies Inc.
Cindy Roberts
+1-902-222-3658
cindy.roberts@metamaterial.com
Angela Steele
+1-902-222-7120
angela@metamaterial.com  


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。