logo

GDEPアドバンス、日本国内でNVIDIA「DGX-1(TM)」のロングレンタルサービスを開始

GDEPアドバンス
日本国内でNVIDIA「DGX-1(TM)」のロングレンタルサービスを開始

NVIDIA(R)社のディープラーニングスーパーコンピューター「DGX-1(TM)」の国内正規販売代理店である株式会社GDEPアドバンス(東京都文京区 代表:飯野匡道 以下、GDEPアドバンス)は、「DGX-1(TM) ロングレンタルサービス」を開始します。

NVIDIA(R)DGX-1(TM)は、世界初のDeepLearning専用スーパーコンピューター(NVIDEA発表による)として、今年の4月に発売され、最大170TFLOPSの高性能を誇ります。既に国内においても多くのお問い合わせや注文を頂いていますが、米国での実勢価格は本体だけで$129,000-と高額であり、GDEPアドバンスでは日本市場での利用促進にあたっては様々な導入オプションが必要と判断しました。そこで、提携の金融機関と連係し、DGX-1(TM)のレンタルスキーム「DGX-1(TM) ロングレンタルサービス」の仕組みを構築し、6月1日より受付を開始します。

GDEPアドバンスがご提案する「DGX-1(TM) ロングレンタルサービス」はお客様のご予算や利用期間に合わせてフレキシブルなレンタル料金の組立が行え、柔軟な経理処理が可能なスキームです。実際に資産としてご購入された場合と比較しても大きな差額が発生する仕組みではありませんので、高性能で最先端のディープラーニングスーパーコンピューターを、プロジェクト期間に効率良く使いたいと言うニーズにベストマッチしたサービスです。

GDEPアドバンス「DGX-1(TM) ロングレンタルサービス」
時期 2016年6月1日から受付開始
対象製品 NVIDIA(R) DGX-1(TM)
1.レンタル契約ですので、固定資産への資産計上が不要。オフバランス化が可能です。
2.12ヶ月からの自由なレンタル期間の設定が可能です。
3.性能が陳腐化した機器を使い続けるリスクがありません。
4.動産保険が付帯されますので万が一の事態にも安心です。
5.使用後は返却するだけで産業廃棄物の処理が不要です。
6.ストレージ未返却オプションもご用意していますのでデータ漏洩対策も安心です。
※「DGX-1(TM)ロングレンタルサービス」の利用には一定の審査があり、ご希望に添えない場合もあります。

DGX-1について
リンク
DGX-1(TM)は2016年4月5日(米国時間)、米サンノゼで開催された「GTC 2016」にて発表された世界初のディープラーニング専用スーパーコンピューターであり、Pascal世代のGPUボード「Tesla(R) P100」を8枚搭載し、各GPU間をNVLink(TM)でダイレクトに接続。半精度で170TFLOPSという驚異的な演算性能を実現します。

株式会社GDEPアドバンスについて
リンク
株式会社GDEPアドバンスは、「その仕事にアドバンテージを」コンセプトに、GPGPUをはじめとするアクセラレーターやオーバークロックワークステーション、ライブラリやコンパイラ、ソースコード解析から受託開発に至るまで、仕事や研究を加速するための手段を総合的に提供する総合ベンダーであり、NVIDIA社パートナー認定制度「NPN(NVIDIA PartnerNetwork)」のエリートパートナーとして活動しています。

<お問合せについて>
製品、サービスに関するお問い合わせ先
株式会社GDEPアドバンス 法人営業部
TEL:03-6803-0620 ※電話受付(平日)9:00~17:00
本リリース内容およびG-DEP製品の詳細についてお気軽にお問い合わせください。

※NVIDIA、NVIDIAロゴは、米国NVIDIA Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。
※記載されている製品名等は各社の登録商標あるいは商標です。
※記載されている情報はリリース時点のものです。予告なく仕様、価格を変更する場合や販売終了、延期となる場合があります。

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

関連情報
http://www.gdep.co.jp/
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事