logo

「WFPウォーク・ザ・ワールド大阪」 初の大阪開催

特定非営利活動法人国際連合世界食糧計画WFP協会 2016年05月29日 14時04分
From 共同通信PRワイヤー

2016年5月29日

認定NPO法人 国連WFP協会

参加者1263人が大阪の景観を楽しみながら社会貢献!
「WFPウォーク・ザ・ワールド大阪」 初の大阪開催
120万円の寄付金を通じ、途上国約4万人以上の子どもたちに給食を届けられます!

国連WFPは5月29日(日)、「WFPウォーク・ザ・ワールド大阪」を初めて大阪で開催しました。

WFPウォーク・ザ・ワールドは、名所を歩きながら、途上国の子どもたちの飢餓撲滅を推進するチャリティーウォークです。参加費の一部は、飢餓の子どもたちの成長と就学を支える国連WFPの「学校給食プログラム」に役立てられます。日本では横浜で2005年から(2011年を除き)毎年開催しており5月15日に11回目を開催しました。

横浜以外で初の開催となった大阪は晴天に恵まれ、1263名にご参加いただきました。スタート地点でゲストの関本賢太郎さん(元阪神タイガース、野球解説者/スポーツキャスター)のエールを受け、多数の企業・団体の方々、子ども連れの家族など様々な参加者が、5kmもしくは10mのコースを歩きました。

開会に先立ち、国連WFP協会会長の安藤宏基が挨拶をいたしました。その中で、「WFPは国連で食糧支援をしている唯一の機関で、災害地や紛争地など有事の際に48時間以内に食糧を届けるということをミッションとしております。各国政府から4000億円を拠出され運営されておりますが、もっと民間の力が必要なことから私が日本の国連WFP協会の会長を務めております。日本でも年間11億円が民間から寄付されています。また、今日のイベントでは参加費から一人あたり1000円、1263人の参加で120万円が途上国の学校給食支援に寄付されます。世界では6600万人の子供たちが空腹のまま学校に通っているということを皆さん、ご存知でしょうか?世界71億人中8億人が飢餓に苦しんでいます。子どもを貧困から救うためには、食糧を与えるということだけではだめで、勉強する環境を整えなければならない。だからこそ学校給食は重要です。今回東京・横浜に続き、大阪で開催できたことはとてもよかったと思っています。大阪城などの景観を楽しみながら、社会貢献できるなんて最高だと思います。現在、横浜での参加者が4500人ですが、大阪はこんなもんじゃない。まだまだいけます。だから来年も再来年も続けていきたいと考えています。皆さま、このイベントにご注目いただき、ご支援のほどお願いします。」と述べました。

また、ゲストの関本賢太郎さんは「皆さん、このイベントに参加することで途上国のお子さんたちの学校給食支援になることを、ご存知だったでしょうか?僕は知りませんでした。今回そのことを知って今日参加し、実際に歩くことができるのを楽しみにしてきました。実はこれまで大阪の街並みをじっくり楽しむことがなかったので、大阪城やその周りをきちんと歩いて景観も楽しみたいと思っています。元気よくけがのないように歩いていきましょう。」と呼びかけました。

当日会場では、ウォーキングイベントのほかに、国連WFP協会がブース出展をし、約半額が寄付にまわる赤い給食用マグカップを500円で販売したり、パンフレットなどを配布いたしました。これらの活動を通じて、当イベントと国連WFPの活動を知っていただき、より多くの方に学校給食支援の輪を広げることができました。後日ホームページ(www.wfp.org/jp)にて、寄付金額の報告をします。

◎ぜひ当イベントをご紹介ください。当日の様子や、途上国での学校給食支援の写真をご入用の際はご連絡ください。

<開催概要>
【日時】2016年5月29日(日)
9:00 受付開始、  9:30 開会式、  10:00スタート
【開催地】 大阪城公園(スタート会場: 教育塔前広場)
【参加費】 一般1,500円(当日2,000円)※うち1,000円を募金
小学生500円(当日800円)※うち200円を募金
【主催】国連WFP協会 (特定非営利活動法人 国際連合世界食糧計画WFP協会)
【後援】WFP 国連世界食糧計画 日本事務所、大阪市、大阪商工会議所、(公財)大阪国際交流センター、日本ウオーキング協会、大阪府ウオーキング協会、NHK大阪放送局

■WFPウォーク・ザ・ワールド専用ウェブサイト: www.walktheworld.jp

【国連WFPの学校給食プログラム】
世界には空腹のまま学校に通う子どもが6,600万人います。
さらに5,800万人は家庭の労働の担い手になるなどして、
学校に通うことすらできません。貧しい家庭にとって、
学校給食の存在は子どもを学校に送り続ける強い動機になります。
国連WFPは、子どもたちの健全な成長を促し、教育の機会を広げる為、
学校給食プログラムを通じて毎年およそ2,000万人の子どもたちに給
食を届けています。子ども1人につき、1日およそ30円で給食を届ける
ことができます。





本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。