logo

ストラタシス・ジャパン、更に高度なプロフェッショナルニーズに応えるFDM 3Dプリンタ向け新製品をリリース

Stratasys AP 2016年05月27日 13時58分
From 共同通信PRワイヤー

ストラタシス・ジャパン、更に高度なプロフェッショナルニーズに応えるFDM 3Dプリンタ向け新製品をリリース

AsiaNet 64562

ストラタシス・ジャパン、更に高度なプロフェッショナルニーズに応える
FDM 3Dプリンタ向け新製品をリリース

~ST-130とFoutus 900mcアクセラレーションキットで、中空複合部品や大型モデルの作製を強化~

~新フィラメントULTEM 9085で、正確なトレーサビリティを含む
厳しい航空宇宙要件に準拠したパーツ製造を実現~

~PC-ABSが、Fortus 380mcおよびFortus 450mc 3Dプリンタに対応~

香港2016年5月27日 /PRNewswire/ -- 3Dプリンティングとアディティブ・マニュファクチャリング・ソリューションの世界的リーダー企業であるStratasys Ltd.(Nasdaq: SSYS、以下ストラタシス、リンク )の日本法人、株式会社ストラタシス・ジャパン(以下、ストラタシス・ジャパン)は本日、Stratasys FDM(R)(熱溶融積層法)方式の3Dプリンタ機能を強化する4種類の新製品をリリースしました。 これらの新製品は、エンドユースパーツや生産ツーリング、機能プロトタイプなど、最も要求の高い製造業界へ向けのソリューションを提供するために最適化されています。

Logo - リンク


「サクリフィシャルツーリング」を活用した新ソリューションで、複雑な中空複合部品をより簡単に製造 
3Dプリンタで造形した型を複合材料で包み、パーツが硬化した後で型を取り除く「サクリフィシャルツーリング」工程を利用することで、複雑な中空複合部品を素早く、かつコスト効率よく製造することが可能になります。 ストラタシスは、新マテリアルST-130および新しいフィルパターン(内部構造設計)で構成される新ソリューション「サクリフィシャルツーリング」を活用してこの工程を向上させています。 同時に、この新しいマテリアルとフィルパターンは、より速い溶解と迅速な造形スピード、より優れたオートクレーブ性能、飛躍的に向上したツールの品質を提供します。

新ソリューション「サクリフィシャルツーリング」はFortus 450mcおよび900mc 3Dプリンタで使用可能です。

ストラタシスのマニュファクチャリング・マーケティング&イネイブルメントのディレクターであるRyan Sybrantは次のように述べています。 「新マテリアルST-130は自動車や航空宇宙、スポーツ用品に理想的なマテリアルです。 サクリフィシャルツーリングを活用して複合部品をよりコスト効率良く、迅速に製造できるため、製造会社の強い味方となります」

Fortus 900mcアクセラレーションキットで、大型パーツをより迅速に造形

「Fortus 900mcアクセラレーションキット」は、パーツとツーリングのコストおよび製作時間を削減するために役立ちます。 これは、ストラタシスで最もパワフルなFDM 3Dプリンタ向けに設計
された製品であり、このキットを活用することで超大型パーツを最高3倍の速さで造形することが可能になります。 また、今回の初めてASAおよびULTEM(TM) 1010に対応しました。

ULTEM 9085:完全なトレーサビリティを実現したULTEM初の航空宇宙業界向けマテリアル  
航空宇宙業界のエンジニアや製造会社は、プロトタイプやエンドユースパーツに使用するマテリアルに対し、正確な仕様とトレーサビリティを要求します。ストラタシスが提供するULTEM 9085は、航空宇宙業界の仕様要件に従い生産された航空宇宙グレードのフィラメントであり、厳格な航空宇宙の要件に順守し、製造全体のトレーサビリティが可能です。 ULTEM 9085航空宇宙グレードフィラメントのご注文時には、ストラタシスの「コンプライアンス証明」に加え、トレーサビリティ書類およびバッチ材料特性を証明する分析証明書が提供されます。

エンジニアはすぐにプロトタイピングに取り掛かれるため、新しい航空宇宙設計の商品化までの時間短縮、開発の後半で設計を変更することにより生じるコストを削減することができます。また、ULTEM 9085航空宇宙グレードは、少量生産やカスタムツーリングへの適用に最適化されしています。

PC-ABS:より多くのストラタシス3Dプリンタに対応する強靭なマテリアル
PC-ABSは耐久性に優れ、滑らかでマットな表面仕上がりのパーツを造形できるため、電動工具のプロトタイピングや産業機器の製造など、難易度の高い分野で活用されています。 今回のリリースによりFortus 380mcおよび450mc 3Dプリンタにも対応となり、商品化までの時間短縮、少量生産やカスタム生産にかかる工具費の削減につながります。 実際のエンジニアリング熱可塑性プラスチックでの3Dプリンタ造形により、より強靱な部品、より信頼性の高いテスト、完成品の材料特性をシミュレートするプロトタイプが実現できます。

さらに、Sybrantは次のように述べています。「今回の新製品がストラタシスのFDM 3Dプリンティングソリューションの効果を飛躍的に向上すると確信しています。 これは、製造業のお客様が成功を持続させるために、当社が尽力していることを明確に示すものです。 スピード、使いやすさ、産業界での新しい適用の創出など、各新製品は特定の製造業の要件に対応する設計となっています」

これらの新製品に関する詳細は、最寄りの販売店にお問い合わせいただくか、ストラタシスのウェブサイト(リンク )をご覧ください。

###


ストラタシス・ジャパンについて
ストラタシス・ジャパンは、ものづくりの設計・製造方法に変革をもたらす3Dプリンティングおよびアディティブ・マニュファクチャリングにおけるパイオニアとして、25年以上にわたり業界をリードしてきたStratasys Ltd.(NASDAQ:SSYS)の子会社です。 米ミネソタ州ミネアポリスとイスラエルのレホボトに本社を置き、設計や製造に対する新しい発想を推進することにより、多様な産業・幅広い分野のお客様のために貢献しています。 当社の3Dプリンティングおよびアディティブ・マニュファクチャリング・ソリューションは、これまでにない設計の自由度や製造における柔軟性を提供し、デザインやコミュニケーションを向上するだけでなく、さらに市場投入までの時間短縮と開発コスト削減を実現することができます。 MakerBot やSolidscapeなどの子会社も含め、Stratasysのエコシステムには、プロトタイプやパーツを造形する3Dプリンタ、豊富な3Dプリンティング用マテリアル、Stratasys Direct Manufacturingによるオンデマンドのパーツ造形サービス、戦略的コンサルティングやその他専門的サービスがあり、さらにクラウドコミュニティであるThingiverseとGrabCAD では500万点以上もの無料の設計コンポーネントやプリント可能なファイルが公開されています。 Stratasys は世界中に2,700人以上の従業員と800 件以上の取得済みまたは申請中の製造特許を有しており、その技術とリーダーシップについて30 を超える賞に輝いています。
ストラタシスについて、詳しくはリンク またはリンク をご覧いただくか、もしくはLinkedIn(リンク )でフォローしてください。


Note Regarding Forward-Looking Statements
The statements in this press release relating to Stratasys’ beliefs regarding the benefits consumers will experience from the ST-130 material, Fortus 900mc Acceleration Kit, and ULTEM 9085 Aerospace material, Stratasys’ expectation on the timing of shipping the ST-130 material, Fortus 900mc Acceleration Kit, and ULTEM 9085 Aerospace material are forward-looking statements reflecting management's current expectations and beliefs. These forward-looking statements are based on current information that is, by its nature, subject to rapid and even abrupt change. Due to risks and uncertainties associated with Stratasys' business, actual results could differ materially from those projected or implied by these forward-looking statements. These risks and uncertainties include, but are not limited to: the risk that consumers will not perceive the benefits of the ST-130 material, Fortus 900mc Acceleration Kit, and ULTEM 9085 Aerospace material to be the same as Stratasys does; the risk that unforeseen technical difficulties will delay the shipping of the ST-130 material, Fortus 900mc Acceleration Kit, and ULTEM 9085 Aerospace material; and other risk factors set forth under the caption “Risk Factors” in Stratasys' most recent Annual Report on Form 20-F, filed with the Securities and Exchange Commission (SEC) on March 21, 2016. Stratasys is under no obligation (and expressly disclaims any obligation) to update or alter its forward-looking statements, whether as a result of new information, future events or otherwise, except as otherwise required by the rules and regulations of the SEC

<報道関係者からのお問い合わせ先>
株式会社ストラタシス・ジャパン
担当: マーケティングディレクター 吉澤 文
Tel: 03-5542-0042
E-mail: Aya.Yoshizawa@stratasys.com  

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事