logo

-ネットワークカメラセンサーで手軽に顧客分析-「マーケティングアプリ」無償ダウンロードサービス開始

オムロン株式会社 2016年05月27日 13時00分
From 共同通信PRワイヤー

2016年5月27日

オムロン株式会社


-ネットワークカメラセンサーで手軽に顧客分析-
「マーケティングアプリ」無償ダウンロードサービス開始

オムロン株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長CEO:山田義仁)は、ネットワークカメラセンサー「ヒューマンビジョンコンポ 家族目線 HVC-C2W(以下、HVC-C2W)」を店舗などに設置し、パソコンで手軽に顧客分析ができる専用アプリケーションソフトウェア「マーケティングアプリ for Windowsお試し版 (以下、マーケティングアプリ)」の無償ダウンロードサービスを2016年6月1日より開始します。

今回の無償ダウンロードは、「HVC-C2W」を購入いただいた方に向けた期間限定の特典サービスです。2016年7月には本ソフトウェアの有償版の発売を予定しており、お試し版をダウンロードいただいた方には、無料で有償版にアップグレードいたします。

「マーケティングアプリ」は、顧客の年齢や性別を日、月、天候などの単位に分けて分析できる「客層分析機能」や、撮影したエリアで顧客が滞留していた位置を視覚的に確認できる「ヒートマップ機能」を備えています。有償版では、分析結果の視覚的な表示や、時系列で客層の変化を簡単に確認する機能などを充実させる予定です。ユーザーは「HVC-C2W」で検出した顧客の状態を「マーケティングアプリ」で分析することで、特定の客層に向けた商品を導入したり、新たな集客に向けた企画を立案したりすることが可能です。また、商品の最適な陳列方法を検討するなど、データに基づいた効率的な売り場づくりを実現できます。


■ダウンロードURL
 リンク
 ※「HVC-C2W」を購入いただいた方のみの特典のため、申込時には「HVC-C2W」背面に
    記載されたMACアドレスの記入が必須です。
 ※「マーケティングアプリ お試し版」をダウンロードいただいた方には、有償版の
    発売時に無料でアップグレードいたします。

■無償ダウンロード期間
  2016年6月1日から7月20日(予定) 

■対応環境
 Windows 7 32bit(推奨)

■「ヒューマンビジョンコンポ HVC-C2W」について
「HVC-C2W」は、オムロン独自の顔画像センシング技術「OKAO(R)  Vision」により、表情や性別、年齢、視線、ジェスチャーなど人の状態を認識し、その結果を無線でスマートフォンやタブレットに送信しアプリで簡単に操作できる、手のひらサイズのネットワークカメラセンサーです。2015年9月に、寝ている赤ちゃんや留守中のペットなどの状態や動きを検出し、必要なタイミングにスマートフォンやタブレットにプッシュ通知でお知らせするなど、家族を見守り、安心・安全な暮らしをサポートするセンサーとして発売。同年10月に開催されたアジア最大級の最先端IT・エレクトロニクス総合展CEATEC JAPAN 2015では『CEATEC AWARD 2015』ライフスタイル・イノベーション部門 準グランプリと、『米国メディアパネル・イノベーションアワード』ヘルス&ハウスホールド部門賞を同時に受賞するなど、発売以来、国内外で高い評価を得ています。

■「HVC-C2W」の購入について
下記の量販店、通販サイトでお求めいただけます。
  量販店:ビックカメラ   通販サイト:楽天、アマゾン、Chip-one-Stop

■オムロン株式会社について
オムロン株式会社は、独自のセンシング&コントロール技術を中核としたオートメーションのリーディングカンパニーとして、制御機器、電子部品、車載電装部品、社会インフラ、ヘルスケア、環境など多岐に渡る事業を展開しています。1933年に創業したオムロンは、いまでは全世界で約38,000名の社員を擁し、110を超える国や地域で商品・サービスを提供しています。電子部品事業では、幅広い分野で人と機械を快適につなげる先進的な電子部品をグローバルに提供しています。詳細については、 リンク をご参照ください。



【お客さまからのお問い合わせ先】
オムロン株式会社 エレクトロニック&メカニカルコンポーネンツビジネスカンパニー
アプリケーションオリエンティド事業部 E-mail: okao-vision@omm.ncl.omron.co.jp
<お問い合わせ専用ダイヤル>
TEL:077-565-6309 受付時間:9:00-18:00(祝日を除く月~金)




本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事