logo

SCHURTERがクラスII二重絶縁保護機器向けに電源入力モジュール発表

SCHURTER Group 2016年05月26日 15時55分
From 共同通信PRワイヤー

SCHURTERがクラスII二重絶縁保護機器向けに電源入力モジュール発表

AsiaNet 64561(0647)

【スイス2016年5月26日ベルナマ=共同通信JBN】SCHURTERは感電保護がクラスII規格の二重絶縁アプリケーションで使用するため、接地ピンなしの各種バージョンを含む幅広いパワーエントリー(電源入力)モジュール製品を拡充している。同社のKMFパワーエントリーモジュールは、小型パッケージに高度機能を備えていることから、クラスI保護機器の利用ですでに極めて人気がある。新しいクラスII保護バージョンは、医療規格処方でクラスII保護デザインでの利用を記述しており、家庭内で使用される医療機器に完全に適合する。

新しいKMFクラスIIバージョンは、IEC 60320-1規格によると、スタイルC18である。KMFクラスIIは、家庭内での利用を目的とする医療機器に特に定めた付加的な安全対策を規定するIEC standard 60601-1-11に準じた医療機器での使用に特に適している。世界中の高齢化人口とヘルスケア・コストが高まり続けている時には、そのような機器に対する需要が高まっている。保護がクラスIIの機器は、クラスIの保護機器とは対照的に、おおかたは金属ケースを備えていない。このカテゴリーの機器は二重絶縁と呼ばれており、露出面に関連して励起される部品に対してより高い安全レベルが必要になる。KMFクラスIIのパワーエントリーモジュールは、励起された部品と露出部品の間で二重絶縁される。この強制的な絶縁は、取り付けられたパネルに関連する励起コンダクター(L)とニュートラル・コンダクター(N)の間で4000VDC(直流電圧)の電圧でテストされる。

KMFラインスイッチは、2極ラインスイッチおよび1もしくは2極のヒューズホルダーが入手できる。医療利用には、ツールを使わなければ開くことができない「超安全」なヒューズホルダーが利用可能である。EMC(電磁両立性)フィルターは、医療用および低漏電のM5バージョンで入手できる。この電源入力時の統合フィルターは干渉抑制機能があり、極めて効果的な電磁親和性を提供する。定格電流は250 VAC時点で1-10 Aの範囲である。接続は4.8 x 0.8 mmの迅速接続ターミナルで行われる。

KFLクラスIおよびクラスIIは、電気製品の認証のENEC(欧州認証規格)、cURus(北米認証規格)、CCC(中国認証規格)の認証を受けている。これらはIEC 60950、IEC 60601-1、IEC60601-1-11に準拠する機器での使用に適している。

▽技術的データ
*2極スイッチ、2極ヒューズホルダーおよびフィルター付きのIEC C18電源インレット・コネクター
*M5医用フィルター
*定格電流:セ氏40度で1、2、4、6、10 A(ENEC / UL / CSA, CCC)
*スナップイン取り付け1.0-2.5 mm
*Fastonコネクター4.8 x 0.8 mm
*IEC 61140に準拠する完全絶縁機器向け
*IEC 60601-1に準拠する医療機器に適合
*IEC 60601-1-11に準拠し、家庭内使用目的の医療機器に特に適合

▽アプリケーション
*IEC 61140に準拠する完全絶縁機器
*IEC 60601-1に準拠する医療機器に適合
*IEC 60601-1-11に準拠し、家庭内使用目的の医療機器に特に適合

▽インターネット
Datasheet KMF(注1)
Microsite Medical Technology(注2)

▽SCHURTERについて
SCHURTERは電気および電機部品の国際的な有力イノベーター、メーカーである。同社は安全な電源供給と使い勝手のいい部品に注力している。その豊富な製品ポートフォリオは、回線保護、プラグ、コネクター、EMV製品、スイッチ、入力装置、電子機器製造サービスの分野の標準ソリューションで構成する。SCHURTERの代表事務所の世界ネットワークは、信頼できる配送サービスとプロフェッショナルな顧客サービスを保証する。同社は標準規格製品が合わない所には、クライアント特定のソリューションを開発する。

さらに詳しい情報は、以下の情報源からSCHURTERに問い合わせることができる。
Division Components
SCHURTER Group

SCHURTER AG
Product Marketing
Werkhofstrasse 8-12
PO Box 4168
6002 Lucerne
Switzerland
T +41 41 369 31 11
contact@schurter.ch
schurter.com

(注1)リンク
(注2)リンク

ソース:SCHURTER Group

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。