logo

「相手にダウンロードさせない」セキュアなビューアーソリューションをAPIで提供

~コピーやダウンロードを禁止できる配信・閲覧機能が組込み可能に~

日本ワムネットは、5月26日よりセキュアなコンテンツ配信・閲覧プラットフォーム「GigaCC View」のAPI機能を提供開始いたします。これにより、実際のファイルを相手に渡さず、その中身をブラウザだけで配信・共有することができる機能を、自社WEBサイトや自社構築システムなどに組み込むことが可能になります。




大容量デジタルデータ伝送サービス事業を展開する日本ワムネット株式会社(東京都中央区、社長:石澤 幸信)は、セキュアなコンテンツ配信・閲覧プラットフォーム「GigaCC View」(ギガシーシー ビュー)のAPI機能を本日より提供開始いたします。

今回のAPI提供により、実際のファイルを相手に渡さず、その中身をブラウザだけで配信・共有することができるGigaCC Viewの機能を、自社WEBサイトや自社構築システムなどに組み込むことが可能になります。

APIを利用することで、クラウドストレージ等のクラウドサービスやポータルサイト、文書管理システム、eラーニング等のプラットフォームからGigaCC Viewのビューアーを呼び出し、コピーや印刷、ダウンロードを禁止したセキュアなファイル配信・閲覧を実現します。
[画像: リンク ]

機能説明およびAPIの連携イメージにつきましては以下ページからご覧いただけます。
リンク

<API機能提供開始時期>
2016年5月26日

<価格>
価格につきましては、弊社ソリューション営業部までお問合せください。

<GigaCC Viewについて>
GigaCC Viewは、米国Content Raven(コンテント・レーベン)社(マサチューセッツ州フレイミングハム、CEO:Joe Moriarty)のドキュメントセキュリティサービスを、オンラインストレージソリューション「GigaCC」シリーズの1ラインナップとして日本ワムネットが日本国内で提供するものです。
相手に実際のファイルを渡さずに、中身のみを共有・閲覧できるセキュアなコンテンツ配信・閲覧プラットフォームとして、PDFやOfficeファイル、動画などの閲覧を、特別なプラグインやアプリケーションを使用せずにブラウザのみで行うことができます。
高価で不便なDRM・IRM製品などを導入することなく、第三者への勝手なファイル転送やコピー・印刷・ダウンロードの防止を実現。研修用動画や社外秘文書のよりセキュアな配信から、販売店への情報提供や視聴リサーチ、新製品情報やコンテンツサンプルの配信などを、安全・低コストに可能とします。
GigaCC Viewサービス詳細、サービスを体感いただける無料トライアルは、以下のサイトよりご確認・お申込みいただけます。
リンク

<日本ワムネットについて>
日本ワムネットは、株式会社ティーガイア、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社等が出資する合弁会社です。大容量データを安全に伝送・共有・保管する企業向けオンラインストレージソリューション、ネットワークシステムの開発や販売事業、オフィス環境からモバイル環境に至るビジネスをよりセキュア・スマートに行えるパッケージの提案を行っています。
リンク

<本件に関するお問い合わせ先>
【一般の方からのお問合せ】
日本ワムネット株式会社
ソリューション営業部
〒104-0033 東京都中央区新川1-5-17 エイハ新川9F
TEL: 03-5117-2150  FAX: 03-5117-2155
Email: japan.sales@wamnet.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。