logo

目の疲れが引きおこす肩こりの解消法

ウーマンウェルネス研究会 supported by Kao 2016年05月25日 21時31分
From Digital PR Platform


「ウーマンウェルネス研究会 supported by Kao」は、公式サイト『ウェルラボ』(リンク)にて、新たなコンテンツを発表いたしました。以下にご紹介いたします。

―――――――――――――――――――――――――

肩こりの原因のひとつに、目疲れがあります。目の疲れからくる肩こりの解消法をご紹介します。


■肩こりと目疲れの関係とは?
―――――――――――――――――――――――――
長時間のスマホやパソコン作業などで目を酷使すると、目のまわりにある筋肉や視神経が疲労します。その疲労が首を通じて肩までおよぶと、肩の筋肉と神経が緊張し、血のめぐりが悪くなり、肩がこってしまうのです。

また、同じ姿勢をとり続けることにより、目や後頭部、首、肩の筋肉が緊張し続けて、血のめぐりが悪くなり、老廃物や発痛物質がとどこおり、痛みやこりが生じます。このように、肩こりと目疲れには密接な関係があるのです。

>>女性を悩ます肩こり&首こりの原因
リンク

■目の疲れが引きおこす肩こりを解消する2つの習慣
―――――――――――――――――――――――――
目の疲れが引きおこす肩こりを解消するためには、次の2つを習慣にするとよいでしょう。

(1) 蒸気で目もとを温める
40℃程度に温めた蒸しタオルやホットアイマスクで、目もとを約10分間温めましょう。目のピントを調節する筋肉「毛様体筋」のこりがほぐされて、血のめぐりがよくなり、目疲れが緩和されます。毛様体筋や視神経の緊張がやわらげば、肩こりも軽減されます。

>>目もとを温めて“慢性目疲れ”を予防
リンク



(2) 首回し・肩回し
首や肩を回すだけでも、筋肉の緊張がとかれて血のめぐりがよくなるので効果があります。たとえば図のような方法を試してみてください。

・首回し
首を前後左右に曲げ、首の側面を伸ばしてみましょう。

次に首を右回り、左回りに交互に回します。それぞれ3~5セット程度行ってください。

・肩回し
肩先に両手の先を軽くのせ、ひじで大きく輪を描くようにします。両肩同時、あるいは片方ずつクロールするよう回してもかまいません。

首回し・肩回しとも、ゆっくり行ったほうが、筋肉の緊張がとれ血のめぐりもよくなります。

監修:後藤英樹先生
写真:thinkstock

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事