logo

DJI、5/26(木)~ 6/10(金)「JMSAドローン活用セミナー」で講義、DJI製品、空撮、農業におけるドローンの活用方法についての取材のご案内

DJI JAPAN株式会社 2016年05月25日 17時51分
From PR TIMES

DJI JAPAN株式会社は5/26(木) 札幌、5/31(火)仙台、6/6(月) 東京、6/8(水)大阪、6/10(金)福岡で開催される一般社団法人日本マルチコプター安全推進協会(JMSA)ドローン活用セミナーにおいてDJI製品と空撮や農業におけるドローンの活用方法についてご説明させていただきます。

DJIによるセミナーの内容は全国5都市一律以下の通りです。

· 安全性能は空撮の新しい選び方 ~安全性を追求したDJI製品と空撮の醍醐味~
DJIか゛実施している、安全に操縦て゛きる人を育成する操縦技術認定フ゜ロク゛ラムをこ゛紹介します。また、全性能か゛向上した新製品PHANTOM4ならひ゛に発表されたは゛かりのMATRICE600を活用した空撮の魅力についても、映像を交えてこ゛説明します。

· DJI 初の農業用ドローン ~AGRAS MG-1の最新テクノロジーとその活用法~
DJI初の高性能農薬散布用ト゛ローンAGRAS MG-1をこ゛紹介します。農業分野における作業効率と管理能力を飛躍的に進歩させる、最新技術を搭載した新製品か゛もたらす農業のイノヘ゛ーションをテクノロシ゛ー、活用方法、安全性の観点からこ゛説明します。

他社も含めた全体スケジュールは以下を御覧ください:
リンク

【ご参考】
* イベントサイト: リンク
* イベント資料セミナーの詳細は以下をご覧ください。
リンク

【お申し込み先】


誠に恐縮ではございますが、JMSAドローン活用セミナーへのお申し込みはこちらから:リンク
取材に関するお申し込みやお問い合わせは、JMSAドローン活用セミナーまでお願いします: pr@jmsa.or.jp



【DJIについて】
DJIは、プロ、アマチュアユーザーのために、革新的なカメラ技術を開発、製造しているグローバルリーダーです。リモートで操縦できるヘリコプターに情熱を傾けるスタッフにより創業、運営されており、飛行制御技術と手ぶれ補正の分野におけるエキスパートです。世界中のクリエイター、イノベーターが空撮を行う際に、使いやすく、安全な商品を作ることをミッションとしています。営業拠点は北アメリカ、ヨーロッパ、アジアまで拡大しており、 世界100ヵ国のユーザーが、映画、広告、建設、消防、農業、その他多くの産業分野においてDJI の商品を愛用しています。

DJIホームページ:リンク
Facebook: リンク
Twitter: リンク
YouTube: リンク
Instagram: リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。