logo

画面開発ツール「SkyVisualEditor」がUI生成・実行ツールの市場でシェアNo.1を獲得

テラスカイ 2016年05月25日 15時37分
From PR TIMES

クラウド・インテグレーションとシステム連携に特化したサービスやソフトウェア開発を行なう株式会社テラスカイ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:佐藤 秀哉、以下 テラスカイ)は、株式会社ミック経済研究所より発刊された「次世代型超高速開発ツールの市場動向2016年版」において、Salesforceの画面開発ツール「SkyVisualEditor」の販売実績がUI生成・実行ツールカテゴリーにおいてシェアNo.1を獲得したことを発表いたします。



[画像: リンク ]



SkyVisualEditorは、マウスのドラッグ&ドロップだけで使い勝手のよいSalesforce画面を生成することができる画面開発プラットフォームです。Salesforceはカスタマイズ性の高さが評価され、全世界15万社以上に利用されています。しかし、業務に合わせた画面を個別開発しようとすると、その柔軟性を損なってしまいます。SkyVisualEditorは、Salesforceのカスタマイズ性を維持したまま使い勝手のよい画面を開発できることから、多くのSalesforceユーザーに支持され、全世界で55万ユーザー以上が利用しています。

また、本レポートでは以下のように解説されています。
「クラウドサービスの伸びが全体を押し上げており、今後、超高速開発がオンプレミスのスクラッチ開発からクラウド開発へシフトしていく中で高いUI=UXのニーズが求められている。」

<SkyVisualEditorについて>
SkyVisualEditorは、Salesforceの画面をノンプログラミングで開発するクラウドサービスです。ユーザー企業だけでなく、システム開発会社でも開発期間の短縮や、運用フェーズでの柔軟な改修を目的として利用するケースが増加するなど、利用の幅が広がってきています。

◆SkyVisualEditorの詳細はこちらからご覧いただけます。
リンク

◆SkyVisualEditorの導入事例はこちらからご覧いただけます。
リンク

<株式会社テラスカイについて>
テラスカイは、クラウド創世記からクラウドに取り組んできたリーディングカンパニーです。2006年の設立以来、クラウド時代の到来を一早く捉え、セールスフォース・ドットコムのコンサルティングパートナーとして、導入・普及に取り組んできました。導入実績は金融、保険業界をはじめ医療、サービスなど業界を問わず2,000件を超え、日本のコンサルティングパートナーではトップクラスの導入実績数を誇っています。また、多くの実績から得られた知見を基に、開発効率を飛躍的に改善するクラウドサービスの開発・提供を行っています。

所在地:東京都中央区日本橋1-3-13 東京建物日本橋ビル7階
設立:2006年3月
資本金:4億5,403.5万円
代表者:代表取締役社長 佐藤 秀哉
U R L: リンク
東証マザーズ 証券コード:3915

本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。