logo

TIS、最新EDIパッケージ「ACMS Apex」を採用したSaaS型EDIサービスの新バージョン『TEDIOS-II』を提供開始

ITホールディングスグループ 2016年05月24日 13時20分
From PR TIMES

~ 高可用性、高セキュリティなどの基本性能の向上と インターネットEDIなどの最新トレンドに対応 ~

ITホールディングスグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下TIS)は、株式会社データ・アプリケーション(本社:東京都中央区、代表取締役社長執行役員:武田 好修、以下DAL)の新製品「ACMS Apex」を活用した、SaaS型EDI (Electronic Data Interchange)サービスの新バージョン『TEDIOS-II(TIS EDI Ondemand Service Ver.2 by ACMS Apex)』を6月末から提供を開始することを発表します。 



 『TEDIOS-II』は、EDIパッケージ市場において高いシェアを誇る「ACMSシリーズ」の最上位モデル「ACMS Apex」を採用し、高可用性/高セキュリティ/高性能という基本性能の向上と、インターネットEDIやギガサイズのファイル転送という最新トレンドに対応し、利用するCPU/メモリ/ディスク/回線などのリソースに応じた定額料金制で提供するTISのSaaS型EDI サービスです。

 旧バージョンである『TEDIOS(TIS EDI Ondemand Service by ACMS)』は2011年のリリース以降、コスト削減、BCP対策、運用負荷の軽減等を目的に、100社を超える金融、製造業等の幅広い企業に導入されています。

 しかし、近年はビジネスおよびEDI環境の変化に伴い、新たな顧客ニーズが出てきました。
 そこでTISは、それらのニーズに対応した『TEDIOS-II』を提供し、既存のEDI活用に加えて、IoTにおけるデータ収集基盤やクラウドサービス間のデータ連携基盤といった新たな市場に適用範囲を拡大することで、3年間で約10億円の売上拡大を目指します。

■EDIをとりまく環境の変化と顧客ニーズ
 EDIを取り巻く環境では、ビジネス環境とEDI環境の大きく2つの変化対応を求められています。ビジネス環境の変化としては、「セキュリティ要件の高度化」「BCP対策の必要性」「グローバル対応」などが代表的なものとして挙げられます。また、EDI環境の変化としては、INSネット※1のサービス終了予定などを背景に、インターネットEDIへの対応が求められています。また、CMT※2の廃止によるデータ交換環境の変化もEDI活用のニーズをより高めています。

 そこでTISでは、PCI DSS※3に準拠した高度なセキュリティ機能を要し、高可用性によりDR(Disaster Recovery、災害復旧)や無停止メンテナンスを実現し、インターネットEDIに対応しリアルタイムデータ連携や大容量データ転送の機能を備えた『TEDIOS-II』の提供を開始します。

※1:Information Network System。NTTのISDNサービスの商品名
※2:Cartridge Magnetic Tape。磁気テープの規格
※3:Payment Card Industry Data Security Standard。クレジットカード業界における国際的なセキュリティ基準

<『TEDIOS-II』の提供サービスイメージ>
[画像1: リンク ]



■TEDIOS-IIの特長
『TEDIOS-II』の特長は以下の3つです。

(1)基本性能の向上
・高可用性 :DR対応、無停止メンテナンス
・高セキュリティ:PCI DSSに準拠した高セキュリティ機能の提供(蓄積データの暗号化等)
・高性能 :リアルタイムデータ連携

(2)最新トレンドへの対応
・インターネットEDI機能の提供: グローバルEDI対応、INSネット(ディジタル通信モード)サービス終了対応
・ギガサイズのファイル伝送:CMT廃止の代替伝送手段

(3)定額での利用料金
・提供するリソース(CPU、メモリ、ディスク、回線)に応じた定額料金制


■『TEDIOS-II』の価格とサービスメニュー
<提供価格>(税別)
・初期費用:200万円~
・月額利用料:45万円~
※初期費用、月額利用料とも、システム構成、利用オプションにより変動します。

<サービスメニュー>
[画像2: リンク ]



※4: 株式会社セゾン情報システムズが提供するHULFT-WebConnectサービスを TEDIOS-IIと連携させたサービスです。

本サービスの詳細は、以下URLをご参照下さい。
リンク


「ACMS Apex」を採用した『TEDIOS-II』の提供開始について、株式会社データ・アプリケーション 代表取締役社長執行役員 武田 好修氏は次のように述べています。
「株式会社データ・アプリケーションは、新製品「ACMS Apex」を基盤にしたSaaS型EDIサービス『TEDIOS-II』が発表されたことを大変嬉しく思います。ACMSシリーズの最上位モデルとして豊富な機能を持つ「ACMS Apex」を『TEDIOS-II』にご採用いただいたことで、従来のEDIサービスに加え、IoTなどのデータ収集基盤やクラウドサービス間のデータ連携基盤として、お客様へ価値ある新たなサービスを提供できることに大変期待しております」


■「ACMS Apex」について
 株式会社データ・アプリケーションが提供するACMS Apex は、既存のアプリケーション資産を生かしつつ単一のソフトウェアで、今までにないセキュアかつ可用性の高いデータ連携基盤を実現します。 さらに、用途に合わせて柔軟に機能を組み合わせることで、戦略的にデータ活用の仕組みを容易に構築できます。ACMS Apex は、ACMS シリーズの「最上位」モデルとして豊富な機能を備えた、ビジネスの変化に強く、新たなイノベーションを生み出す新しいコンセプトのエンタープライズ・データ連携基盤です。詳細は以下をご参照ください。リンク


TIS株式会社について
ITホールディングスグループのTISは、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型のITソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。詳細は以下をご参照ください。 リンク

ITホールディングスグループについて
ITホールディングスグループは、約2万人、50社超から成るIT企業グループです。グループ各社が様々なエキスパートであり、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのクライアントのビジネスとその先にあるお客様の日々を支えています。クライアントの課題を解決するだけでなく、クライアントのさらにその先にあるお客様のニーズを先取りして一歩進んだ提案をしていきます。


※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事