logo

アクロディア、動画関連サービスにおいて米国SE3社と販売代理店契約を締結

~国内VOD事業者にハリウッド映画コンテンツの提供が可能に~

株式会社アクロディア(本社:東京都渋谷区、代表者:代表取締役社長 堤 純也、以下「アクロディア」)は、この度、米国Studio E3, Inc.(本社:米国カリフォルニア州、代表者:CEO ブリットン・リー、以下「SE3社」)と動画関連サービスに関する国内販売代理店契約を締結しましたのでお知らせいたします。



SE3社は、米国拠点のグローバルに展開するデジタルメディア企業で、VOD※プラットフォーム技術を保有し、米国の主要映画スタジオと連携し、優良なハリウッド映画コンテンツをVOD事業者等に供給しています。また、コンテンツ販売だけでなくプラットフォームの技術的対応、ユーザー獲得やデータ解析、そして新たな市場開拓等、VOD事業をサポートしています。
本契約の締結により、アクロディアは、SE3社がライセンス契約しているハリウッド映画コンテンツを、日本国内のVOD事業者に対して提供することが可能となり、煩雑な手続きや動画処理等の業務が大幅に軽減される画期的な枠組みをご提供します。
このため、VOD事業者は、従来VOD事業者で行う必要があった各映画スタジオとの交渉・契約等、煩雑な手続きに時間を費やすことなく、SE3社を通じてハリウッド映画コンテンツが獲得でき、スピーディにコンテンツの質と量を向上させ、魅力的なVODサービスの提供に注力いただけます。
[画像: リンク ]



今後、日本におけるVODプラットフォーム市場は、さらに成長することが予測されており、劇場配給とDVDの売上の数倍にもなると予想されています。
アクロディアは、SE3社の持つ優良なハリウッド映画コンテンツとデジタル配信まで進められる技術を、VOD事業者に向けて提供し、コンテンツを含むVODソリューションとして営業活動を加速してまいります。日本でも人気が高いハリウッド映画は、強力なコンテンツであり、VOD事業者にとって価値が高く、魅力的なサービス展開が可能となると期待しています。
なお、本サービスは、すでに国内にて営業を開始し、国内VOD事業者様等からご関心をいただいております。今後導入事例についても随時お知らせいたします。

また、日本でのオリンピックイベント等により4Kテレビの販売が急速に伸びるものとみられています。アクロディアは、昨年より動画関連事業の展開を進めており、既存のインターネットインフラ上で4K等の高精細動画を高品質なままサイズを大幅に圧縮し、Wi-Fi等の狭い帯域でもスムーズな動画配信が可能となる動画圧縮のソリューションを提供しています。配信事業者側は大幅に配信コストを大幅に軽減でき、より高品質な動画配信を広く提供することが可能となります。
昨今、ユーザーは外出先でもモバイル端末で動画を視聴する場面が増えており、4K動画においてもモバイルでの視聴機会が増加し4K動画市場のさらなる成長があると見込んでいます。
なお、SE3社の取り扱うハリウッド映画の一部コンテンツは、4Kにも対応しているので、さらに充実したソリューションをご提供できるものと考えています。

アクロディアは、今後もさらに動画関連事業の展開を加速させ、より利便性の高いサービスを創出し、ユーザーに豊かなライフスタイルを提供することを目指してまいります。

※ VOD(Video On Demand)
インターネットやCATV(ケーブルテレビ)などのネットワークを経由し、ユーザーが自分の好きな時間に動画コンテンツを視聴することができる動画配信サービス。ユーザーが月毎や都度料金を支払う有料サービスと広告費を主な収入源として運営される無料サービスがある。

■Studio E3, Inc.について
会社名:Studio E3, Inc.(スタジオ イー スリー)
所在地:米国カリフォルニア州
代表者:CEO ブリットン・リー
ウェブサイト:リンク

※記載されている社名、サービス名は、各社の登録商標または商標です。

【株式会社アクロディア】
所在地:東京都渋谷区恵比寿1-20-22 恵比寿三富ビル5F
設立:2004年7月
上場:2006年10月 東証マザーズ(3823)
代表者:代表取締役社長 堤 純也
事業内容:スマートフォン向けのサービス・ソリューションの提供

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。