logo

暮らしの思い出をシェア!不動産Webメディア「暮らす人が幸せになってほしいので、暮らしてた人が幸せだった物件集めました不動産(通称:くらくら不動産)」がリリース

株式会社 スマイリンクス 2016年05月24日 11時00分
From PR TIMES

暮らしの中にあった幸せを形に残して、これから暮らす人へシェアしていくこと。これが「くらくら不動産」が掲げるミッションです。

不動産Webメディア「暮らす人が幸せになってほしいので、暮らしてた人が幸せだった物件集めました不動産」ができる3つのこと。1.家を売るときの思い出を形に残せます 2.住んでいた人が幸せだった家だけを探すことができます 3.記事を読むと、その街の良さを知ることができます



不動産売却仲介を専門とする株式会社スマイリンクス(所在地:東京都港区・代表取締役:澤重 匡宏)は、2016年5月24日に、不動産Webメディア「暮らす人が幸せになってほしいので、暮らしてた人が幸せだった物件集めました不動産(通称:くらくら不動産)」をリリースいたしました。

[画像1: リンク ]



■くらくら不動産とは
くらくら不動産には、暮らしていた人が幸せだった物件が集まっています。家はいつでも暮らしの中心です。同じ場所、同じ間取り、同じデザインなど、全てが同じでも、暮らす人によって家は全く違うものになります。暮らしていた人が幸せだった家は状態もよく、雰囲気も穏やか。肌で感じる空気も違うような気がします。
スマイリンクスでは、そこに住んでいた人だけが知っている街や家の物語を可視化し、多くの人とシェアすることで、その幸せは大きくなるのではないかと考えています。
「暮らしの中にあった幸せを形に残して、次に住む人へ受け継いでいきたい」
そんな想いをもって、「くらくら不動産を」リリースいたします。
[画像2: リンク ]



■くらくら不動産でできること
・家を売るときの思い出を形に残せます
・住んでいた人が幸せだった家だけを探すことができます
・記事を読むと、その街の良さを知ることができます

■スマイリンクスについて
株式会社スマイリンクスは少数精鋭の強みを活かし、お客さまやその物件に合った売り方をオーダーメイドで設計しています。加えて、今までの不動産業界にはなかった新しいサービスを追求し続けています。
[画像3: リンク ]



これまでは
・360度カメラの導入で不動産広告の見える化を実現。問合せ数を前年比2割増まで引き上げ(参照:リンク
・書籍出版やドラマ「リーガルハイ」の監修サポートを手掛けるレイ法律事務所の代表弁護士を務める佐藤大和氏と業務提携(参照:リンク
・家具や世界感を含めて丸ごと購入できる「ライフスタイル提案型物件」の販売(参照:リンク
など、お客さまと直接関わる中で生まれたアイディアを形にしてきました。

今回リリースした「暮らす人が幸せになってほしいので、暮らしてた人が幸せだった物件集めました不動産」も、お客さまと直接関わる中で生まれたアイディアのひとつです。家を売る人には、それぞれのストーリーがあります。住んでいた家の思い出や街の好きなところを聞くと、どんな口下手な人でも、話が止まらなくなってしまうほどです。

暮らしの中にあった幸せを形に残して、これから暮らす人へシェアしていくこと。これが「くらくら不動産」が掲げるミッションです。

【くらくら不動産 概要】
名称:暮らす人が幸せになってほしいので、暮らしてた人が幸せだった物件集めました不動産(通称:くらくら不動産)
サイトURL:リンク
Facebook:リンク
Twitter:リンク

【運営会社】
名称:株式会社スマイリンクス
代表取締役:澤重 匡宏
本社:埼玉県八潮市垳206
青山オフィス:東京都港区南青山2丁目2番15号 ウィン青山9階
事業内容:不動産売却の仲介に付随する業務
URL:リンク
お問い合わせ:info@smilinks-corporation.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事