logo

オリンピックのITシステムの進化史を元開発者が解説『オリンピックITの挑戦』発刊 システムが支える大会の舞台裏



インプレスグループで電子出版事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)は、次世代型出版メソッド「NextPublishing」を使った新刊『オリンピックITの挑戦(副題:システムが支える大会の舞台裏)』(著者:田崎雅彦)を発刊いたしました。


『オリンピックITの挑戦 システムが支える大会の舞台裏』

[画像: リンク ]



著者:田崎雅彦
小売希望価格:電子書籍版 1,500円(税別)/印刷書籍版 2,100円(税別)
電子書籍版フォーマット:EPUB3/Kindle Format8
印刷書籍版仕様:A5判/モノクロ/本文178ページ
ISBN:978-4- 8020-9058-2
発行:インプレスR&D

<<発行主旨>>
本書はかつて日本IBMに在籍し、アトランタ、長野大会においてリザルトシステム(競技結果の集計送信)開発者としてオリンピックのITにかかわってきた田崎雅彦氏(現在、スポーツITコンサルタント)が、オリンピックで生まれた情報処理技術の進化を振り返るとともに、現代のオリンピックITシステムの礎となった大きな転換点を、当時の状況にそって解き明かしたものです。

<<本書の内容>>
第1章では初期段階の近代オリンピックからすでに情報化の要求に応える活動があり、現在のシステムに近いところまで発達してきた歴史を振り返ります。第2章ではオリンピックのITシステムが大規模な統合システムとして完成した背景とその結果について。続く第3章では統合システムが分割されていく過程を社会的、商業的背景を含めて論じています。第4章では近年の状況と将来を展望、第5章ではこれまでの出来事から得た教訓を述べています。
本書はオリンピックのITシステムがどのような目的で発展し、どのような課題を解決しながら変わっていったかをたどることで、技術の進化だけではなく、社会的要因や商業的要因が重要な役割を果たしていることを浮き彫りにします。実際に現場で開発にかかわった著者だけが語ることのできる、知られざる大会の舞台裏をぜひお読みください。

<<目次>>
第1章 オリンピックITの始まり~戦前から1990年代までの間
第2章 オリンピックITの統合期~IBM社がTOPスポンサーをやめるまでの経緯
第3章 ITマルチベンダー協業期~IOCの大博打、一社委託からマルチベンダー方式へ
第4章 オリンピックITのその後~オリンピックITはその後、発展したのか
第5章 まとめ:2020年東京大会へ向けて~オリンピックはイノベーションを開花させる

<<著者紹介>>
田崎 雅彦(たさき まさひこ)
1984年、九州大学 総合理工学研究科 情報システム学修了、工学修士。2012年、首都大学東京 社会科学研究科 経営学専攻修了、経営学修士。1984から1999年、日本IBMに勤務。1995~1998年、アトランタ五輪、長野五輪でオリンピックリザルトシステムの開発リーダーを務める。1999~2002年、ソルトレークオリンピック組織委員会 リザルトプロジェクトマネージャー。2002~2004年、個人で放送局向けオリンピックコンテンツ制作のコンサルティングを行う。2004~2007年、国立スポーツ科学センター(JISS)研究員。2007~2010年、国立天文台 専門研究職員。2010~2013年、独立行政法人日本スポーツ振興センター 情報処理技術員。2013年以降は個人で活動中。

<<販売ストア>>
電子書籍:
Amazon Kindleストア: リンク
楽天koboイーブックストア: リンク
Apple iBookstore: リンク
紀伊國屋書店 Kinoppy: リンク
Google Play Store: リンク
honto電子書籍ストア: リンク
Sony Reader Store: リンク
BookLive!: リンク
印刷書籍:
Amazon.co.jp: リンク
三省堂書店オンデマンド: リンク
hontoネットストア: リンク
ウェブの書斎オンデマンド本 楽天市場店: リンク
楽天ブックス: リンク
※各ストアでの販売は準備が整いしだい開始されます。
※お取り扱いを希望される書店ご担当者様は、「楽天ブックス 書店客注サービス」をご利用いただくことで、1冊単位で仕入れることができます。以下のお問い合わせ先までご連絡ください。

「楽天ブックス 書店客注サービス」利用に関するお問い合わせ先
楽天株式会社 「楽天ブックス」書籍チーム
TEL:050-5817-2517
電子メール: bmd-cnt@mail.rakuten.com
※お取引には口座開設が必要となります。

【株式会社インプレスR&D】 リンク
インプレスR&Dは、デジタルファーストの次世代型電子出版事業モデル「NextPublishing」を推進する企業です。

【インプレスグループ】 リンク
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:関本彰大、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。

【製品についてのお問い合わせ先】
株式会社インプレスR&D NextPublishingセンター
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105
TEL 03-6837-4820
電子メール: np-info@impress.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事