logo

武蔵大学がロケ地として人気の理由

武蔵大学 2016年05月24日 08時05分
From Digital PR Platform


武蔵大学(東京都練馬区豊玉上1-26-1/学長 山嵜哲哉)の江古田キャンパスは都心近くの好立地にあり、歴史ある建造物や自然豊かなロケーションが特徴。ロケ地として数多くの映画・ドラマに登場している。


 武蔵大学は90年以上の歴史があり、都心にありながら豊かな自然環境に包まれたロケーションで、歴史ある建造物と最新の設備が共存するワンキャンパスを特徴としている。

 2016年練馬区の登録文化財に続き、BELCA賞のロングライフ部門でも表彰された「大講堂」や「3号館」などの歴史ある建物をはじめ、「ケヤキ並木」「はなみずき広場」などの緑あふれる外観を中心に構内各所での撮影依頼が寄せられ、映画やテレビのロケ地としても数多く使われている。

 また、オープンキャンパスでは、在学生によるキャンパスツアーでロケ地の各スポットを紹介し、毎年好評を博している。

■過去に武蔵大学で撮影された主な映画・ドラマなど(抜粋)※《 》内はロケ地
・2016年公開予定 映画『TOKYO DECIBELS』 《3号館廊下、3号館中庭など》
 主人公の荒田宙也(松岡充)が勤務する大学という設定で登場予定。
・2015年 映画『ストレイヤーズ・クロニクル』 《ケヤキ並木、はなみずき広場など》
 沙耶(成海璃子)が通う大学として登場。オーケストラの練習を飛び出し、8号館前並木道で昴(岡田将生)と再会する。
・2014年 映画『海月姫(くらげひめ)』《3号館前、3号館廊下》
 主人公・月海(能年玲奈)が出会う、女装男子・蔵之介(菅田将暉)が通っている大学として登場。
・2013~14年 NHK BSプレミアム、NHK総合『ハードナッツ!~数学girlの恋する事件簿~』第1~3話 《3号館前、ケヤキ並木など》
 主人公・難波くるみ(橋本愛)の通う「東都大学」として、さまざまなシーンに登場。
・2011年 TBSテレビ『桜蘭高校ホスト部』第4話 《はなみずき広場》
・2011年 NHK BSプレミアム『世界が私を待っている 前衛芸術家草間彌生の疾走』 《大講堂》
・2010年 映画『相棒-劇場版II-』 《10号館武道場》
・2007年 TBSテレビ『華麗なる一族』第5話 《大講堂》

▼武蔵大学 江古田キャンパス
 リンク

▼本件に関するお問い合わせ先
 武蔵大学 広報室 
 担当: 山野(やまの)・下川(しもかわ)
 〒176-8534 東京都練馬区豊玉上1-26-1 
 TEL: 03-5984-3813 
 FAX: 03-5984-3727
 E‐mail: pubg-r@mml.sec.musashi.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事