logo

「クラウド型TV会議システムの現実的な採用利点」

吉政忠志氏が連載するコラム「S-Port活用コラム」の第27回が公開

鈴与シンワートは吉政忠志氏が連載するコラム「S-Port活用コラム」の第27回「クラウド型TV会議システムの現実的な採用利点」を公開しました。

###
みなさん、こんにちは。鈴与シンワートでマーケティングアドバイザーをしている吉政(よしまさ)と申します。

今回は「クラウド型TV会議システムの現実的な採用利点」というタイトルで書きます。

私は現在、約10社とアドバイザーを務めており、4つの業界団体を主宰しています。仕事柄、様々な方と会議を行いますが、その場に集まっての会議だけではなく、TV会議を使用しての会議が当たり前のようになりました。
この場でご紹介できる具体的な最新の調査データがなかったので、あくまで感覚的な話になりますが、複数の拠点を持つ会社や、在宅勤務を採用している企業の大半ではTV会議を採用されていることが増えたように思います。

TV会議は以前と比べて、使い勝手が良くなった上、品質が向上し、価格も安くなりました。以前はTV会議を導入しているだけで、儲かっている会社というイメージがありましたが、現在は、出張費や交通費の節約と、効率的な時間の使い方を目的にした導入が大半になりました。今やTV会議システムは便利な道具と言うだけではなく、経費削減の道具となってきています。

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。