logo

TIS、ITインフラのマネージドサービス『MOTHER』の機能を強化

ITホールディングスグループ 2016年05月23日 13時20分
From PR TIMES

~ 運用の自動化、対応プラットフォームの拡充、 セキュリティの強化でより使い易く ~

ITホールディングスグループのTIS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役会長兼社長:桑野 徹、以下TIS)は、ITインフラのマネージドサービス『MOTHER(マザー)』の機能を拡充し、新たなメニュー/機能の提供を開始することを発表します。



 『MOTHER』は、クラウドサービスやオンプレミスによるITインフラの統合管理を実現するマネージドサービスです。クラウドにもオンプレミスのシステム運用と同レベルの障害監視・性能分析・運用自動化などITインフラの管理、運用を支援する機能を提供しています。

今回新たに拡充されたメニューと機能は、以下3つです。

1)運用の自動化サービス
「運用自動化サービス」は、システムに対する操作(アクション)を、定められたスケジュールや障害検知などのタイミング(トリガー)で実行できる新サービスです。本サービスを活用して運用作業の一部をアクティビティ機能として登録することで、運用業務を自動化できます。これにより、手動作業の軽減を実現し、業務効率の改善と運用作業の正確性向上が可能になります。

2)対応プラットフォームの拡充
『MOTHER』で管理できるプラットフォームとして、従来のアマゾン ウェブ サービス(以下AWS)に加え、VMware社が提供するオンプレミス「vCenter」と、TISが提供するクラウドサービス「TIS ENTERPRISE ONDEMAND Service」が加わりました。これによりオンプレミスや複数のクラウドサービスのITインフラを一元管理できるようになり、個別管理による運用業務の煩雑さの軽減や、業務効率の改善が可能になります。

3)管理権限のセキュリティ強化
『MOTHER』のポータル画面からできる管理権限の設定のセキュリィティが強化されました。ポータルを操作する端末のアクセス元IPアドレスの指定や、各種サービスおよび機能ごとの許可・禁止の権限の詳細が設定できるようになり、その権限を各ユーザーに合わせて適用できるようになりました。これにより、お客様のセキュリティポリシーに沿った活用が可能になります。


 TISでは、マルチプラットフォームを統合的に管理できる『MOTHER』を、クラウドの運用に課題を抱える企業や、マルチプラットフォーム環境においてシステム運用課題を抱える企業、クラウド環境の導入を検討している企業などをターゲットに拡販し、2017年度末までに100社への導入を目指します。

 また、今後も運用自動化サービスの更なる強化(サービス連携・アクション拡充)や、カタログ機能の追加、アプリ・運用まで含めたサービスプラットフォームの提供などサービスの充実化を計画しています。

■今回の機能拡充の概要

1)運用自動化サービス
運用自動化サービスでは、システムに対する操作(アクション)を設定することで、定められたスケジュールや障害検知などのタイミング(トリガー)に実行できるメニューです。

<運用自動化サービスのイメージ>
[画像1: リンク ]



2)対応プラットフォームの拡充
プラットフォーム管理サービスでは、「AWS」「vCenter」「TIS ENTERPRISE ONDEMAND Service」を対象に、プラットフォーム上のサーバ統合管理や、クラウドサービス利用料の管理、技術サポートの窓口の3つの機能を提供します。

<『MOTHER』の対応プラットフォーム一覧>
[画像2: リンク ]



※TIS ENTERPRISE ONDEMAND Serviceの各種サービスのうちHosted Private Serviceへの対応
※オンプレミス(vCenter)において、対応バージョンは 5.5update 3以上への対応


3)ポータルのセキュリティ強化
システム管理のGUIであるポータル画面で、接続制限(IPアドレス制限)や、ユーザーごとの各種サービスや機能の利用制限(権限・ロール機能)、パスワードポリシーのセキュリティレベル選択が可能になりました。

<ポータルでの権限設定イメージ>
[画像3: リンク ]



■『MOTHER』利用料(税抜)

<プラットフォーム管理サービス>
[画像4: リンク ]



<運用自動化サービス>

[画像5: リンク ]



■マネージドサービス『MOTHER』について
『MOTHER』は、TISがAWSなどの各種クラウド基盤や、複数クラウドとオンプレミスを組み合わせたハイブリッド環境の構築で培ってきたノウハウ、DC・クラウド事業者としての運用経験を活かしたマネージドサービスです。複数のクラウドサービスや複数アカウントの統合管理を可能にする「プラットフォーム管理サービス」と、エンタープライズシステムに必須な安定したシステム運用を支援する「障害監視サービス」、システムのネットワークやサーバリソース、ディスクなどの性能を監視する「性能分析サービス」、そして、それらの運用管理を容易にするシンプルで利便性の高いポータル機能をサービスメニューとして提供しています。詳細は以下URLをご参照ください。
リンク

■「TIS ENTERPRISE ONDEMANDTIS ENTERPRISE ONDEMAND Service」について
「TIS ENTERPRISE ONDEMANDTIS ENTERPRISE ONDEMAND Service」は、企業システム向けのサーバ環境やネットワークサービス/運用機能をオンデマンドで提供し、企業ITシステムに必要な柔軟性とセキュアな環境を実現するクラウドサービスです。規模や用途に応じて選択できるサーバーサービスと、バックアップサービス、ネットワークサービスの5つのサービスで構成され、システム案件に応じた組み合わせ活用で、企業システムのクラウド化をトータルで支援します。詳細は以下URLをご参照ください。
リンク


TIS株式会社について
ITホールディングスグループのTISは、SI・受託開発に加え、データセンターやクラウドなどサービス型のITソリューションを多数用意しています。同時に、中国・ASEAN地域を中心としたグローバルサポート体制も整え、金融、製造、流通/サービス、公共、通信など様々な業界で3000社以上のビジネスパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献しています。詳細は以下をご参照ください。リンク

ITホールディングスグループについて
ITホールディングスグループは、約2万人、50社超から成るIT企業グループです。グループ各社が様々なエキスパートであり、日本国内および海外の金融・製造・サービス・公共など多くのクライアントのビジネスとその先にあるお客様の日々を支えています。クライアントの課題を解決するだけでなく、クライアントのさらにその先にあるお客様のニーズを先取りして一歩進んだ提案をしていきます。


※ アマゾン ウェブ サービス、AWS、“Powered by Amazon Web Services”ロゴは、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
※ 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
※ 記載されている情報は、発表日現在のものです。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。