logo

デルタ航空、公式サイトの日本語ニュースルームを「NEWS HUB(ニュースハブ)」に統合 

デルタ航空 2016年05月23日 12時26分
From PR TIMES

日本語ニュースがさらに読みやすく。画像が豊富に。



デルタ航空は、昨年7月に公式ウェブサイトdelta.comのニュースルームを大幅に刷新し、NEWS HUB(ニュースハブ)として幅広いニュースを発信していますが、このほど各国語のサイトを完成し、日本語ニュースルームを統合しました。
[画像1: リンク ]

NEWS HUBは、単に発表資料を掲載するだけでなく、デルタ航空の日々の運航に関わる情報や、運航を支える様々な部門の動き、機材や機内サービスの情報など、デルタ航空に関るさまざまな情報を提供する「ハブ」として機能しています。

画像や動画などのビジュアルを増やし、リリースのページからダイレクトに高解像度の関連画像をダウンロードできるなど、メディアの方向けの機能も向上させました。また、過去のニュースは、「人と文化」、「プロダクトとサービス」、「路線」、「運航」、「事業」のカテゴリー別に分類され、簡単に検索できるようになりました。

日本語ニュースハブをご覧になるには、NEWS HUBのトップページ「リンク」(英語)から、言語メニューで日本語をお選びください。中国語(簡体・繁体)、韓国語、スペイン語、ポルトガル語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、ヘブライ語でも展開しています。

日本語ニュースハブの提供開始に伴い、従来の日本語ニュースルーム「リンク」は近々閉鎖し、新サイト「リンク」に自動転送されます。

なお、現在トップページに掲載しているニュース・記事は次のとおりです。

· 米国時間2016年5月16日、18日掲載
デルタ航空、サッカー南米選手権「コパ・アメリカ」の米国開催を前に、優勝トロフィーの中南米ツアーを実施
リンク
[画像2: リンク ]



· 米国時間2016年5月12日掲載
ビデオ: デルタ航空のボーイング747-400型1号機、本社の博物館に移動
リンク
[画像3: リンク ]



· 米国時間2016年5月11日掲載
米国の保安検査の待ち時間を短縮するための4つの取り組み
リンク

[画像4: リンク ]



デルタ航空について
デルタ航空は年間約1億8,000万人近くの搭乗者数と広範なネットワークを持つ航空会社です。フォーチュン誌の「2015年世界で最も賞賛される企業リスト」の航空業界部門(2015 World's Most Admired Companies Airline Industry List)において、6年間で5度目の1位を獲得し、「世界で最も賞賛される企業」トップ50社にも選ばれたほか、米ビジネストラベルニュース誌調査で初の5年連続トップに選ばれました。デルタ航空およびデルタ・コネクションは、世界61カ国、330都市に向けてフライトを運航しています。米国ジョージア州アトランタに本社を置き、世界で8万人近い従業員を擁し、800機以上の主要機材を運航しています。航空連合(アライアンス)「スカイチーム」の創立メンバーであり、大西洋路線においてはエールフランス-KLM、アリタリア-イタリア航空、およびヴァージン アトランティック航空と共同事業を展開しています。アトランタ、ボストン、デトロイト、ロサンゼルス、ミネアポリス/セントポール、ニューヨーク(ラ・ガーディアおよびJFK)、ソルトレイクシティ、シアトル、アムステルダム、パリ(シャルルドゴール)、ロンドン(ヒースロー)、東京(成田)をハブ空港および主要マーケットと位置づけ、提携航空会社と合わせて一日に1万5,000便以上のフライトを運航しています。機内および空港での顧客エクスペリエンスの向上を目指し、空港施設や機内プロダクトの改善、サービス向上とテクノロジー導入に数十億ドルを投資しています。詳しくはホームページdelta.comをご覧ください。
[画像5: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。