logo

世界最大の自転車メーカー・GIANT社の会長を迎え、滋賀県知事が一緒にビワイチサイクリングを体験

滋賀県 2016年05月20日 15時40分
From 共同通信PRワイヤー

2016年5月20日

滋賀県商工観光労働部

琵琶湖一周サイクリング「ビワイチ」の魅力を発信!!
世界最大の自転車メーカー・GIANT社の会長を迎え、滋賀県知事と守山市長が一緒にビワイチサイクリングを体験

世界最大の自転車メーカー・ジャイアント社(本社・台湾)の劉会長がこのたび来県され、5月20日(金)、三日月滋賀県知事、宮本守山市長と一緒に初めて、琵琶湖東のサイクリングコース約18キロメートルの「ビワイチサイクリング」を体験走行しました。
ジャイアント社は自転車文化の創造を理念とし、しまなみ海道などのサイクリングの盛んな地域を中心に、国内で既に22店舗を展開しています。今回のビワイチ体験は、劉会長が今年3月18日にオープンした「ジャイアントびわ湖守山店」(守山市のラフォーレ琵琶湖内)の視察に合わせて実現したものです。
今年度、滋賀県は県内4市(大津市・守山市・高島市・米原市)や民間団体と連携し、サイクルステーション等の施設やコース環境の整備をより一層進め、ビワイチサイクリングを通じて、滋賀県の魅力発信や地域の活性化を進めていきます。

<ジャイアント社とのコラボしたビワイチサイクリングイベントの概要>
【日 時】平成28年5月20日(金)午前7時45分~午前10時30分
【発着場所】ジャイアントストアびわ湖守山(総合リゾートホテル・ラフォーレ琵琶湖内)
      リンク
【参加者】ジャイアント社・劉金標会長
     ジャイアント社・羅祥安社長
     滋賀県知事・三日月大造
     守山市長・宮本和宏 ほか
【行 程】ジャイアントショップ前出発~長命寺港から漁船タクシーで守山港
     ~ラフォーレ琵琶湖到着(走行距離:約18キロメートル)

<ビワイチサイクリングとは>
琵琶湖一周を意味する「ビワイチ」は、既にサイクリング愛好家の中で広く認知され、親しまれています。「ビワイチ」は、琵琶湖を自転車で一周しながら、四季折々に移り変わる景色、人との交流、多彩な食の楽しみ、重要文化財や重要文化的景観の数々、撮影の聖地、温泉など、滋賀ならではの多彩な楽しみ方ができるのが特徴です。一周200キロメートルを超える「ビワイチ」を安心・安全に、また気軽に楽しんでいただけるよう様々な取組を進めていきます。

<今後の主な取組>
1.自転車の利用環境を整備
  ・東の玄関口である米原駅にサイクルステーションを整備します。
  ・広域レンタサイクルの拠点づくりを進めます。
  ・自転車利用者のサポート拠点を整備します。
2.サイクルツーリズム(自転車観光)環境を整備
  ・誰もがわかりやすい表示を検討します。
  ・おすすめルートを開発し、ツアーガイドを養成します。
  ・多言語サイクリングマップを作成します。
3.安心・安全な走行環境を整備
  ・ブルーライン、青矢羽などの設置を進めます。
  ・走行に快適な路面の整備を進めます。
4.NPO法人や民間企業とのコラボによる盛り上げ
  ・自転車搭載船の運航など、湖上交通を活用します。
  ・広域レンタサイクルの仕組づくりをともに進めます
  ・各団体からの情報発信で盛り上げます。

○びわこ一周レンタサイクル(NPO法人五環生活) リンク
○びわ湖一周サイクリング認定証(輪の国びわ湖推進協議会)リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事