logo

モバイルコマースのMozidoがアジア太平洋のゼネラルマネジャーにスコット・ムーア氏を任命

Mozido 2016年05月20日 15時19分
From 共同通信PRワイヤー

モバイルコマースのMozidoがアジア太平洋のゼネラルマネジャーにスコット・ムーア氏を任命

AsiaNet 64491(0623)

【オースティン(米テキサス州)2016年5月20日PR Newswire=共同通信JBN】信頼性のあるデジタルコマースと決済ソリューションの世界的プロバイダー、Mozido(リンク )は20日、スコット・ムーア(Scott Moore)氏が同日付でアジア太平洋のゼネラルマネジャーとして同社に加わったと発表した。ムーア氏はシンガポールにあるMozidoのアジア本部で中国を除くアジア太平洋全域の業務を管理する。

Mozidoのトッド・ブラッドリー最高経営責任者(CEO)は「ムーア氏が当社に加わり、大変喜んでいる。彼は、特にモバイル金融サービスの領域とアジアのような市場で販売組織の構築に成功した経験により、モバイルフォンを使ったデジタルコマースと決済ソリューションを世界的に提供することでMozidoの成功に直ちに貢献することができる」と語った。

ムーア氏は「Mozidoに入社し、アジアの世界的決済とソリューション市場で急速にプレゼンスを拡大しているMozidoに貢献できることにわくわくしている。アジア全域の何百万という個人に支払いや送金、さらにはより広範な金融管理に関する全く新しいサービスをもたらすため、モバイルフォンを使うことによって生活を向上させるというMozidoの情熱を共有する」と述べた。

ムーア氏は20年以上にわたり金融サービス、バンキング、コンサルタントの経験がある。ムーア氏はMozido入社前まで、モバイルコマースのプロバイダーであるMPayMe Limitedのアジア太平洋担当CEOとして同社を驚異的に成長させ、POWAが2014年に同社を買収するという結果につながった。ムーア氏はPOWAで販売責任者を務めた。それ以前の同氏はOracle、Eontec、プライスウォーターハウスクーパースで幹部職を経験している。ムーア氏はシドニー大学から金融とサイエンスの学士号を受けている。

▽Mozidoについて
Mozidoはクライアントためのブランドとして、費用対効果のあるクラウドベースのソリューションを届け、信頼性のあるデジタル決済とコマースソリューションを世界的に提供している。Mozidoのソリューションは極めて相互運用性が高く、事実上、どの無線通信事業者やモバイル機器も運用可能であり、第三者の広告、サービス、その他の商品を簡単に取り込むことができる。Mozidoの世界的プレゼンスと世界的サービスには、米国、中国、インド、アフリカ、中近東、欧州、南米における事業が含まれており、同地域の人々はモバイルフォンで金銭、決済、その他のサービスを管理できるようになっている。詳細はmozido.com(リンク )を参照。Twitter:@Mozido(リンク )でフォローを。

▽報道関係問い合わせ先
Van Leigh
SVP Marketing
Mozido
+1 512-518-2200

ソース:Mozido

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。