logo

PTC、ThingWorx IoTプラットフォーム最新版をリリース

コネクティッド・プロダクトの管理、開発者の操作性向上、主要デバイスクラウドとの連携を実現

【2016年5月20日】PTC(本社:米国マサチューセッツ州、Nasdaq: PTC、社長兼CEO:ジェームス(ジム)・E・へプルマン)の日本法人であるPTCジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑原 宏昭)は、本日、同社のIoT(モノのインターネット)プラットフォームの最新版である「ThingWorx(R) 7」をリリースしたとの米PTCの発表を明らかにしました。ThingWorx 7では、強力なアナリティクス機能、パブリッククラウド対応、よりシンプルになったプラットフォーム・コンポーネント等の新機能を提供します。これにより、開発者は自身が利用したいツールでIoTソリューションを実験、試作、開発できます。



[画像: リンク ]



ThingWorxが提供する強力な機能や高い拡張性、操作性は、IoTのスマート・コネクティッド・ソリューションの迅速な開発・展開に寄与します。本プラットフォームは、IoTに特化した最も幅広い統合開発ツール・機能群の一つであり、豊富な機能を持ち合わせるソリューションの開発を、よりシンプルにするとともに市場リリースまでの期間を短縮します。

ThingWorx 7は新たなツール・機能群の提供により企業のコネクティッド戦略において最も大きな効果生み出すことに貢献し、PTCの市場におけるリーダーシップと技術的な卓越性を高めます。

ThingWorx Utilitiesのツール群
ThingWorx Utilities(旧「ThingWorx Converge」)は、製品からのデータを管理、監視、抽出するツールを提供します。

コネクティッド・デバイス管理機能 – 企業が開発する新たなインテリジェント・デバイスの効率的な定義とプロビジョニング。コネクティッド・プロダクトの状態とパフォーマンスを可視化するカスタム・ダッシュボードの構築
アラート管理 – すべてのコネクティッド・プロダクトのアラートを可視化するカスタマイズ可能なインタフェースで、製品が想定通りに機能していない状況をより簡単に特定
リモートアクセスと制御 – ユーザーによるコネクティッド・デバイスの遠隔監視・管理と復旧が可能。オペレーター支援やトレーニングの提供等、様々なIoT製品のユースケースに対応
ソフトウェア・コンテンツ管理 – OS更新、アプリケーション・アップグレード、ソフトウェアパッチ等のデジタルデータをコネクティッド・デバイスに簡単、安全且つ確実に一括送信


最適なデバイスクラウド・プロバイダーを選択
PTCは、すべての顧客やパートナー、ベンダーがそれぞれのIoTの目標を達成するために活用できるオープンIoTプラットフォームを提供すべく、先日ThingWorxを主要パブリック・デバイスクラウドと連携させることを発表し、アマゾンウェブサービス(AWS)IoTとの連携を開始しました。AWSのデバイスクラウドを利用したコネクティッド・デバイスとのデータ送受信やデバイスのプロビジョニングが直接ThingWorxから実行できます。ThingWorxは他のデバイスクラウドとの連携も予定しており、企業が利用するクラウドプロバイダーとThingWorxの最適なコンポーネントを組み合わせることができます。

ThingWorx Analyticsによるデータ価値の向上
IoTの真の価値は、コネクティッド・デバイスにより生成および分析されるデータと、そのデータをエンドユーザーに対して活用可能な情報に変換する速さにあります。ThingWorx 7ではThingWorx AnalyticsをThing Model(モノのモデル)に直接組み込めるため、高度な分析、予測、推奨内容がThingWorxベースのソリューションの中で簡単且つ迅速に構築できます。

開発者向けの改善
ThingWorx 7は最新のプラットフォーム・コンポーネントにアップグレードされ、コネクティッド・プロダクト用のアプリケーションをより簡単に開発できるようになりました。ThingWorx 7では、EclipseやGit等の好みの開発ツールやソースコード管理ツールを使用してIoTソリューションの試作や実験が迅速に行える環境が構築できます。

IDC IoT担当VPのキャリー・マギリブレー(Carrie MacGilivray)氏は「PTCは、これらThingWorxの改善によりIoTプラットフォームの提供において大きな進化を遂げています。ThingWorxは、ユーザー企業と開発者の両者に包括的テクノロジー群をさまざまなクラウドサービスと組み合わせて提供することで、この競争の激しい市場における地位を高めています」と述べています。

PTCテクノロジープラットフォームグループ プレジデントのロブ・グレムリー(Rob Gremley)は「ThingWorx 7には多くの新機能が盛り込まれ、開発者は大きな効果をもたらすIoTアプリケーションの試作・開発をより簡単に行えます。ThingWorxはオープンかつ柔軟性の高いプラットフォームであるため、開発者は自身が利用したいツールを使って既存デバイスクラウドインフラで動作するソリューションを開発できます。世界がスマート・コネクティッド・プロダクトやスマート・コネクティッド・システムの方向に進んでいる中、ThingWorx 7は企業によるIoTアプリケーション開発を加速し、企業のIoT投資による価値実現に貢献します」と述べています。


<その他の情報>
- ThingWorx IoTプラットフォームについて
リンク

- PTC Internet of Things
リンク

- ThingWorx デベロッパー ゾーン
リンク

- 「LiveWorx(R) 2016」は6月6日~9日にボストンで開催されます。製品デザイン、製造、サービスに関わる方々や、製品(モノ)の可能性を解き放つアプリケーションやエクスペリエンスを開発する方々向けのイベントです
リンク


【PTCについて】
PTC(NASDAQ: PTC)は企業がモノのインターネット(IoT)の「モノ」の開発、運用、サービスを変革するテクノロジー プラットフォームやソリューションをグローバルに提供する企業です。PTCの次世代ThingWorx(R)テクノロジー プラットフォームは、スマート コネクティッド プロダクツやシステムが生み出す膨大な量のデータを記録、分析、活用するためのツールを開発者に提供します。PTCの実証済みソリューションは製品またはサービスの優位性を生み出すべく世界28,000社以上で導入されています。業界のソートリーダーとして認知され、さまざまな受賞歴を有するPTCのCEOはIoTがビジネスにもたらす影響に関する明確な指針をHarvard Business Review誌に共著しています。Harvard Business Review誌の記事:リンク

【PTCジャパンについて】
米PTCの日本法人(本社:東京都新宿区)。CAD、製品ライフサイクル管理 (PLM)、アプリケーション ライフサイクル管理 (ALM)、サプライチェーン管理 (SCM)、サービス ライフサイクル管理 (SLM) 、モノのインターネット (IoT) の各テクノロジー ソリューションにより、製造業における顧客企業を支援。拡張性と相互運用性に優れた製品設計ソフトウェア群の PTC Creo、製品とサービスのライフサイクル全体にわたる製品コンテンツと業務プロセス一元管理のPTC Windchill、ソフトウェア要件管理/変更・構成管理/テスト管理/実装管理のPTC Integrity、技術情報の作成・管理・提供を合理化するダイナミック パブリッシング システムの PTC Arbortext、技術情報/サービスナレッジ管理/補修部品管理/保証・契約管理/フィールド サービス管理/サービス物流管理のPTC Servigistics、工学技術計算の設計と文書化を同時に行える PTC Mathcad、IoTアプリケーション プラットフォームのThingWorx、といった革新的なソフトウェア製品と、製品開発業務プロセス改革コンサルティング、製品教育サービス、テクニカルサポートを提供しています。
1992年3月設立。国内4事業拠点。Webサイト:リンク

将来予想に関する記述
本報道関係者向け発表には予想される製品リリースに関する将来の情報が含まれています。製品リリースに関する発表は、時期や、製品の特徴、機能などについては、PTCの裁量により変動する可能性があります。

PTCのソーシャルメディアは、以下のURLよりフォロー、ご視聴いただけます。
PTCソーシャルメディア: リンク
Twitter: リンクリンク
YouTube: リンク
LinkedIn: リンク
Facebook: リンクリンク

* PTCの社名、ロゴマーク、ThingWorxおよびすべてのPTC製品の名称は、PTC Inc.(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。その他、記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。


以上

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。