logo

「MOLECULAR FRONTIERS SYMPOSIUM 2016 」が東京理科大学で日本初開催 -- 高校生を対象に世界各国のノーベル賞受賞者らが最先端の分子科学を講演

東京理科大学 2016年05月20日 08時05分
From Digital PR Platform


10月9日(日)~10日(月・祝)にかけて、東京理科大学(学長:藤嶋昭)で日本初となる「MOLECULAR FRONTIERS SYMPOSIUM 2016 」(以下MF)が、同大総合研究院の黒田玲子教授を議長として開催される。これは、鈴木章先生、天野浩先生、野依良治先生をはじめ、世界各国から招請したノーベル賞受賞者ら著名な科学者が、最先端の分子科学および世界レベルの科学に関する講演を行うもの。参加対象は高校生。講演・パネルディスカッション等は全て英語で行われるほか、ノーベル賞受賞者との対話の機会を設けるなど、世界トップレベルの“科学”を体感することができる。次世代を担う科学に強い関心のある高校生の応募を受け付けている。事前登録締切:6月15日(水)、応募書類締切:7月1日(金)必着。


 今秋、東京理科大学で、日本初となる「MOLECULAR FRONTIERS SYMPOSIUM 2016 」(以下MF)が、黒田玲子教授(東京理科大学 総合研究院)を議長として開催される。MOLECULAR FRONTIERS FOUNDATION(MFF)は、2006年に世界の分子科学の認知向上を目的に設立された、スウェーデン王立科学アカデミー(Kungliga Vetenskapsakademien:KVA)によって運営される非営利団体。私たちの日常や地球に関するさまざなテーマに沿って毎年シンポジウムを開催しており、これまでにストックホルム、ヨーテボリ、韓国、シンガポールなどで実施してきた。
 日本では初の開催となる今回のテーマは、“Molecules and Our Healthy Life”(分子と健康的な生活)。ノーベル賞受賞者のAda Yonath先生、Y.T.Lee先生、鈴木章先生、天野浩先生、野依良治先生を含め、世界各国から招請した著名な科学者が講演等を行う。

 世界トップレベルの“科学”を体感することができる同シンポジウムの参加対象は高校生。将来、国際的に活躍する科学者を目指す若者の積極的な応募を受け付けている。開催概要は以下のとおり。

・「MOLECULAR FRONTIERS SYMPOSIUM 2016」PDF
 リンク

※シンポジウム当日は報道関係の皆様のお席を設ける所存です。こちらについては別途、詳細が決まり次第ご連絡させていただきます。

■「MOLECULAR FRONTIERS SYMPOSIUM 2016」(モレキュラー・フロンティア シンポジウム2016)開催概要
【テーマ】 “Molecules and Our Healthy Life“
【使用言語】 英 語
【会 場】 東京理科大学神楽坂キャンパス 東京都新宿区神楽坂1−3
【参加募集人数】 
 150名/応募多数の場合には抽選となります。
 次世代を担う科学に強い関心を持ち、本シンポジウムの内容を理解し、積極的にコミュニケーションできる英語力のある高校生
【参加費】 
 無 料 *会場までの交通費は参加者負担となります。
 (本学宿泊施設利用希望の場合、10/9の宿泊費用は無料)
【申込締め切り日】 事前申込2016年6月15日(水)、書類2016年7月1日(金)必着
【応募方法】 ホームページよりお申し込み下さい( リンク
【お問い合わせ先】 
 東京理科大学MF2016シンポジウム準備事務局
 TEL: 03-5228-8726/平日8:30~12:45、13:45~17:00
【講演者・MFメンバー等(敬称略)】
 ・Ada Yonath  2009年ノーベル化学賞受賞
 ・鈴木 章  2010年ノーベル化学賞受賞
 ・天野 浩  2014年ノーベル物理学賞受賞
 ・野依 良治 2001年ノーベル化学賞受賞
 ・Y.T.Lee 1986年ノーベル化学賞受賞
 ・黒田 玲子  MF2016議長 / 東京理科大学教授
 ・Bengt Norden (※1) MFF(MOLECULAR FRONTIERS FOUNDATION)議長
 ・藤嶋 昭   東京理科大学学長
 ・大峯 巖  分子科学研究所前所長
 ・秋山 仁    東京理科大学教授
 ・高見澤 聡 横浜市立大学教授
 ・Susan Lindquist マサチューセッツ工科大学教授
 ・藤吉 好則   名古屋大学特任教授
 ・Pernilla Wittung-Stafshede チャルマース工科大学教授
 ・Per Thoren (※2)  COO of Molecular Frontiers Foundation
 ・Asa Rensfeldt (※3)  Lead Organizer of Molecular Frontiers Inquiry Prize
(注)講演者の英文表記について
 (※1)「Norden」のeはアクサンテギュが付く
 (※2)「Thoren」のeはアクサンテギュが付く
 (※3)「Asa」のAは文字の上に○が付く(オングストローム記号)
主 催: 東京理科大学
共 催: MOLECULAR FRONTIERS FOUNDATION(KVAが母体)、
国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)
協 賛: 宇部興産株式会社、株式会社クラレ、JSR株式会社、東京応化科学技術振興財団、東レ株式会社、豊田合成株式会社、光科学技術研究振興財団 等
後 援: 文部科学省(予定)、在日スウェーデン大使館 等
<プログラム(予定)>
○10月9日(日)
 9:00~9:20 開会式 Bengt Norden (※1)(MFF議長)/MFについて
 黒田 玲子(MF2016議長) /MF2016の主題
 来賓挨拶
■光と分光学
 9:20~10:05 藤嶋 昭「光触媒とCO2削減」
 10:05~10:50 天野 浩「LEDで地球を照らす」
■水
 11:15~12:00 藤吉 好則「脳は水でいっぱい」
 12:00~12:45 大峯 巖「水ってどう変わるの?」
■科学技術と私たちの暮らし・環境
 14:00~14:45 野依 良治「私はどこから来たのか?あなたはどこへ行くのか?」
 14:45~15:30 Y.T.Lee 「ダイナミックな化学反応と持続可能な人類の発展」
■Inquiry Prize(質問賞)発表式
 16:00~16:50 プレゼンター:Per Thoren (※2)、Asa Rensfeldt (※3) 
■算数・数学スペクタルショ―(東京理科大学数学体験館にて)
 16:50~18:00 秋山 仁
■参加者交流会
 18:30~19:30
○10月10日(月・祝)
■生命の分子
 9:00~9:45  Ada Yonath「微生物と人との関わり(医療・環境面)」
 9:45~10:30  Susan Lindquist「病気と闘う 化学と『驚きの生物学』」
 10:30~11:15  Pernilla Wittung-Stafshede「生死に関わるタンパク質の立体構造」
■人に役立つ分子
 11:45~12:30  鈴木 章「人類に役立つ科学の例 - 有機ホウ酸カップリング反応」
 13:45~14:30  高見澤 聡「『形状記憶』する金属のように振舞う有機化合物」
■パネルディスカッション「分子科学の未来」
 14:30~16:00 
■閉会式
 16:00~16:15

▼本件に関する問い合わせ先
 東京理科大学 広報課 担当 小原・石黒
 TEL: 03-5228-8107 
 FAX: 03-3260-5823
 E-mail: koho@admin.tus.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。