logo

千葉銀行とYappliを提供するファストメディアがフィンテック事業で協業「ちばぎんアプリ」の提供を6月下旬に開始予定

ファストメディア株式会社(東京都港区、代表取締役:庵原保文 以下「ファストメディア」)は、株式会社千葉銀行(本店:千葉県千葉市、取締役頭取 佐久間 英利)とフィンテック(革新的な金融IT技術)を活用したスマートフォン向けアプリの分野で協業することとしましたので、お知らせいたします。



千葉銀行は、スマホアプリをオムニチャネル化の重要な起点と位置付けており、今回、ファストメディアのクラウド型アプリプラットフォーム「Yappli」の機能・サービス・サポート等に関して、「高品質」で「高度な機能」のスマホアプリを「カンタンに導入」できる点等が高く評価され、採用されたものです。

開発中の「ちばぎんアプリ」には、キャンペーン情報やお知らせを最適な場所・最適なタイミングでお届けする位置情報連動型プッシュ通知のほか、店舗やATM・ちばぎんパートナー店舗の検索、千葉銀行のCM動画や広報誌「Lounge(ラウンジ)」の閲覧といったアプリならではのさまざまな機能を搭載し、6月下旬の提供開始を予定しております。また、千葉銀行では、「Yappli」を活用し、「金融機能を基本とした便利で多機能なスマホアプリ」を提供すべく、順次、機能を拡張していく予定です。
[画像: リンク ]


ファストメディアは、代表 庵原がシティバンク出身、取締役 佐野がYahoo!ファイナンスのiosアプリ開発者という経営陣で構成されており、フィンテック分野に関する知見も豊富であることから、今後もフィンテックサービスとしてのアプリ提供を積極的に行っていく予定です。

<Yappliについて>
「Yappli(リンク)」はスマートフォン時代のクラウド型アプリプラットフォームとして福岡ソフトバンクホークス、ヤフー株式会社、新生銀行、日本ロレアル、など多くの国内トップ企業に採用されています。Yappliは充実したテンプレートの中から、わかりやすいUIを持ったさまざまな機能を選択するだけでネイティブアプリを制作できます。アプリ公開後もマニュアル不要の管理画面からドラッグ&ドロップするだけで直観的にiPhone、Androidのアプリを更新できます。

・高品質
高品質なiPhoneとAndroidのネイティブアプリ*を同時提供。
*アプリ専用のプログラム言語で作られたネイティブアプリは、html5で作られたハイブリッドアプリよりも高速で快適に動作します。

・カンタン導入
ブラウザ上で機能を選んでiOSとAndroidを一括で制作することができ、最短1か月でストア公開が可能です。

・高度な機能
プッシュ通知、ジオプッシュ、クーポン、GPS店舗サーチなど、販促・集客に効くアプリならではの機能が満載です。

・分析
ユーザーのアプリ閲覧状況やエリア情報、クーポン利用回数から問い合わせ回数まで、詳細な利用者分析が可能なため、費用対効果を把握できます。

・クラウド
OSバージョンアップや新機能の追加がクラウドから自動で行われ、常に最新のソフトウェアをご利用いただけます。

・国産サービスとしての安心のサポート体制
Yappliは純国産のソリューションならではのきめ細やかなサポート体制を整えています。技術チームやサーバも全て国内のため万が一のトラブルでも安心です。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。