logo

全仏オープンを運営するフランステニス連盟のウェブサイトやオンラインチケットストアへCDNを導入、事例を発表

CDNetworks 2016年05月19日 10時20分
From PR TIMES

世界中からのアクセスが殺到する観戦チケット発売日でも止まらないウェブサービスを提供

シーディーネットワークスは、全仏オープンを運営するフランステニス連盟のウェブサイトやオンラインチケットストアへCDN導入して世界中からのアクセスが殺到する観戦チケット発売日でも止まることのないスムーズなウェブサービスの提供をサポートした事例を発表



[画像: リンク ]



株式会社シーディーネットワークス・ジャパン(本社:東京都新宿区、以下CDNetworks)は、フランステニス連盟(本部:フランス・パリ、以下FFT)のウェブサイト、および全仏オープンのオンラインチケットストアへCDNetworksのCDN「コンテンツ・アクセラレーション」と「クラウド・ストレージ」を導入し、世界中からのアクセスが殺到する観戦チケット発売日でも止まることのないスムーズなウェブサービスの提供をサポートした事例を発表します。

導入前課題:
世界中からのアクセスが殺到する観戦チケット発売開始後の数日間について、安定したウェブサイトの運用ができるシステム構築が必要とされていた

導入後効果:
- アクセス集中時でも安定したウェブサイトの運用ができるようになった
- CDN配信プラットフォームがFFTサーバに変わってコンテンツを配信するため、運用負荷が減り業務効率化につながった

選ばれた理由:
- 世界中へ高速なウェブサービスを提供することができる配信能力を有している
- 突発的なアクセス集中が起きても耐えうる配信キャパシティを有している
- 効果的で信頼性の高いコンテンツ配信プラットフォームを自社運用している

事例ページ:リンク

以上

‐ 導入されたCDNサービスについて –
■コンテンツ・アクセラレーション(グローバル配信)
リンク
ウェブサーバの負荷を下げ、表示を高速化する最も一般的なCDNサービスです。画像・動画・FLASHなどの静的コンテンツを、CDNetworksのグローバルなプラットフォーム上のエンドユーザにもっとも近いエッジサーバにキャッシュして配信することで、ウェブサイトの高速化・安定化・信頼性向上を実現します。配信距離が長い、配信するコンテンツが大量、大量のアクセスによりサーバや回線の負荷が高い、といった問題を抱えているウェブサイトの負荷軽減と表示速度の高速化に役立ちます。

■クラウド・ストレージ
リンク
膨大な量のデジタル資産を保管し、コンテンツ・アクセラレーションと組み合わせることで、エンドユーザに対して高速配信するサービスです。保管するコンテンツの数やデータ量に制限がなく、高い拡張性を実現。さらに複数のストレージに複製され、優れた安定性を確保しています。

About CDNetworks
CDNetworksは、コンテンツ・デリバリ・ネットワーク(CDN)サービス専門企業として、世界中に分散配置する200を超える配信拠点(PoP)において日々40,000以上のウェブを高速化しています。独自開発のグローバル高速配信プラットフォームを活用した大規模なサービス力で、エンタープライズ・アドテク・ソフトウェア・eコマース・ハイテク・メディアおよびゲームなど幅広い業界のお客様へサービスを提供しています。中国や東南アジア、そしてインド、中東、ロシア、アフリカ、中南米などの新興市場においても自社PoPによって企業のグローバルな配信をサポートしている、唯一の、そしてアジア最大級のグローバル企業です。2000年に設立されたCDNetworksは、日本・韓国・中国・シンガポール・英国、そして米国にオフィスを構えています。詳細については、リンクをご覧ください。

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事