logo

A-YST*IIサブウーファーのハイエンドモデル「NS-SW1000」に黒鏡面ピアノブラック塗装のカラーバリエーションを追加 ヤマハ サブウーファー『NS-SW1000(BP)ピアノブラック』

株式会社ヤマハミュージックジャパン 2016年05月17日 17時03分
From PR TIMES

ヤマハ株式会社は、出力1kWのデジタルパワーアンプやツイステッドフレアポート採用の高剛性・重量級キャビネット、ダブルマグネット搭載30cmウーファーユニットなどを採用したヤマハA-YST IIサブウーファーのハイエンドモデル「NS-SW1000」に黒鏡面ピアノブラック塗装仕上げのカラーバリエーションを追加し、「NS-SW1000(BP)ピアノブラック」の名称で6月上旬から全国で発売いたします。
*:アドバンスド・ヤマハ・アクティブサーボ・テクノロジー(空気そのものを振動板として利用する“エア・ウーファー”の考え方に基づき、上質な重低音を効率的に再生するヤマハ独自の低音再生技術)の略。



[画像1: リンク ]



▼製品情報ページ『NS-SW1000(BP)』
リンク


<価格と発売時期>
■品名:サブウーファー
■モデル名:NS-SW1000
■色:(BP)ピアノブラック
■本体価格:220,000円(税抜)
■当初月産予定台数:300台
■発売時期:6月上旬

<製品の概要>
今回発売する「NS-SW1000(BP)ピアノブラック」は、A-YST IIサブウーファーの新たなハイエンドモデルとして昨年6月に発売した「NS-SW1000(B)ブラック」の外装色を黒鏡面ピアノブラック塗装仕上げにしたカラーバリエーション製品です。映像などの映り込みを考慮して光沢を抑えた黒色エンボスラミネート仕上げとした「NS-SW1000(B)ブラック」に対して、「NS-SW1000(BP)ピアノブラック」の黒鏡面ピアノブラック塗装仕上げはヤマハピアノと同等の塗料と塗装・研磨工程による華やかで深みのある光沢を特長とし、Soavoシリーズ*のスピーカーシステムやS3000/S2100シリーズのオーディオコンポーネントとのデザインマッチングを図ることができます。
*Soavoシリーズのサブウーファー「NS-SW901(BP)ピアノブラック」も引き続き販売いたします。

<主な特長>
1.ヤマハピアノと同等の塗料と塗装・研磨工程による黒鏡面ピアノブラック塗装仕上げ
2.ヤマハオリジナルデバイスや大型アナログ電源などにより、圧倒的パワーと表現力を両立する1kWデジタルパワーアンプ
3.ポートノイズを防いで低音のレスポンスを高め、A-YST II方式のメリットを最大限に引き出すツイステッドフレアポート
4.正確でパワフルなロングストローク駆動を実現するダブルフェライトマグネット採用30cmウーファーユニット
5.操作性やデザイン性にも優れたフロントオペレーション方式の高剛性・重量級エンクロージャー*(キャビネット)
6.幅広い使いこなしに応えるB.A.S.S.モードスイッチとシステムコントロール端子
*ウーファーユニットを納める筐体。

[画像2: リンク ]



▼製品情報ページ『NS-SW1000(BP)』
リンク


■本件に関する一般の方のお問い合わせ先
株式会社ヤマハミュージックジャパン
カスタマーサポート部
お客様コミュニケーションセンター オーディオ・ビジュアル機器ご相談窓口
〒430-8650 静岡県浜松市中区中沢町10-1
TEL:0570-011-808(ナビダイヤル:全国どこからでも市内通話料金)
TEL:053-460-3409(上記番号でつながらない場合)

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。