logo

トップライン市場データ 2015年会計年度医療用医薬品市場、2013年度以来の2年ぶりの10兆円超。

アイ・エム・エス・ジャパン株式会社 2016年05月17日 10時03分
From 共同通信PRワイヤー

2016年5月17日

アイ・エム・エス・ジャパン株式会社

IMSジャパン トップライン市場データ
2015年会計年度(2015年4月-2016年3月)医療用医薬品市場、
会計年度としては2013年度以来の2年ぶりの10兆円超。

●2015年会計年度(2015年4月-2016年3月)上位10製品では、2015年発売のC型肝炎治療薬「ハーボニーハイゴウ」が売上首位、「ソバルディ」が2位にランクイン。2016年第1四半期でも両剤ともに同順位。
●ギリアド・サイエンシズが2015年会計年度(2015年4月-2016年3月)は4,201億82百万円で、販売会社レベル**で6位、販促会社レベル**で5位にランクイン。
●2016年第1半期(1月-3月)の上位10薬効*で売上2位の抗腫瘍剤では、売上トップは「アバスチン」で前年比10%増、「オプジーボ」が前年比1,230%増で薬効内2位にランクイン。


2016年5月17日、アイ・エム・エス・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宇賀神史彦)は、2015年会計年度(2015年4月-2016年3月)と、2016年第1四半期(1月-3月)の日本医療用医薬品市場(薬価ベース)を、「IMSジャパン トップライン市場データ」として発表しました。
IMSジャパンは、日本のヘルスケア産業の発展と透明性の創造、および社会の皆様に日本のヘルスケア市場についての理解を深めていただくため、市場規模や薬効、製薬企業および医薬品の売上、処方、疾病に関するトップラインデータをメディアや医療・医学の研究に携わっている学術研究機関に提供しています。トップラインデータを開示することで、弊社は皆様と情報の共有化を図り、日本のヘルスケアの発展に貢献したいと考えています。


【2015年会計年度(2015年4月-2016年3月)】日本医療用医薬品市場トピックは以下の通りです。
●当該期間の日本医療用医薬品市場は、10兆8,377億85百万円(前年比8.8%)で、会計年度では2013年以来2年ぶりに10兆円を超えました。
●上位10薬効*では、売上トップがL01抗腫瘍剤で8,511億96百万円(前年比12.2%)でした。J05全身性抗ウイルス剤が6,743億71百万円(前年比185.9%)で2位につけ、前年度2位のC09レニン-アンジオテンシン系作用薬は3位になりました。
●販売会社レベル**の上位は、1位が武田薬品工業6,795億82百万円(前年比-0.6%)、2位がアステラス製薬6,339億26百万円(前年比-0.7%)、3位が第一三共6,288億77百万円(前年比6.2%)でした。ギリアド・サイエンシズは4,201億82百万円で6位にランクインしました。
●販促会社レベル**の上位は、1位がファイザー6,144億76百万円(前年比2.3%)、2位が武田薬品工業4,938億98百万円(前年比-3.9%)、3位が第一三共4,837億55百万円(前年比3.1%)でした。ギリアド・サイエンシズは4,201億82百万円で5位にランクインしました。
●上位10製品では、15年発売のC型肝炎治療薬「ハーボニーハイゴウ」が2,693億4百万円で1位、「ソバルディ」が1,508億79百万円で2位でした。

【2016年第1四半期(1月-3月)】日本医療用医薬品市場トピックは以下の通りです。
●当該期間の日本医療用医薬品市場は、2兆6,891億97百万円、成長率は前年比9.8%でした。
●上位10薬効では、売上2位のL01抗腫瘍剤の薬効内トップの「アバスチン」(前年比10.0%)に続き、「オプジーボ」(前年比1,228.5%増)が2位にランクインしました。
●上位10製品では、15年発売のC型肝炎治療薬「ハーボニーハイゴウ」が1,516億65百万円で1位、「ソバルディ」が390億82百万円で2位でした。

*IMSジャパンの「日本医薬品市場統計」における「薬効」はATC分類に準拠しています。
「ATC分類(Anatomical Therapeutic Chemical Classification)は、薬の消費量に関する国際的な統計を取るために考案された医薬品の分類法。WHOの医薬品統計法共同研究センター(Collaborating Centre for Drug Statistics Methodology)で統括管理されている。薬効、作用部位・器官および化学的特徴によって5段階レベルで分類され、原則的に一成分の主薬効に対して1つのコードが付与される。」(公益社団法人 日本薬学会 「薬学用語解説」より抜粋)

**IMSジャパンの「日本医薬品市場統計」における「販売会社レベル」と「販促会社レベル」の定義は以下の通りです。
・販売会社レベル:卸店に対して製品を販売し、その代金を回収する機能を持つ製薬企業。
・販促会社レベル:MRによる学術宣伝を通じて販促活動を行なっている製薬企業。

詳細は下記プレスリリースをご参照ください。
リンク


IMS Healthについて
ヘルスケア・パフォーマンス向上のために、統合されたソリューションを生み出す
IMS Healthは、ヘルスケア業界のお客様に、情報・テクノロジーサービスを提供するグローバルリーディングカンパニーです。End to Endのソリューションで業務実績の評価測定・向上に貢献します。クラウドプラットフォーム「IMS One(TM)」上にある10ペタバイト超の複雑な医療データは、7,500人のサービスエキスパートによって統合され、様々に設定可能なSaaS型アプリケーションを駆使することで「疾病・治療・コスト・アウトカム」に関する独自の知見を導き出すことができます。世界100カ国で活動する15,000人の社員が、お客様の業務効率の改善をサポート。グローバルな一貫性とローカルな市場での深い知識を融合させて取り組んでいます。主な取引先は、製薬・一般用医薬品・医療機器の各メーカーや販売会社、そして医療提供者、保険者、政府機関、政策立案者、研究機関、金融機関など、多岐にわたります。 IMSジャパンはIMS Healthの日本法人です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事