logo

熊本地震における被災動物の支援として、飼い主とペットを繋ぐ迷子札を提供 -- ヤマザキ学園大学

ヤマザキ学園大学 2016年05月17日 08時05分
From Digital PR Platform


学校法人ヤマザキ学園(東京都渋谷区松濤2-3-10、理事長:山崎薫)は、熊本地震における被災動物の支援として、飼い主とペットを繋ぐ迷子札を提供した。


 学校法人ヤマザキ学園は、熊本県を中心に発生した一連の地震における支援の一環として、被災した飼い主とペットが離ればなれにならないように連絡先を記載できる迷子札を提供した。

 この迷子札は、ヤマザキ学園大学およびヤマザキ動物専門学校が共同で運営する「ボランティアクラブ」を通じて、熊本県動物管理センター(熊本市東区戸島町2591)に1,000個無償で提供された。

 同クラブは1991年の発足以来、飼い主連絡先の明示が十分でない場合、災害時に保護されたペットが飼い主の元に戻る確率が低くなるという状況に鑑み、同学園のスクールマークである「あしあとマーク」をデザインした名札を提供する活動を続けてきた。

 今般発生した熊本地震においても、提供する準備を進めていたところ、このたび環境省より正式に要請を受けたため送付することになった。なおこの迷子札は、避難所や熊本県内の保健所のほか、仮設住宅での配布も予定されている。

 同学園では動物愛護の観点から、このたびの震災で被災した動物とその飼い主に対する支援活動を引き続き推進していく。

▼本件に関する問い合わせ先
 学校法人ヤマザキ学園 
 理事長室 広報課 担当:長渕
 東京都八王子市南大沢4-7-2
 TEL: 042-653-0511
 FAX: 042-653-0512

【リリース発信元】 大学プレスセンター リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事