logo

ナショナル・エレクトリック・ビークル・スウェーデン、Minervaを導入パートナーにArasをグローバルなPLMのバックボーンとして選択

世界的自動車メーカーが柔軟で拡張性の高いPLMプラットフォームを導入し、開発から製造、サービスまでグローバルなプロセスをサポート

エンタープライズ・プロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソフトウェアの次世代リーディングカンパニーであるArasは、本日、電気自動車およびサスティナブル・モビリティサービスを開発するホールディングカンパニー、ナショナル・エレクトリック・ビークル・スウェーデン(National Electric Vehicle Sweden、以下Nevs)が、同社のグローバルなPLMバックボーンとしてAras Innovator®を選択したことを発表しました。Nevsはコンセプト段階から製品開発、製造、サービスに至るまでの車両向け構成およびバリアント管理にPLMバックボーンを導入します。

Nevs社のAras導入決定のポイント:
・ 製品ライフサイクル全体にわたる製品情報記録および統合変更管理のためのシステムとして必要な機能を備えたソリューション
・ 複雑なエンジニアリング業務における課題、特にエレクトロニクス、ソフトウェアおよびメカニカル設計間の調整に柔軟に対応できるプラットフォーム
・ 設計、製造およびサービスに関する既存のシステムとの確実な統合
・ 今日そして将来を見据えた製品イノベーションのためのPLMへのしなやかなアプローチを可能にするカスタマイズやアップデートの容易さ

「Nevsは、革新的な電気自動車の開発とビジネスプロセスの転換を同時に進めています」と、Aras CEOのPeter Schroerは述べています。「電気自動車の設計および開発を一旦白紙の状態に戻し、Business of Engineering(ものづくりビジネス全体の効率化)を再検討する機会です。」

「Nevsの今回の選択は、革新的な製品を開発しようとする世界の企業が更なる成果のためにPLMへの新たなアプローチが必要であると認識している証しです」と、MinervaのVPであるLeon Lauritsenは述べています。「当社の導入パートナーであることを嬉しく思います。そして、この導入が高度に最適化されたPLMソリューションのベンチマークのひとつとなると信じています。 」

【ナショナル・エレクトリック・ビークル・スウェーデンについて】
ナショナル・エレクトリック・ビークル・スウェーデン(National Electric Vehicle Sweden, Nevs) は、真に魅力ある電気自動車を体験していただけるモビリティサービスを世界中のお客さまに提供しています。スウェーデンのトロルヘッタンに本社を置き、自社製品およびグローバル顧客向けにエンジニアリング業務を提供する極めて効率的な工場を有しています。また、中国資本の協力のもと、製造およびR&Dの合弁事業を天津・浜海のハイテク地区で展開しているほか北京にブランド体験センターがあります。リンク

【Minervaについて】
1996年の設立以来、MinervaはPLMおよびERPのエンタープライズ向けソリューションの開発・導入に特化しています。ヨーロッパ最大のAras Innovator導入パートナーとして、PLMサービス、開発支援ツール、インテグレーションおよび製造業向けソリューションを幅広く提供しています。Minervaはお客様と密に連携しながらオペレーションの非効率を改善し、その見識と高い専門性で成果を牽引し、お客さまがビジネスの目的を達成できるようサポートします。詳細は、リンクをご覧ください。

【Arasについて】
Arasは、複雑な製品・プロセス構造に悩むグローバル企業にベストなプロダクト・ライフサイクル・マネジメント (PLM) ソフトウェアを提供しています。高い拡張性、柔軟性、アップグレード性を備えたそのレジリエント(しなやか)なプラットフォーム技術は世界の大手企業に採用されており、Business of Engineeringを実現するための機能として必要なアプリケーションも完備しています。Airbus、GE、日立、ホンダ、川崎重工業、モトローラ、ゼロックスなど、世界中のビジネス顧客がArasを採用しています。Arasは米国マサチューセッツ州に本社を構えるプライベートカンパニーです。詳細に関してはウェブサイト リンク、Facebook リンク、および Twitter @ArasJapan をご覧ください。

ここに掲載されている製品名称やサービス名称はそれぞれ各所有者の登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。