logo

【藤田観光×川村学園女子大学】産学連携コラボレーション企画 婚礼需要の掘り起こしをテーマに「なし婚層」に向けた結婚式を企画

藤田観光株式会社 2016年05月16日 16時03分
From Digital PR Platform


藤田観光株式会社(代表取締役社長:瀬川 章)と川村学園女子大学(学長:熊谷 園子)は、昨年より産学連携の取り組みを進めており、このたび「結婚式」をテーマに同大学の学生が企画・プロデュースする結婚式を5月23日(月)ホテル椿山荘東京にて実施いたします。

本企画は、適齢期人口の減少とともに結婚式需要が低下している現状を踏まえ、結婚式を行わなかった「なし婚」層の掘り起こしを目的としております。当初は模擬結婚式として企画がスタートしましたが、同大学教員夫妻が実際に「なし婚」であったことに着目し、当日の新郎・新婦役に起用。同大学観光文化学科の学生14名が、新郎・新婦の要望をリサーチし、同ホテル婚礼スタッフのアドバイスも受けながら式のプログラムを策定いたしました。

当日は同大学の学生約40名のほか、他大学の学生も見学に参加。結婚式終了後には、同ホテルスタッフを交え「なし婚層」が理想とする結婚式について意見交換会を行います。また、当日の様子は動画撮影をし、後日「目白の森女子大学」(※)ホームページにて公開する予定です。

当社は本取り組みを行うことで、これから婚期を迎える学生が「結婚」について自ら考え、発信することで、将来的な結婚式の需要喚起に寄与する事を期待しており、また同大学は、「ブライダル産業論」などの科目を通じて学んできた理論を実践し、職業理解を深めることや、社会人基礎力向上なども目指しております。

今後も藤田観光株式会社と川村学園女子大学は、産学連携の取り組みを継続し、学生ならではのホテルの過ごし方や利用シーンなど新たな企画・商品を発信するとともに、さらなるサービス向上にも繋げてまいります。

(※1)目白の森女子大学:藤田観光と川村学園女子大学の産学連携コラボレーションによって生まれたインターネット上の大学。

■「目白の森女子大学」サイトはこちら
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。