logo

旅行情報の「&TRAVEL」リニューアル、買い物を楽しむ「&BAZAAR」も好評

株式会社朝日新聞社 2016年05月16日 15時26分
From PR TIMES

朝日新聞デジタルの無料ウェブマガジン「&」がさらに充実

株式会社朝日新聞社(代表取締役社長:渡辺雅隆)は5月16日、旅行関連ページを朝日新聞デジタルの 無料ウェブマガジン「&」の新サイト「&TRAVEL(アンド・トラベル)」としてリニューアルしました。( リンク
また、これまで朝日新聞デジタルで提供してきたショッピングページが「&BAZAAR(アンド・バザール)」( リンク )として新たに加わり、さらに内容が充実しました。




◆「&TRAVEL」で自分らしい旅づくり
新しい「&TRAVEL」は、旅には欠かせない「VISIT」「STAY」「FOOD」「GALLERY」の4カテゴリーに分類し、デザインを一新しました。国内だけでなく、海外旅行情報もさらに充実。かつては探検家しか見ることの出来なかった、息をのむような絶景が体験できる宿を案内する「極上のワイルドジャーニー」、女性の一人旅がますます楽しくなるコツや オススメの旅先を紹介する「おとな女子のひとり旅」、日本 各地の知られざる郷土料理や建築物、工芸品などを、それを育んだ街の歴史や風土とともに訪ねる「にっぽんの逸品を訪ねて」など、今すぐ旅に出たくなるようなコンテンツやワンランク上の旅情報をお届けします。サイト内にある「楽天トラベル」の検索を使えば、旅行のプランづくりからホテルの予約までを完了することが可能で、より便利に使いやすくなりました。
これまでの旅とはひと味違う、「+αの自分」に出あえる旅づくりに役立つマガジンを目指します。
[画像1: リンク ]



◆「&BAZAAR」で気になる一品との出会いを
4月に始まった「&BAZAAR」は、前身である朝日新聞デジタルのショッピングページからさらに内容が充実し、好評をいただいております。すてきな写真を撮るためのコツがわかる「写真のツボ」、おいしいコメの常識・非常識を探求する「お米のことはプロに聞け!」などの新連載で暮らしに役立つ情報をお伝えしながら、使うと日常がすこし豊かになる「ひとくふう」のあるアイテムをピックアップする「わたしの毎日道具」や、日本各地でつくられているたくさんのモノから、これぞ「日本代表」と呼びたいアイテムを紹介する「『日本代表』いい仕事品」、ヒット商品の理由が動画で丸わかりの「Monotube」など、魅力的な品物が見つかる連載もお届けしています。家電やデジタル製品、DIY製品について、実際の使い勝手や特徴を筆者が確かめる「使ってわかった」や、同じ分野の製品の比較記事「くらべて選んで」、編集部が選んだ新製品や話題の品について紹介する「Editors' Choice」などショッピングページの人気連載もさらに充実。著名人が思い入れのある品について語るコラムや、大手通販サイトの売れ筋ランキングも予定しています。
多彩なコンテンツの中をぶらりと歩いて、気になる一品を見つけられる、「市場(バザール)」のようなマガジンを目指します。
[画像2: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。