logo

天野喜孝氏・ヒャダイン氏・IMALU氏・D[diː] (ディー)氏など超豪華スタッフがお贈りする“女の子のための”王道RPG『Toys’ Parade』配信開始!

~「女の子のためのRPGは新鮮、現代の女の子にも受け入れられると思いました。」(天野喜孝氏)~

 株式会社ザッパラス(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長兼社長:玉置 真理)は、“女の子のための”王道RPG『Toys’ Parade(トイズパレード)』を配信開始しました。



[画像1: リンク ]



■ゲーム紹介
突然迷い込んでしまった、ふしぎな世界“ファンタジア”を救うために、リサと仲間たちがゲームに挑戦していきます。

●おはなしで感動
まるで絵本を読んでいるような感覚で楽しめるストーリーパート。面倒な操作も不要!オートプレイ(自動再生)で集中して物語を楽しむことができます。個性豊かなキャラクターたちが織りなす世界観にどっぷりはまってみてください。

●爽快むずおもパズル
キーアイテムをゲットしてゴールを目指す頭脳パズル。簡単なようで難しい、でも答えがわかると超スッキリ!解けたときの爽快感がクセになるむずおもパズルです。宝石の国やお菓子の国などおはなしとリンクした可愛いステージが登場。ヒャダイン作曲のオリジナルBGMがあなたをふしぎな世界へ誘います。

●音感はぐくむリズム
失われた音楽のかけらを集め、よみがえらせていくのがリサたちの役目。簡単操作でドキドキハラハラ楽しいリズムゲームで音楽を完成させよう!

[画像2: リンク ]



■ストーリー概要
探しものをしていた倉庫から、ふしぎな世界“ファンタジア”に迷いこんだリサ。
妖精フォンテに泣きつかれ、探しものと引き換えに、“果ての魔女”にかけられた呪いを解くことに。
犬から人間になった少年ノアと一緒に、失われた音楽をさがす旅に出た。

さまざまな出会いを経て、真の救世主“デサイファ”として世界を救うことを決意したリサは仲間たちとともに“果ての魔女”に挑む。
ケンカしながらも助け合う中でノアとの間に生まれた友情はいつしか恋心に変わっていった。

数々の試練と葛藤の末、自分にしかない力を見つけたリサを待ち受けていたのは………

誰にだってとりえはある。がむしゃらにがんばれば、きっと笑顔が待っている。
冒険の中で成長し、試練を乗り越え、自分らしい幸せを見つける女の子の物語。


■超豪華スタッフ陣が参加

[画像3: リンク ]



<キービジュアル、キャラクター原案(リサ・ノア)>
■天野喜孝氏
『ファイナルファンタジー』のキャラクターデザインを手がける日本を代表するイラストレーター。24時間テレビのTシャツデザイン、羽生結弦氏を描いたCDジャケット、HYDE氏を描いたアート展など幅広く活動。繊細で妖艶・幻想的な絵柄は日本に留まらず、世界中で人気を博している。


[画像4: リンク ]



<キャラクター原案>
■D[diː](ディー)氏
作家・イラストレーター・アーティスト。2000年のデビュー以降、小説、イラスト、絵画など多分野で作品を発表。近年は絵本出版や商業施設ラッピング、人気ブランドとのコラボやセルフブランドの開発、ラジオパーソナリティなど活動の幅を広げている。
リンク


[画像5: リンク ]



<楽曲提供>
■ヒャダイン(前山田健一)氏
3歳からピアノをはじめる。京都大学卒の異色の経歴を持つ音楽プロデューサー、作詞・作曲家、ミュージシャン。ももいろクローバー、郷ひろみ、SMAP、ゆずなどアイドルからJ-POPのメインストリームへの楽曲提供に加え、NHK「ワラッチャオ! 」「いないいないばあっ! 」などに子供向けの楽曲を提供している。


[画像6: リンク ]



<主題歌「きらりひかり」歌>
■IMALU氏
海外留学を経て、芸能界デビュー後、音楽、ファッションモデル、ラジオ、テレビと幅広く活動を行うマルチタレント。
現在は、音楽活動を精力的に行っており。持ち前の歌唱力・英語の発音の良さから、洋楽のカバー曲などは高い評価を受けている。


■天野喜孝氏コメント
このたびは、「Toys’ Parade」のリリースおめでとうございます。

初めてお話を伺った際、現代を生きる母娘が一緒に楽しめる、ストーリーと音楽を軸とした作品のメインビジュアルを書いて欲しいとご依頼いただきました。

詳細なストーリーや世界観を聞いていくうちに、「女の子のためのRPG」というキーワードが浮かびました。

従来のRPGは男性・男の子の目線で作られていくことが多く、「女の子のためのRPG」という概念は新鮮であり、現代の女性・女の子にも受け入れられると思いました。

メインビジュアルでは、Toys’ Paradeが世の中に提案する数々の個性豊かなキャラクターやファンタジーの世界を、現代を生きる女の子自身が自分を投影し、心から冒険にワクワクするようにと思いを込めて表現しました。

メインビジュアル納品後も、制作チームでは「女の子のためのRPG」というワードを大切にして、細部に渡り作品を作り上げていかれたと聞いており、楽しみです。

豪華クリエイティブスタッフと開発陣の皆の想いが詰まったタイトル「Toys’ Parade」を通じて、現代の女の子たちそれぞれが自立しながら成長し、そして母娘の絆がさらに深まっていくことを願っています。

[画像7: リンク ]



■アプリ概要

[表: リンク ]


プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。