logo

除雪作業の安全性向上とコスト抑制を支援する 「スマート除雪ナビ」を5月16日に発売!~オペレータの高齢化、人手不足に一役~

日本キャタピラー 2016年05月16日 11時00分
From PR TIMES

Cat製品のカスタマイズを行う キャタピラー・ソリューション・エンジニアリング 

 Catブランドの建設機械・ディーゼルエンジン等の販売・サービスを手掛ける日本キャタピラー(本社:東京都中野区、会長兼CEO:矢口教)は、グループの一員であるキャタピラー・ソリューション・エンジニアリング株式会社(本社:神奈川県高座郡、社長:鎌田康生)が、日測技研株式会社(本社 :北海道札幌市、社長:及川雅博)と共同で開発した、除雪障害物回避/安全運行補助システム「スマート除雪ナビ」を2016年5月16日(月)に発売することをお知らせします。



[画像1: リンク ]



 「スマート除雪ナビ」は、 Windowsタブレット型端末上に夏場の画像を表示し、除雪車が除雪の障害物に接近すると警報を発する安全システムです。
 安全性の向上と衝突による人身事故、車両の破損、道路等のインフラ破損を低減させ、除雪にかかるコスト抑制を目的に開発しました。
 本システムは、道路情報を予め登録することで経験の少ないオペレータのサポートや悪天候下での作業を支援し、道路除雪作業において問題となっているオペレータの高齢化、人手不足などの問題解決を図ります。

■道路除雪オペレータ不足が深刻化!進む高齢化を危惧
 日本建設機械化協会北陸支部が実施した北陸3県(新潟、富山、石川)の直轄地方自治体における道路除雪施工会社の実態調査で、 「51才以上」の除雪オペレータの割合が47%に達しました(平成21年度) 。また、除雪オペレータの充足状況についても、「豪雪時に不足」が54%、「交代要員を考えると不足」が20%との結果が出ています。「景気停滞の中、人件費を抑えるために1交代制にしている」などの声もあり、オペレータの不足が深刻化しています。
[画像2: リンク ]



■ 「スマート除雪ナビ」概要
1. マンホール/橋梁ジョイントを予め正確に登録
  接近警告機能により運転手の怪我、道路構造物、車両破損リスクを低減します。
2. 経験の少ないオペレータをサポート
運行ログ機能により作業現場を覚えるトレーニングツールとしても活用が可能です。
3. 夜間、悪天時の現場状況把握を支援
4. データ複数台割引などリーズナブルに導入することによりコスト低下が実現
販売標準価格:システムハード一式 98万円(税別)
※ハードとともにお客様の除雪エリアごとのデータが別途必要となります。

■キャタピラー・ソリューション・エンジニアリング株式会社とは
キャタピラーイーストジャパン株式会社の100%子会社で、日本キャタピラーを構成する一員です。
主な事業内容は建設機械改造の設計及び改造工事で、ディーラの機械改造部門に位置づけられます。
その他、関連商品のディーラに対する卸販売を行っています。
名称:キャタピラー・ソリューション・エンジニアリング株式会社
代表者:代表取締役社長 鎌田 康生
本社所在地:〒253-0111 神奈川県高座郡寒川町一之宮7-11-1(日本キャタピラー神奈川支店敷地内)
設立:1996年
従業員数:59名
事業内容:建設機械改造の設計・改造工事(用途別建設機械の製作、改造キット販売)関連商品(環境機械、アタッチメント等)の卸売

■日本キャタピラーとは
日本キャタピラーは、キャタピラージャパンの100%子会社であるCatディーラ3社(キャタピラー東北株式会社、キャタピラーイーストジャパン株式会社、キャタピラーウエストジャパン株式会社)並びに同じく100%子会社3社(キャタピラー・ソリューション・エンジニアリング株式会社、キャタピラー教習所株式会社、東京レンタル株式会社)を総称するグループ名称であり、グループ各社は、本グループネームを用いて事業を行っています。
※日本キャタピラーは法人格は有していません
名称:日本キャタピラー
代表者:矢口 教, 会長兼CEO
-キャタピラー東北株式会社(会長兼CEO)
-キャタピラーイーストジャパン株式会社(会長兼CEO)
-キャタピラーウエストジャパン株式会社(会長兼CEO)
本社所在地:東京都中野区本町1-32-2 ハーモニータワー21階
設立:1966年3月(2013年 日本キャタピラー発足)
従業員数:約2,600名事業内容: 建設機械及びディーゼルエンジン等の販売、サービス、レンタル

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事