logo

フリマアプリの「スマオク」、越境CtoCコマース販売を開始

~誰でも簡単にスマホアプリから世界に商品を販売できる時代に~

CtoCブランド品オークション『スマオク』を運営するザワット株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:原田 大作)は、誰でも簡単にスマホアプリで世界に商品を販売できる『SMAOKU(思慕客)-スマオク越境版』を開発し、世界4カ国での提供を開始いたしました。合わせて、2016年5月16日(月)より国内版『スマオク』での越境コマース出品対応を開始いたしました。



[画像1: リンク ]

『スマオク』はたった1分で100%商品が売れる「フラッシュオークション」が人気のブランド品フリマアプリです。これまでは国内のユーザーに限定して展開を行ってまいりました。

昨今のフリマアプリの全盛により、国内CtoC市場の規模は3,518億円(2014年※1)と成長を続けています。世界のEC市場においても、流通総額が約65兆円(※2)以上に成長しており、特に国境を超えた取引(越境コマース)の市場が成長を牽引しています。日本のリユース市場の規模は約2兆円(2014年 ※3)と世界トップクラスの市場規模であり、世界中から日本の商品を購入したいというニーズがございましたが、日本人の売り手にとっては、外国語が必要な海外のマーケットプレイスを苦心して利用するか、中間マージン手数料が高い海外転売サイトでの販売等しか方法がございませんでした。

そこでスマオクでは、越境コマースの壁となる、言語、物流、決済、運営の4つの壁を解決。出品者は国内のユーザーに販売する取引に近い体験で、世界中に販路を広げることができるようになりました。

■言語の壁を解決する機能
海外のマーケットプレイスでは、英語や中国語が使えないと出品することができない、高いハードルがありましたが、スマオクでは、従来どおり日本語で国内版スマオクに出品をするだけで、自動的に世界に販路を広げることができます。買い手とのコミュニケーションについても、自動翻訳機能や商取引に必要な会話テンプレート集をすぐに読み込める仕様により、外国語が苦手な方でも日本語のみでストレスなく取引を完了させることができます。
[画像2: リンク ]

■物流の壁を解決する機能
越境コマースの物流は、外国語での税関申告書類の作成や通関の知識などが煩雑で難しく、参加障壁となっておりました。スマオクでは、インボイスの自動作成サポートや、弊社の国内契約倉庫に商品を発送いただくだけで、海外の買い手様に商品を転送配達することができる『らくらく海外転送サポート』を提供。出品者様のニーズにあった手段を包括的にサポートする仕組みにより、これまで海外に商品を発送したことがない方でも簡単に海外発送を行うことが可能となりました。

[画像3: リンク ]

■決済の壁を解決する機能
海外のマーケットプレイスは外貨建てで決済が行われるものが多く、値付けに為替リスクを考慮する必要がありました。スマオクでは、すべて円建てで決済されるため為替変動の影響も受けないため、原価割れ等のリスクがありません。初期はVISA・MASTERでのクレジットカード決済に対応していますが、順次拡大予定です。

■運営の壁を解決する機能
スマオク国内版と『SMAOKU(思慕客)-スマオク越境版』は異なるアプリで提供されますが、リアルタイムに在庫連動しているため、ご利用にあたって特別な追加運用は発生しません。スマオク国内版アプリのマイショップページで、海外販売をONにするだけで自動的に販路を広げることができます。

スマオクのサービスカテゴリーは、中古ブランド品を中心に、古着、時計、家電、ホビー関連など様々な商品を対象とし、日本の良質な中古品を世界に販売するNo.1マーケットプレイスとなることを目指しています。

現在の対応国は日本、米国、台湾、香港、シンガポールの5カ国の言語と通貨に対応しておりますが、順次、全世界に対応を広めてまいります。将来的には日本から世界のみではなく、世界中の価値ある商品が国境を超えて自由に取引される未来を目指しています。

■概要
スマオク国内版URL:リンク
※日本在住の方 はスマオク国内版アプリ(iOS/Android)より出品してください

■利用料金
登録料:無料
売り手 取引手数料:10%(スマオク公式ショップは5.4%)※海外送料込み
買い手 取引手数料:0% ※別途決済手数料が必要
※SMAOKU(思慕客)-スマオク越境版では買い手が送料負担

■当社の概要
商号  : ザワット株式会社
代表者 : 代表取締役社長 原田 大作
所在地 : 東京都品川区東五反田1−4−1ハニー五反田第二ビル4階
URL  : リンク

※1 : 日本・欧米・中国の上場5大グループのGMV合計(2015年)
※2,3: リサイクル通信 発行『中古市場データブック2015より』

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事