logo

プロ講師が監修!スマホ学習塾「アオイゼミ」が、無料で学べる古文単語アプリをリリース!

株式会社 葵 2016年05月13日 18時21分
From PR TIMES

スマホ学習塾アオイゼミが初の古文単語アプリ「カサイ式 古文単語300」をリリース!アオイゼミや代々木ゼミナールなどで指導するカリスマ古文講師・葛西 佑也監修の本格単語アプリ!

無料で学べるスマホ学習塾「アオイゼミ」を運営する株式会社葵(本社:東京都新宿区、代表取締役:石井 貴基)は、アオイゼミや代々木ゼミナールなどで活躍する古文講師・葛西 佑也先生監修のもと開発したiOS用スマートフォンアプリ「カサイ式古文単語300」の配信を開始しましたことをお知らせします。



[画像1: リンク ]



■「カサイ式古文単語300」の特徴
【 厳選した300語を使用し短期間で実力をつける 】
センター試験から難関大学受験レベルまで対応した300語を厳選しました。短期間に集中した学習が可能であり、スキマ時間を活用して記憶に定着させる為の反復学習も出来ます。

【 同音異義語と多義語にも対応 】
大学受験生が混乱しがちな同音異義語と多義語にも対応しており、同じ読みで品詞や意味の違う単語、読みも品詞も同じにもかかわらず複数の意味を持つ単語についても、それぞれに問題を用意しています。

【 重要単語には葛西先生からのワンポイントメモ付き 】
ただ単語を丸暗記するのではなく、単語の成り立ちや語源、理解しやすくする為のワンポイントアドバイスがあるため、しっかりと「理解」し、古文の世界に興味を持って学習することができます。

【 オフラインでも利用可能 】
スマートフォンなどの通信制限が気になる高校生のことを考え、一度アプリをダウンロードすればアップデート以外では通信が行われない、オフライン環境での学習が可能なシステムにいたしました。通学などの日常生活においてインターネット環境が無い、もしくは不安定な場所であっても学習をすすめることが出来ます。

■講師プロフィール
[画像2: リンク ]



講師:葛西 佑也(かさい ゆうや)
代々木ゼミナールなどの大手予備校や、アオイゼミ、学校での授業から企業向けの研修まで幅広く活躍中のカリスマ古文講師。成績が向上するのはもちろん、古典の世界観を身近なものにし、「学ぶ」「知る」「考える」楽しさを実感させてくれる授業は評価が高い。

■ご利用方法
「カサイ式古文単語300」はAppStoreより無料でダウンロードできます。
ダウンロード後は会員登録等は不要でご利用いただけます。
AppStore URL:リンク
※Android向けバージョンは現在開発中です。

■スマホ学習塾「アオイゼミ」について
アオイゼミ(リンク)は、全国の中学生・高校生23万人以上が利用する日本最大級のライブ学習サービスです。月~土曜日の19時以降に配信される「ライブ授業」は誰でも無料で受講できることが最大の特徴です。さらに学習したい中学生・高校生向けに過去の授業が見放題となる有料プラン(1ヶ月あたり900円より)の提供を行うフリーミアムモデルの学習塾です。

また、ライブ授業をリアルタイムで配信するため、オンライン上の教室に全国から毎日3,000人以上の中高生が集まります。生放送の利点を活かして、実際の教室にいるかのようにその場で人気講師に質問できるなど、講師や他の受講生とコミュニケーションしながら学習を進めることができます。

【アオイゼミの紹介PV】 リンク
[動画: リンク ]



■株式会社葵について
2012年3月創業。「教育の格差をゼロにすること」をミッションに、スマホ学習塾アオイゼミの運営・開発を行っております。
コンテンツ(教材)とシステムの両方を内製している世界でも数少ない教育×ITベンチャー企業で、正社員のうち約半数は講師や教材作成といったコンテンツ開発スタッフ、残りの半数はシステム開発エンジニアという構成で成り立ち、「スマホ学習塾」という次世代の学習サービスに最適化されたコンテンツとシステムを開発しています。

2015年11月にKDDI株式会社コーポレートベンチャーキャピタルや株式会社電通デジタルホールディングス、株式会社マイナビなどより総額2.8億円の資金調達を実施しており、今後も全国の中学生・高校生の方が、それぞれの夢や目標に近づくために役立つ学習サービスを提供してまいります。


■会社概要
会社名:株式会社 葵(英語表記:Aoi.co)
本社住所:〒160-0004 東京都新宿区四谷一丁目1番地 四谷見附ビルディング6F
設立年月日:2012年3月28日
資本金:39,968万円(資本準備金含む)
代表:代表取締役社長 石井 貴基
主な事業内容:スマホ学習塾アオイゼミの運営・開発
       中高生向けコンテンツマーケティング支援

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。