logo

クリエイターの独立&フリーランス化を支援!デジタルハリウッドがWebデザイナー育成関連カリキュラムに「お金の教養講座 for フリーランス」を導入

デジタルハリウッドは、全国のデジタルハリウッドSTUDIOおよびデジハリ・オンラインスクールで開講しているWebデザイナー育成関連カリキュラムに、お金の教養が身につくマネースクールのファイナンシャルアカデミーグループのプログラム「お金の教養講座for フリーランス」を導入しました。
デジタルハリウッドでは同講座をeラーニング化し6月より順次提供を開始。Webデザイナーとしてフリーランスでの活躍を目指す受講生の卒業後の活躍を支えていきます。




 IT関連及びデジタルコンテンツの人材養成スクール・大学・大学院を運営するデジタルハリウッド株式会社は、全国のデジタルハリウッドSTUDIOおよびデジハリ・オンラインスクールで開講しているWebデザイナー育成関連カリキュラムに、お金の教養が身につくマネースクールのファイナンシャルアカデミーグループのプログラム「お金の教養講座for フリーランス」を導入しました。

 Webデザイナーとして独立し、仕事を継続していくためには、Webデザインのスキルそのものに加え、顧客の集め方、価格設定の方法、売上やコストの管理方法、確定申告の仕方といった知識が不可欠です。デジタルハリウッドでは同講座をeラーニング化し6月より順次提供を開始。Webデザイナーとしてフリーランスでの活躍を目指す受講生の卒業後の活躍を支えていきます。


■「お金の教養 for フリーランス」の特徴
年間 2,055 講座に及ぶファイナンシャルアカデミーの講座の中でももっとも人気が高く、定番ともいえるのが「お金の教養講座」。その基本的なメソッドを踏襲しながらも、フリーランスとして独立し、活躍していくために不可欠なファイナンスの知識をわかりやすく伝えているのが本講座です。年間4,000人以上が学ぶデジハリ・オンラインスクールのノウハウにより、eラーニングでありながらも迫力のある授業を展開。全5時間でフリーランスとして安定的に仕事をしていくために必要な知識を体系的に習得することが可能です。

STUDY1:フリーランスとして生きること
STUDY2:売り込まなくても売れるマーケティング戦略
STUDY3:フリーランスのお金と会計
STUDY4:知れば知るほど得する税金
STUDY5:長期安定経営のためのお金の教養

[画像: リンク ]



■ファイナンシャルアカデミーとは
ファイナンシャルアカデミーは「お金の教養」を身につけるための日本唯一の総合マネースクールです。2002年の創立以来、東京校・大阪校・ニューヨーク校・通信制・Web自宅受講を通じて、15年間で延べ38万人の方が、お金の貯め方、使い方といった身近な生活のお金から、会計、経済などの学問的視点、株式投資や不動産投資などの資産運用まで、独自のカリキュラムで体系的に学んでいます。

誰もが一生の付き合いとなるお金。義務教育で教わらない「お金の教養」「お金の知性」を正しく学び、育むことで、人生にゆとりをもたらし、よりよい人格形成の一助となることを目指しています。当校は、経済・金融・教育・法務の各有識者で構成されるアドバイザリーボードメンバーの指導のもと、中立的な学校運営を行なっています。


<会社概要>
設立年月:2002年6月
資本金:2000万円
代表者名:代表取締役社長 泉 正人
本社所在地:東京都新宿区西新宿1-14-11
事業内容:個人向け・法人向けの金融経済教育
URL: リンク


■デジタルハリウッド株式会社とは
1994年、日本初の実践的産学協同のクリエイター養成スクールを設立。
現在、東京(御茶ノ水)、渋谷、大阪、福岡で4校の専門スクールと、eラーニングによる通信講座(デジハリ・オンラインスクール)を展開し、 設立以来、7万人以上の卒業生を輩出。
2004年には、日本初、株式会社による「デジタルハリウッド大学院(専門職)」、その後、「デジタルハリウッド大学」を開学。
2012年、ライフスタイルに合わせて好きな時間に学べるラーニングスタジオ「デジタルハリウッドSTUDIO」の第1号を新宿にオープン。その後全国へ展開中。
国内外におけるデジタルコンテンツ業界の人材育成と、産業インキュベーションに力を注ぐ。
2014年10月に設立20周年を迎えた。
URL: リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。