logo

【キクデジ塾】『コンテンツマーケティング・ワークショップ』~シェア拡散を生むブランドストーリーのつくり方~

株式会社スパイスボックス(本社:東京都港区、代表取締役社長 田村栄治)は、2016年5月25日(水)に、デジタルマーケティング担当者向けセミナー、『コンテンツマーケティング・ワークショップ』~シェア拡散を生むブランドストーリーのつくり方~を開催いたします。



[画像: リンク ]



生活者を取り巻く環境の変化によって、従来の広告手法では生活者に情報を届けることが難しくなった昨今、ブランデッドコンテンツによって生活者にダイレクトにアプローチするコンテンツマーケティングに取り組む企業が増えてきました。

しかし、同時に「全くシェアされない」「シェア拡散はされても、ブランドへの貢献度がわからない」、などといったマーケティング担当者の声も聞こえてきます。

「見てくれない」「スルーされる」、など広告が効きにくい時代のマーケティングにおいては、

1.ソーシャル上のコンテクストと生活者のインサイトを捉えたクリエーション
2.コンテンツがソーシャルを通じてシェア拡散を生む情報流通設計
3.コンテンツがシェア拡散されることで得られる効果の分析

という3つの視点がとても重要です。


本セミナーでは、ソーシャル時代のブランド認知・好意形成を目的としたコンテンツマーケティングへの取り組み実績から、弊社独自にフレームワーク化した、「ブランドを高めるコンテンツクリエーションと流通手法」を事例と合わせてご紹介します。その後、このフレームワークを実際に活用して、自社(商品・サービス)のブランデッドコンテンツを企画するワークショップにご参加いただきます。

開催概要

タイトル 『コンテンツマーケティング・ワークショップ』
~シェア拡散を生むブランドストーリーのつくり方~

日時 5月25日(水)

<第1回開催>
【セミナー】10:30~11:15/【ワークショップ】11:30~13:30
(10:00 受付開始)

<第2回開催>
【セミナー】15:00~15:45/【ワークショップ】16:00~18:00
(14:30 受付開始)

※同内容のセミナー及びワークショップを同日に2回開催させていただきます。希望されるお時間でお申込みください。当日は軽食をご用意いたします。

会場 株式会社スパイスボックス
(東京都港区赤坂2-14-27 国際新赤坂ビル東館 15階 赤坂駅 5a 出口直結)

定員 20名様/1回 ※応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。

企画・運営 株式会社スパイスボックス

申込要領

参加費 無料

お申込み 専用フォームよりお申込みください。
【URL】リンク

締切 2016年5月20日(金)


アジェンダ

★当該セミナーは、同内容のセミナー及びワークショップを同日2回にわたり開催いたします。ご希望の回をご指定の上、お申込みください。


【第1回開催】
---
第1部(セミナー)10:30~11:15
『シェア拡散を生むブランドストーリーのつくり方』
株式会社スパイスボックス
コンテンツマーケティング局 局長
物延 秀

---
第2部(ワークショップ)11:30~13:30
『コンテンツマーケティング・ワークショップ』
株式会社スパイスボックス
コンテンツマーケティング局 局長
物延 秀

他 弊社スタッフ

---
13:30
終了


【第2回開催】
---
第1部(セミナー)15:00~15:45
『シェア拡散を生むブランドストーリーのつくり方』
株式会社スパイスボックス
コンテンツマーケティング局 局長
物延 秀

---
第2部(ワークショップ)16:00~18:00
『コンテンツマーケティング・ワークショップ』
株式会社スパイスボックス
コンテンツマーケティング局 局長
物延 秀

他 弊社スタッフ

---
18:00
終了


『キクデジ塾』とは

デジタルエージェンシーのスパイスボックスがプロデュースする、事業主・広告主のマーケティング担当のためのデジタルマーケティング勉強会です。企業のブランド価値向上や顧客創出、顧客との継続的な関係づくりなどマーケティング活動における本質的な価値につながるテーマを設定し、不定期で開催しています(月1回の開催予定)。毎回のテーマにあわせてマーケティング業界で活躍するゲストをお招きするなど、講演やパネルディスカッションを通じて「いま本当に“効く”デジタルマーケティングとは?」をともに考え、マーケティング活動の中で活かせる“ヒント”を発見できる場となることを目的としています。

【お問い合わせ先】
株式会社スパイスボックス キクデジ塾 運営事務局 担当:川村 伸之
03-3583-5364 kawamura@spicebox.co.jp

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事