logo

常駐監視によるWindows10アップグレード自動防止機能を実装「Windows10アップグレードチェッカー」Ver2を配布開始

有限会社電机本舗 2016年05月13日 10時00分
From DreamNews

報道関係者各位
プレスリリース

 有限会社電机本舗は、「Windows10アップグレードチェッカー」Ver2を4月27日より無料配布開始しましました。
Ver2より常駐型自動監視ソフト「W10UpBrockEye」を追加実装しました。
知らない間に10へのアップグレードのスイッチがONになり間違えて10にしてしまったという事故が起きています。
「W10UpBrockEye」はアップグレードスイッチが変化を自動検出するとスイッチを元に戻し、てポップアップ画面によりそれを知らせます。





■OSの更新の停止の提案
アップグレードのスイッチはWindowsの更新によりスイッチが変わる可能性が高いため、OSの更新設定のワンタッチ設定機能も提供します。
OSの更新はセキュリティパッチというメリットと同時にPCの構成が変わるというデメリットもあります。電机本舗ではディスク装置を擬似ROM化してセキュリティを強化する「フォーエバーセキュリティ」を合わせて提案します。


「Windows10アップグレードチェッカー」はWindows10へのアップグレードを総合的にアシストするために開発しました。
アップグレードの防止だけでなく、アップグレードにあたり安全性をより詳しくチェックします。

 例えばWindows10アップグレードはWindows7と8, 8.1のユーザが対象ですが、主要なバリエーションだけでも複数あります。

・XPから7にアップグレード
・VISTAから7にアップグレード
・7をクリーンインストール
・7をクリーンインストールし、8/8.1アップグレード
・8/8.1をクリーンインストール

Windows10へのアップグレードと言っても多枝にわたり、アップに失敗する問題が出ています。
チェッカーはPCの構成を調べ少しでも問題を回避できるようアシストします。


■主要機能
 3つの主要機能を提供します。

1.Windows10へアップグレードできるか事前検査しレポートする。
2. もし仮にアップグレードに失敗しても良いようにディスク装置のフルバックアップを提供する。
 ※姉妹品で無料配布しているバックアップソフト「PBTM」を案内しバックアップソフトを持っていない
  ユーザへのストレスを軽減します。
3.Windows10へのアップグレード防止機能を提供。誤ってアップグレードするケアレスミスを防ぎます
Windows10へのアップグレードに適さないPCの構成は存在します。良くあるのがディスクのパーテーションがいりくんでいる場合です。
 従来のWindows7からWindows8へアップグレードしたPCのディスク構成を調べるとWindows7のインストールした時に作られた回復領域とは別にディスクの末尾の空き領域に新しい回復領域が作られています。
 「Windows10アップグレードチェッカー」はこれに着目し、既存の回復領域のサイズ、未使用のディスク領域のサイズを調べアップグレードが成功するようにアドバイスします。

 アップグレードが不向きなPCのユーザには誤操作によるアップグレードの防止を提供。
アップグレードの可能性のあるPCユーザにはフリーウェアによるシステムバックアップをアドバイスします。





■配布形態
  「Windows10アップグレードチェッカー」は「Windows10レスキューキット」の支援ツールとして開発しました。
 無料配布中の「Windows10レスキューキット Free版」の中に同梱します。
 「Windows10アップグレードチェッカー」を希望する方は「Windows10レスキューキット Free版」を入手ください。

■製品詳細情報URL
 リンク
 リンク

2016年4月27日よりWeb公開、配布開始。

【本件に関するお問い合わせ先】
有限会社電机本舗
TEL   : 03-5449-7057(13:00~17:00)
FAX   : 03-3447-2775
E-mail : info@dnki.co.jp
郵便番号108-0074
東京都港区高輪1-2-16-6A


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。